ピクシブ百科事典

東せつな

ひがしせつな

『フレッシュプリキュア!』の登場人物。
目次[非表示]

CV:小松由佳

説明

管理国家ラビリンスの幹部・イースが一度死を迎えた直後、シフォンが呼び寄せたアカルンの力により、プリキュアとして転生を果たした姿。
転生した直後は過去に自分が犯した過ちと罪の意識に苛まれ、ラブ達の仲間になることを拒んだが、紆余曲折を経て、皆の幸せや笑顔を守るためにプリキュアとして戦うことを決意する。
性格はイース時代と比べてかなり丸くなっており、きつい言動や行動もなくなった(一言で言えば「不器用だが真面目で優しく一生懸命」であり、そこをラビリンスに付け込まれたこともある)。言葉遣いはイース時代と変わらず女性語だが、性格と同様にこちらも柔和な感じになっている。

転生しているため年齢不詳に思えるが、公式によれば年齢は14歳となっており、途中からラブと同じ公立四つ葉中学校にも通うようになった。
また、瞳にはハイライトが入っているのもイース時代と違う点である。
転生当初はハイライトが入っていなかったが、第24話でウエスターと対峙し、「それ(幸せ)を奪う権利なんて、誰にも無いわ!」と、変身を決意し叫んだのと同時にハイライトが入るようになった。

一人称は「わたし」、二人称は一貫して「あなた」。呼称は年上には「さん」付けで呼び、ラブ・美希と妖精・敵キャラには呼び捨てで呼ぶ。祈里にも最初は呼び捨てだったが、第26話からはラブ・美希同様愛称の「ブッキー」で呼ぶようになった。

チームが三人体制だった頃の、「変身前の姓」と「変身後の名前のモチーフ」にイメージカラーが反映される法則は彼女の加入で一見崩れたように見えるが、風水においては概ね「東」と「赤」の組み合わせが幸運を呼ぶとされており、ある意味で繋がりは残っているとも言える。

イースだった頃には想像もできないようなギャグ顔もできるようになっており、すっかりプリキュア達の一員である。

この世界に住むようになってからは彼女にとって色んな事が不思議に思える様で、それ以来天然ボケキャラとしても確立するようになる。

なになぜせっちゃん



転生してからは身寄りが無かったが、最終的にはラブと同棲…ではなく、桃園家にお世話になることとなった。ラブの両親を「おじさま・おばさま」と最初は呼んでいたが、後に「お父さん・お母さん」と呼ぶようになった。その二人からは「せっちゃん」とあだ名で呼ばれている。
転生して東せつなとなった後でもウエスターからは一貫して「イース」と呼ばれている。彼女自身も後悔はないとはいえ、祖国を裏切ってしまったという負い目を少なからず抱いており、またイース時代に犯した悪行に対する罪悪感からか自虐的な一面も抱き続けている。

ファッションセンスがしまむらっぽいため「実はシマムラー」というネタが誕生している。一応普段着は年相応。
美希とお出かけの時に、彼女のファッションショーを見せつけられた際、「新しさ」を目指していた美希の意思に沿って冷静にファッションの感想を述べるなど、一応ある程度自分の中でセンスは持っている様子。
(ちなみにその後せつなと一緒に選んだ服がこれまたしまむらっぽかったため、しまむらユーザーを増やしたかっただけでは……というネタも)

ちなみに、ラブがにんじん嫌いであるのに対し、せつなはピーマンが苦手である。

プリキュアとしての姿

キュアパッション

プリキュアワンドロまとめ(フレッシュ編)


メビウスによる寿命のコントロールによって一度は命を失ったせつなが、アカルンの力で蘇ると同時に手に入れた新しい姿。
最初は敵だったキャラクターが正式な意味でプリキュアになってレギュラー活躍するというのは本作が初(S☆Sの満と薫はあくまで最終決戦での変身姿を含めて、公式上番外戦士扱い)で、視聴者に大きな衝撃を与えた。
元敵キャラという性質上、女児受けはやや悪かったものの、大きなお友達に関しては気合が入りまくった変身バンクや、他の三人とは違った独自のデザインセンスなどで魅了し、人気をたちまち博した。
瞬発力に優れているそうで、劇中でも素早い攻撃を得意とする他、アカルンを使った瞬間移動攻撃など、チートレベルの技も使用する。
詳しくはキュアパッションのページにて。

キュアエンジェル(キュアエンジェルパッション)

桜パッション


TV版のみのパワーアップ形態。特別な活躍を見せたわけではないが、仲間達とともにメビウスと戦った。
羽はキュアエンジェルピーチのサイズダウンバージョンになっている。
詳しくはキュアエンジェルのページにて。

関連イラスト

せっちゃんの補習授業
チェックメイト


せっちゃん
東せつな。



関連タグ

プリキュア
キュアパッション イース様 イース(プリキュア) 
桃園ラブ ラブせつ 西東
キュアパッション聖誕祭 イースさまを送る会
しまむら

夏木りん/キュアルージュ:カラーリング繋がり⇒りんせつ
黒川エレン/キュアビート:敵少女構成員からプリキュアになった第2号⇒エレせつ/パッションビート
紅城トワ/キュアスカーレット:敵少女構成員からプリキュアになった第3号。それ以外にもイメージカラーなど共通点も多い⇒せつトワ
ルールー・アムール/キュアアムール:敵少女構成員からプリキュアになった第4号。敵少女構成員から光堕ちするまでの経緯も非常に似ている⇒せつルー
刹那・F・セイエイ名前繋がり東せつな・F・セイエイ
グラキエース:敵から仲間になって天然ボケキャラ要素あり、しまむらファッション、そして中の人繋がり
虹野明/ザラム/トッキュウ6号ニチアサキッズタイム5年後の1時間前の似たような存在。

他の記事言語

Higashi Setsuna

pixivに投稿された作品 pixivで「東せつな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10977533

コメント