ピクシブ百科事典

春日野うらら

かすがのうらら

他作品に同姓同名のキャラクターが存在するが、本項では『Yes!プリキュア5』・『Yes!プリキュア5GoGo!』の登場人物について記述する。
目次[非表示]

CV:伊瀬茉莉也

曖昧さ回避

  1. プリキュア5」(無印、GoGo!)の登場人物。本項で詳述。
  2. さばげぶっ!」の登場人物。「春日野うらら(さばげぶっ!)」を参照。さばげぶっ!の関連記事においても正しいリンクが貼れていないケースが稀にある。こちらの方でイラストを投稿する際は、(さばげぶっ!)をお忘れなく。


本項では「プリキュア5」の方の該当人物(メイン画像参照)について記述する。

概要

2作品の主要キャラクターの一人であると同時に、「はじけるレモンの香り」キュアレモネードに変身する。
サンクルミエール学園1年生の13歳の女の子だが、幼い頃に母を病気で亡くし、祖父とフランス人の父の3人で暮らしている。
人間界外出身を除けば、プリキュアシリーズ初でかつ唯一な混血(フランス人の父と日本人の母)であり、2018年時点においてもプリキュア変身者の中で唯一のハーフである。
フレンチ系混血ハーフらしく可愛らしいイメージや黄色というキラキラした色から、女子達からの人気が高かった。あと純粋にロリキャラが好きな大きなお友達にも人気が……。

一人称は「わたし」、二人称は「あなた」。呼称はうらら以外のプリキュアが全員年上になるため必然的に「さん」付けし、妖精には呼び捨てで呼ぶ。また、敵キャラには組織名(ナイトメア・エターナル)で呼ぶが、人物名で呼んだことは全くなかった。
チームの中ではうらら以外が全員年上になるため、うららは敬語をダイアローグで常用する。ただし、相手がシロップや彼女のクラスメイトのとき、または独り言やモノローグのときは中性口調に変わる。

学校生活の傍らで、母と同じ女優を目指して芸能活動をしている新人アイドル。プリキュアたち中では最年少だが、早くから社会に出ているためなのか考え方はわりと大人びている。

ブレイク前の新人アイドルということもあって、学校で孤立気味だった頃、夢原のぞみが授業をサボってまでその寂しい心を癒してくれたことがキッカケで、のぞみのことを強く尊敬するようになった。
ちなみにのぞみとりんに話しかけられる前、プリキュアとして二人が戦う所を目撃してしまったことがあり、二人に「プリキュアって何ですか?」と、どストレートに事情を聞こうとしていた。チャイムが鳴り、りんが強引にはぐらかしたのでその時はうやむやになったが、彼女は結局キュアレモネードへの変身を遂げ、当事者となった。
一方で、のぞみの悪影響も受けており、のぞみのボケに天然で合わせたり(たまにわざとっぽい時もある)することも。
ただし、のぞみの駄目っぷりもよく理解しており、彼女に勉強を教えてもらおうとして、逆に自分がのぞみに勉強を教えていたというエピソードもある。

『5GoGo!』のシロップとは甘酸っぱい恋中となりつつあり、漫画では(一応)キスまで発展した。

小柄ながらかなりの大食いキャラでもある。好きな食べ物はカレー。「黄色=カレー好き」という東映の伝統を受け継いでいる。
こまちが羊羹を入れようとするのと同じく、どんな料理にでもカレー粉を入れようとすることもあるが、こまちよりは目立たない。

カレーって最強だな


とびっきり!勇気の扉で歌手デビュー。1年後、2ndシングルツインテールの魔法を発売した。
プリキュアとして単独でCDを出したのはうららが初めてである。

容姿

金髪のツインテールを桃色のシュシュ、リボン、ボンボンで纏めている。下級生ということもあって身長は一番低く、アイドルということもあって体格もかなり小柄。レモネード変身後はオデコが広く見えるようになるため凸キュアと呼ばれることも。

冬服

  • 無印

白い付け襟と桃色のリボンが付いた白いシャツの上に白いフリルが付いた黄色いパフスリーブシャツを着て、超の飾りが付いたベルトを付け、薄黄色のスカートを履いている。

  • GoGo!
薔薇の刺繍が施された薄黄色のハイネックカットソーの上に茶色いシャツを着ている。黄色いバルーンスカートを履き、薄黄色のハイソックスに茶色いサンダルを履いている。

夏服

  • 無印

ボタンが付いたパフスリーブシャツの上に薄黄色のシャツを着ており、オレンジ色のホットパンツ着用。ハイソックスに黒いサンダルを履いている。

  • GoGo!
白いシャツの上にピンクのボーダーラインとフリルが付いた黄色いキャミソールを着ており、オレンジ色のキュロットを履いている。

家族構成

父:春日野ミッシェル
母:春日野まりあ(故人)
祖父:春日野平蔵

各話ネタ

ドンドン追加して下さい。

テレビシリーズ

5

  • 第3話
    • キュアレモネードに初変身。
  • 第19話
    • 冒頭でノートを開いて何かをつぶやく。
  • 第23話
    • 蝶の飾りを壊してしまったのぞみへの怒りが収まらないりんをとりなそうとするが、りんに聞き入れられないどころか「あんた他に友達いないの?」と皮肉られたことに頭に来てしまい、言い合いになってしまう。

5GoGo

  • 第1話
    • プリキュアに再変身。
  • 第21話
    • のぞみの家に仲間たちと共に弁当作りをすることに。そこでくるみのチームに入ることになるがカレー味にしようとするのは相変わらず。

特別出演

映画


余談

最年少記録

放送当時は最年少(中学1年生)のプリキュアだった(九条ひかりも1年生だが、当時プリキュアとしてカウントされなかった)が、スイートプリキュアに小学生のプリキュアである調辺アコが誕生したことで、この記録は破られることになる。ちなみにあちらもイメージカラーはイエロー。

そして7年後のGo!プリンセスプリキュアに登場する春野はるか天ノ川きらら紅城トワは中1であり、2015年度にやっとうららに同学年のプリキュア仲間が出来た事になる。

中の人

担当声優の伊瀬茉莉也は前作『ふたりはプリキュアSplash☆Star』の山口真里役がプリキュアシリーズ初出演。
伊瀬は『Yes!プリキュア5』開始時点の年齢が18歳4ヶ月であり、2017年現在までのレギュラーのプリキュア声優では「放映開始時の年齢」が最年少という記録を持つ。
なお、伊瀬はのぞみ役の三瓶由布子を尊敬する声優としてあげている。
勿論この作品での共演がキッカケである。

別作品の同姓同名キャラ

なかよし」にて連載中の『さばげぶっ!」が、『ゆるゆり』の主要スタッフ(監督:太田雅彦と構成:あおしまたかし)により2014年にTVアニメ化されることが決定した。そして、その主要登場人物の中に同姓同名にしてツインテール繋がりの「春日野うららが存在。

CVは発表の時点では未定であったが、もしも「本項での春日野うららの中の人」である伊瀬茉莉也が演じるとすれば、恐らく「全くの別作品に登場する完全な同姓同名のキャラを演じる初の事例」となり、大きな話題となる…と当初は考えられていた。
もし違ったとしても、向こうも少女達の群像劇という事でコラボネタが投稿される可能性は多分にあるだろう。

そして2014年3月に同作のメインキャストが発表。残念ながら(?)春日野うらら役は伊瀬茉莉也ではなかったが、同じ黄キュア系統の調辺アコを演じた大久保瑠美が抜擢され、違った意味で話題になった。

また、2011年に中の人が演じる別のキャラに(うらら)というのが出現したが、彼女とは一切関係ないのは中の人も断言しているので確かである。

関連イラスト

カスガノウララ
ゆめみるおんなのこ


ツインテールの魔法
はじけるレモンの香り(笑)



関連タグ

Yes!プリキュア5 Yes!プリキュア5GoGo! プリキュア5 プリキュア 黄キュア
キュアレモネード うらポジ
金髪 ツインテール ロリ イエローヒロイン
夢原のぞみ 夏木りん 水無月かれん 秋元こまち
シロップ ギリンマ 
シロうら ギリうら のぞうら

ニチアサ関連

小津麗/マジブルー2年前の1時間違いの世界の「うらら」繋がりの戦士。

間宮菜月/ボウケンイエロー:1年前の1時間違いの世界髪型、チーム最年少(年齢は推定値だが)等の部分が共通する黄色戦士。

プリキュア以外

山岸れもん - 中と外も一致。主人公より1歳年下、シンボル等の部分も共通している。なお、主人公の中の人プリキュア5の9・10作後の作品の劇場版ゲストキャラを演じた。

宮本フレデリカアイドルマスターシンデレラガールズ) - 似たような設定の人物

ホァン・パオリンユリーカ:中の人、カラーリング、ロリ繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「春日野うらら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2759400

コメント