ピクシブ百科事典

ポンコツ

ぽんこつ

主に女子キャラクターに見られる萌え要素の一種。

※本来の意味は「ぽんこつ」を参照。
また、漫画『破壊魔定光』の「ポンコツ」については→ポンコツ(破壊魔定光)

ポンコツ属性

「ポンコツキャラ」「ポンコツ属性」「ポンコツかわいい」など、萌え要素の一種として「ポンコツ」という表現が使われている。カタカナ表記のポンコツのほうが多い。主に女子キャラクターに多く見られる表現だが、男子キャラクターにもその属性を持つものが(架空、現実ともに)存在する。

単純に「どこか抜けた部分があるキャラクター」を「ポンコツ」と呼ぶ場合もあるが、近年出てきた用例はそれ以外のニュアンスを含んでいることがよくある。具体的には、

  • 一見すると優秀そうだったり、ツンツンしていたりクールな雰囲気を持っていたりする人物である。
  • だが意外な弱点がある、いざという時に壮絶な天然ボケをかます、実戦で実力を全く発揮しない、テンパって行動と言動がガタガタになる。
  • クールを演じようとしているだけで、実は普段からボケぎみのキャラクターだったり。
おおざっぱに言えば、口調や雰囲気にそぐわない間が抜けた部分が目立つ、ギャップを持つキャラクターをポンコツと評することが多くなっている。

2012年ごろから使用例が増えているようだが、最初に誰に対して言われたのか、発祥が上記の概要2と関連性があるのか、なぜギャップのあるキャラクターに使われるようになったのか、経緯・由来は不明(なおねこねこソフトの『White 〜セツナサのカケラ〜』(2000/1/28発売)においてぽんこつという属性を提唱している)。

この時期には『スマイルプリキュア』の主人公たちがポンコツと呼ばれていたことが確認できるが、中でも凛とした雰囲気に反し、極端な虫嫌いなどの変な弱点の目立った緑川なおは比較的呼ばれていたようだ。プリキュアシリーズの前作のキャラで今日的にはそう呼ばれてもおかしくない黒川エレンについてはリアルタイムでこの語での言及が見いだし難いことからも、普及が2012年頃であると推定できる。

2012年11月にはニコニコ大百科に「ポンコツかわいい」という記事が作られている。初版では「ガールズ&パンツァー河嶋桃のこと」として紹介しているが、ギャップのあるキャラクターという含みを持った用例は時期的に見ても緑川なおのほうが古いといえる。

また週刊少年サンデーにおいて2008年19号から2014年21号まで連載され、2010年から2011年、2013年にテレビ東京などでアニメが放映された神のみぞ知るセカイにおいて桂木桂馬エルシィを「ポンコツ悪魔」と呼んでいたりする。

萌え属性としての定着度、定義の共有度は不明だが、ヘタに使うと単なるキャラクター批判と紙一重であり、使用には注意を要する。

関連タグ

関連記事

親記事

萌え要素 もえようそ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ポンコツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4113332

コメント