ピクシブ百科事典

東せつな

ひがしせつな

『フレッシュプリキュア!』の登場人物。
目次[非表示]

CV:小松由佳

説明

フレッシュプリキュア!」の登場人物。第23話以降キュアパッションに変身する。

転生前は管理国家ラビリンスの構成員・イースの仮の姿であったが、結果を出せなかったことで寿命を縮められ、第23話終盤にて落命。直後アカルンの力でプリキュアに転生し、以降はこちらが本来の姿となる。
転生した直後は過去に自分が犯した過ちと罪の意識に苛まれ、ラブ達の仲間になることを拒んだが、紆余曲折を経て、皆の幸せや笑顔を守るためにプリキュアとして戦うことを決意する。
転生してからは身寄りが無かったが、第25話からはラブと同棲…ではなく、桃園家にお世話になることとなった。

一人称は「わたし」、イース時代の二人称は「おまえ」・「きさま」・「アンタ(ウエスター・サウラーに対し)」だったが、せつなとして転生してからは一貫して「あなた」を用いる。
呼称メビウスには「さま」付けから基本的に呼び捨てしており、年上には「さん」付け、ラブ・美希と妖精・敵キャラには呼び捨てで呼ぶ。祈里にも最初は呼び捨てだったが、第26話終盤からはラブ・美希同様彼女の愛称である「ブッキー」で呼ぶようになった。
ラブの父親母親のことは当初は「おじさま・おばさま」と呼んでいたが、懇ろになってからは「お父さん・お母さん」と呼ぶようになる。逆に彼らからは「せっちゃん」と呼ばれている。

転生しているため年齢不詳に思えるが、公式によれば年齢は14歳となっており、第31話以降はラブと同じ公立四つ葉中学校にも通うようになった(クラスも同じ)。
あくまで非公式だが、ファンの間では転生を果たした第23話の放映日(7月12日)が聖誕祭(誕生日)として扱われている。

転生前後で外見上の変化は無いが、イース時代と違って瞳にハイライトが入っている。
転生当初はハイライトが入っていなかったが、第24話でウエスターと対峙し、「それ(幸せ)を奪う権利なんて、誰にも無いわ!」と、変身を決意し叫んだのと同時にハイライトが入るようになった。(キュアパッションとしては第23話の初変身時点で既にハイライトが入っている)

性格

人当たりの良い振る舞いはスパイ時代あくまで演技でしかなかったが(時に地が出ることもあった)、転生を果たした後は人格の裏表が無くなり、イース時代と比べてかなり丸い性格になっている。
きつい言動や行動もなくなり、一言で言えば「不器用だが気真面目で優しく一生懸命」(そこをラビリンスに付け込まれたこともある)。
言葉遣いもイース時代と変わらず女性語だが、性格と同様にこちらも柔和な感じになっている。顔芸とまではいかないものの、イースだった頃には想像もできないようなギャグ顔もできるようになっており、すっかりプリキュア達の一員である。

なお、転生した後もウエスターからは一貫して「イース」と呼ばれている。彼女自身も後悔はないとはいえ、祖国を裏切ってしまったという負い目は少なからず抱いており、またイース時代に犯した悪行に対する罪悪感を強く有している。故に転生した最初の頃は「あまりに手を汚しすぎた」としてラブ達の仲間になることを拒み、イースとしての行いに対する悪夢にもうなされていた。
プリキュアとして戦うようになった後も過去の出来事に顔を曇らせたり(ダンス大会を中止にしてしまった一件等)、第45話にてラビリンスに乗り込む話が出た際は自分がイースに戻るのではと不安に苛まれたこともある。
上北ふたご氏の手掛ける漫画版ではこの一面が強調されており、改心直後の時系列にあたる話では、執拗に歯を磨いたり、自らボロボロになりながら大きな石を運び続ける描写がある)
また仲間や周囲の人々を失うことを強く恐れており、第33話では自身の怖いものを「あなた達がいなくなること」と美希に打ち明けた他、第43話でノーザの幻覚によって見せられたせつなの「一番望まない未来」は誰もいない桃園家であった。


勉強・身体能力は非常に高く、大抵のことはソツなくこなせるスペックを持つ。第32話ではタルトの両親(スウィーツ国王夫妻)を遥か遠方から見てタルトが母親似とまで分析しており、常人離れした視力も有している模様。
しかしこの世界に住むようになってからは彼女にとって色んな事が不思議に思える様で、天然ボケキャラとしても確立するようになる。下の画像にある通り「どして?」とも聞こえる聞き方が特徴的。

なになぜせっちゃん


しかしピーマンは苦手だったりする(ちなみにラブはニンジンが嫌い)。

最終回では(ネタバレ注意)

全てが終わった後、ラビリンスを再建させるため四つ葉町を去る道を選ぶ。
終盤での戦いを通じ和解したウエスター・サウラーと共に、ラブ達とのダンス大会を終えた後ラビリンスへと戻っていった。

その後のオールスター映画では何事もなかったかのようにラブ達プリキュア仲間と共にいる様子が描かれているが、『春のカーニバル♪』ではせつながラビリンスにいて中々会えないことがラブの口から語られている。(元よりアカルンで自由に行き来はできるのだろうが、せつなの性格上軽率に四つ葉町に戻るわけにはいかないとも思ったのだろう)
なお小説版では、アカルンが憑依したリンクルンごとスウィーツ王国に返還していたため、1年もの間ラブ達と会えずにいたことがわかっている。

各話ネタ

ドンドン追加して下さい。

ラビリンス時代

  • 第1話
    • 占い師として占いの館に来たラブと初対面。
  • 第7話
    • プリキュアに相次いで作戦を妨害され激怒するメビウスに、自分がプリキュアを倒すことを宣言。
  • 第15話
    • ラブたちとボーリング場に来たが突如美希と祈里が非難めいたことを言いだす。サウラーの作戦と気付きこれを利用、嘘泣きをしてその場を離れる。
    • 追ってきたラブにも本音が言わされるが、美希たちとは違って肯定的だったので自分の方が呆気にとられてしまった。
    • ラブのリンクルンを奪おうとするが不思議な光を発したため失敗に終わる。

プリキュアに転生後

  • 第24話
    • 草原に一人寂しく座っていたところにあゆみが話しかけてくる。
  • 第25話
    • ラブと一緒に買い物に出かけると、かつて自分がラビリンス時代にナケワメーケにした犬のラッキーと飼い主の少年に再会する。
  • 第27話
    • 初めて浴衣を着る。
    • 本来はダンスユニットに出場する予定がシフォンの起こしたハプニング(を知る由も無く)で漫才ユニットに出場することになってしまった(用紙を片付ける際に分別の見落としの受付委員にも責任がある)。
    • 彼女は漫才の意味がわからないので、えらいボケをかまして見物人を笑わせた。
  • 第50話(最終回)
    • 祖国であるラビリンスに帰国することを決意しラブたちに伝える。四ツ葉町を離れる際に何かつぶやいていたようだが…。
  • ハピネスチャージプリキュア!第3話

映画


余談

チームが三人体制だった頃の、「変身前の姓」と「変身後の名前のモチーフ」にイメージカラーが反映される法則は彼女の加入で一見崩れたように見えるが、風水においては概ね「東」と「赤」の組み合わせが幸運を呼ぶとされており、ある意味で繋がりは残っているとも言える。

また、ファッションセンスがしまむらっぽいため「実はシマムラー」というネタが誕生している。一応普段着は年相応。
第33話にて美希と2人きりで出かけ(ることになってしまっ)た際、彼女のファッションショーを見せつけられた際、「新しさ」を目指していた美希の意思に沿って冷静にファッションの感想を述べるなど、一応ある程度自分の中でセンスは持っている様子。
(ちなみにその後せつなと一緒に選んだ服がこれまたしまむらっぽかったため、しまむらユーザーを増やしたかっただけでは……というネタも)

関連イラスト

せっちゃんの補習授業
チェックメイト


せっちゃん
東せつな。



関連タグ

プリキュア
キュアパッション イース様 イース(プリキュア) 
桃園ラブ ラブせつ 西東
キュアパッション聖誕祭 イースさまを送る会
しまむら

夏木りん/キュアルージュ:カラーリング繋がり⇒りんせつ
黒川エレン/キュアビート:敵少女構成員からプリキュアになった第2号⇒エレせつ/パッションビート
紅城トワ/キュアスカーレット:敵少女構成員からプリキュアになった第3号。それ以外にもイメージカラーなど共通点も多い⇒せつトワ
ルールー・アムール/キュアアムール:敵少女構成員からプリキュアになった第4号。敵少女構成員から光堕ちするまでの経緯も非常に似ている⇒せつルー
刹那・F・セイエイ名前繋がり東せつな・F・セイエイ
グラキエース:敵から仲間になって天然ボケキャラ要素あり、しまむらファッション、そして中の人繋がり
虹野明/ザラム/トッキュウ6号ニチアサキッズタイム5年後の1時間前の似たような存在。
カリフラ6年後の30分後の世界中の人繋がり。
ベジータアイスを盗み食いされたことがある。せつなとラブタルトにアイスを食べられた事を知った後の顔が大変なことになっていた。

他の記事言語

Higashi Setsuna

pixivに投稿された作品 pixivで「東せつな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11288900

コメント