ピクシブ百科事典

桃園ラブ

ももぞのらぶ

桃園ラブとは、『フレッシュプリキュア!』の主人公。
目次[非表示]

概要

CV:沖佳苗

TVアニメ「フレッシュプリキュア!」に登場する物語の主人公。
公立の四つ葉中学校に通う14歳の漢娘……じゃなくて女の子である。
キュアピーチに変身する。
蒼乃美希キュアベリー)、山吹祈里キュアパイン)とは家族ぐるみで付き合いのある幼馴染であり、二人のことはそれぞれ「美希たん」「ブッキー」と呼んでいる。
身長159㎝。血液型はAB型。

明るく人懐っこい性格で、他人の幸せや不幸を本人以上に喜び、悲しむことが出来る豊かな感受性と優しさを兼ね備えた「理想的な美少女」だが、それらと相反するような雄々しき勇気と猛々しい戦闘スタイルを併せ持つ。

ラブさん、ラブやん、ラブ兄貴、ピーチ兄貴、おっぱいがついたヒーローなど、精神的な逞しさから大変男前な愛称で呼ばれる。ラブという名前にちなんで「羅武」という荒々しい漢字を当てられることも。それらは偏に並の男よりも男気がある言動・振る舞いからそう呼ばれるのだが。

なお、「ラブ」という名前はおじいちゃんが思いを込めてつけた名前である(後述)。

その男気と類まれなる愛情により、作中の登場人物だけではなく大人から子供まで広きにわたる視聴者にも敬愛されている。俗に、粗にして野だが卑にあらずなラブの性格も、偏に祖父源吉譲りだろう。

プリキュア主人公の伝統ともいえるアホの子で、勉強もスポーツもイマイチ(ただし、運動神経は平均的)と、前作の主人公夢原のぞみに若干似ているところはあるけれど、幼少時から家事を手伝ってきた影響で料理が上手いという今までにない設定があり、ハンバーグが大好物かつ得意料理。本当に良いおかあちゃんだ。ただし、裁縫は苦手。
夢はトップダンサーになること。めざせミユキさん

口癖は「幸せ、ゲットだよ!」で、ゲットだよ!単体を言うことも多い。(主にCM)

そんな漢女な彼女だが、意外にも歴代のプリキュアシリーズの主人公達と比べてメンタル面の弱さを指摘されることがあり、せつなの正体を知った時やトイマジン(というよりウサピョン)の真実を知った時など、非情な現実に直面して激しく落ち込み、戦意喪失してしまったこともある(そういう時は大抵美希が心を鬼にしてラブを叱咤する)。
しかし、それはラブが感受性豊かで責任感の強い人物であるが故に、直面した現実の全てを自分の責任のように受け止めてしまうことが原因であり、彼女の人一倍強い愛情が逆に仇となってしまった結果ともとれる。

そしてその強い愛情を持って立ち上がり、どれだけ辛い現実に打ちのめされても、全てを受け止めたまま自分にできることを限界までやろうとするところがラブ兄貴たる所以。

なお、プリキュアになる前にナケワメーケに襲われた時は、逃げ遅れたミユキさんを守るために何とスタンドマイクで格闘戦を挑んでいた。このことからも、漢娘の素質は既にあったようだ。

仲間や守るべき人たちだけでなく、その純粋な愛情でイーストイマジンなどの敵すら救ったラブ。彼女こそまさに”のプリキュアである。マジ天使!
そして、その『敵をも救おうとする優しさ』を持つというコンセプトは後輩プリキュアにも受け継がれた。

ちなみに人参が嫌いで、母あゆみに度々注意されている(食べられないわけではない)。

プリキュアとしての形態

キュアピーチ

キュアピーチは刺激が強すぎる


管理国家ラビリンスの刺客からクローバータウンを守る戦士。フレッシュでは最初なプリキュア。パンチ力が強いらしく、劇中でもパンチで攻撃していることが多い。
劇場版ではカンフー人形を相手に中国武術のような技も使用しているが、別に普段から武術を習っているというわけではない(映画上の演出と思われる)。
そのためプリキュアの中ではファンの間で「技巧派」と呼ばれることもある。
詳しくはキュアピーチにて。

キュアエンジェル(キュアエンジェルピーチ)

壁紙


劇場版ではミラクルライトで、本編ではラビリンスの人の思いを受けて変身した形態。
初登場は劇場版。そちらでは敵を浄化するだけに留まるが、本編ではノーザクライン相手に他のキュアエンジェル達と戦った。
商品化された際は固有名としてキュアエンジェルピーチと差別化して名付けられた。
詳しくはキュアエンジェルにて。

家族構成

桃園圭太郎:父親
桃園あゆみ:母親
桃園源吉:祖父(故人)

父の圭太郎はカツラメーカーに勤めているサラリーマンで、母のあゆみは近所のスーパーでパートタイムの仕事をしている。
祖父の源吉はラブが幼い頃に他界しており、生前は畳屋を営んでいた。
24話以降は、ラビリンスと決別して行く当ての無い東せつなを桃園家の一員として迎え入れている。

名前について

ラブは「プリキュア変身者としては史上初」となる「名前にカタカナが含まれている」人物であるが、家族構成の項目を見れば分かる通り純粋な日本人である。
「ラブ」という名前は、畳職人だった祖父の源吉が「自分が愛情を込めて畳を作ってきたように、孫娘にも将来愛情をもって何かを成し遂げてほしい」という願いを込めて付けたものである(ある事情で、ラブ本人もその理由を知ることになる)。最初は「愛」という名前にすることも考えたそうだが、もっと広い世界で通じそうだという理由から、源吉は敢えて「ラブ」と名付けた。
日本でも海外でも下手をするとDQNネームと化しそうであるが、海外での放送におけるラブの名前は綴りがRabuではなくLoveとなっており、おじいちゃんの思いは叶っていることになる。
ちなみに、ドキドキ!プリキュアの主人公相田マナキュアハート)も名前がカタカナ表記だが、本来は漢字で「相田 愛」と書く。
また、「ハーフのプリキュア」は前作に登場した春日野うらら(父がフランス人で母が日本人)がおり、純粋な「日本国籍でないプリキュア」は5年後の「ハピネスチャージプリキュア!」の「白雪ひめ」ことヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイが初のケースとなる(ブルースカイ王国という架空の国家出身)。

描く時の注意点

髪を結ったシュシュから伸びる紐状の髪飾りはラブのチャームポイントであるが、この飾りのほ本数は、変身前は左右1本ずつの計2本キュアピーチ&キュアエンジェルの時は、右側に2本、左に1本の計3本(左右非対称)である。
(いずれもラブを見る側からであり、ラブ自身から見てではないことに注意)

また髪を下ろした時は、髪型が変身前の山吹祈里とほぼ変わらないのも注意点である。両者の違いは、髪下ろしラブの方がウエーブが強い点にある。

関連イラスト

桃園
ラブちゃんの水着を描かずに今年は終われない
ラブちゃん
ラブちゃん!



関連タグ

プリキュア フレッシュプリキュア キュアピーチ
蒼乃美希 山吹祈里 東せつな ラブ兄貴
ミユキさん 知念大輔

大ラブ ラブせつ ラブ美希 おっぱいがついたヒーロー
桃園ミキ...苗字&ピンク繋がり。蒼乃美希とは彼女の姓名を分けた形になっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「桃園ラブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5810098

コメント