ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

バビロニアの創世神話『エヌマ・エリシュ』に登場する神。
ティアマト息子であり、アプスーに続く第二の

ティアマトによる神々殲滅計画に際して、天命の書板与えられて最高神の地位につき、軍団の長となるも、進撃してきたマルドゥクの威容を目にしただけで戦意を喪失。

最後には捕らえられ、人間創造の材料とするために殺された。

創作(キングーを元ネタとしたキャラクター)



真・女神転生Ⅱ』から登場。
腕の代わりに翼の生えた、下半身が蛇の男性の姿をした悪魔で種族は邪龍


キングゥ→この世界におけるキングーではなく、単に名前をあてがわれただけ。この世界におけるキングー本人は別にいるという言及あり。

コミックおよび実写映画版に登場。キンゴと呼ばれるが、キングー本人という設定。
コミックでは現代から数えて2万年前に誕生。16世紀には日本で侍として生活するなど、日本人に近い容姿であることが考えられる。
実写映画版では現代から数えて7000年前に地球に訪れた。現代ではボリウッド俳優として活動している(演じるナンジアニはパキスタン系アメリカ人)。

関連タグ

バビロニア神話 ティアマト アプスー

アッティス(太母神キュベレーの息子で、

関連記事

親記事

バビロニア神話 ばびろにあしんわ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キングー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キングー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16062

コメント