ピクシブ百科事典

アプスー

あぷすー

アプスー(apsû/abzu)とは、メソポタミア神話の男神であり、多くの神々と怪物を生み出した母神ティアマトの夫である。※イラスト左
目次[非表示]

概要

バビロニア神話エヌマ・エリシュにおいては、海水の女神ティアマトの配偶者である淡水の男神でアプスとも呼ばれる。
神々の父でもあったが、自らの子である新しい神々の存在が騒がしく不愉快に感じるようになり滅ぼそうとした。
ティアマトは反対したが聞き入れず、助言者であるムンムとそれを実行しようとしたが、それに気づいた新たな水神エアに魔法で眠らされて反対に殺されてしまった。
エアはアプスーの身体の上に神殿を建て、そこで妻のダムキナとマルドゥクをもうけたという。
ティアマトはそれに怒り、新たな夫キングーとともに11の混成獣を創造し、神々に戦いを挑んだことがエヌマ・エリシュに記述されている。

元はシュメール神話やアッカド神話に伝わる、などの水域や井戸水などの源である、地底にある淡水のであった。
シュメールの神であるエンキやその妻ダムガルヌンナ、母であるナンム、助言者のイシムード、また門番のラハムをはじめとした下級神は、人が生まれるずっと前はその中に住んでいたといわれる。
また寺院の前に置かれた聖水の水槽もアプスーと呼ばれ、後代の宗教での身を清める水入れの起源であると考えられている。

創作の扱い

姿については具体的には伝わっていないが、近代において妻のティアマトが龍神とされることからドラゴンとして描写されることが多い。

ソウルハッカーズ ナオイシルエット2


初出は『ソウルハッカーズ』で種族は”神霊”。両腕は竜の頭のようで、妻のティアマトともども古代の彫像を思わせる姿で登場した。舞台の天海市・二上門の地下にある古代遺跡に眠っており、ファントムソサエティとある目的のために討伐される。
それ以降は魔神として真・女神転生Ⅳなどに登場している。

ラクガキ(途中 )


詳細は →アプス

詳細は →シャーマン・アプスー

【百神】アプスだけ。


  • 天空のスカイガレオン

アプスー


  • ぼくとドラゴン
pixivユーザーでもある海野大輔氏が担当。無断転載禁止。
  • ドラゴンソリティア

【ドラゴンソリティア】アプスー、水霊獣アプスー


センシティブな作品


関連タグ

メソポタミア神話 バビロニア神話 シュメール神話
エヌマ・エリシュ ティアマト アプス
水神 水竜 龍神

関連記事

親記事

メソポタミア神話 めそぽたみあしんわ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アプスー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238

コメント