ピクシブ百科事典

シロうら

しろうら

シロうらとは、「Yes!プリキュア5」に登場するシロップ(甘井シロー)と春日野うららのカップリング。

概要

シロップの登場が極力恋愛描写を排除したGoGo(2作目)からという事もあり、ココのぞナツこまと違いアニメ本編ではお互い恋愛感情は見せておらず、「男女の友情」という描写に留まっている。
しかし、ふたりが特別な関係を匂わせる描写が度々ある。うららはプリキュアの仲間たちがいずれも年上・先輩であることもあって、作中では敬語を使う場面が大半を占めている(他のプリキュアは年上のココナッツに対して(正体が妖精の為か)敬語を使わないのだが、うららはしっかり敬語を使っている)。シロップにもしばらくの間は敬語を使っていた。しかし、18話で落ち込んでいた自分を真剣に怒り、心配してくれたシロップの姿を見て以降、主要人物では唯一敬語を使わず喋るようになる。また、その18話で同じ「目指すべき場所をもつ者」として絆が芽生える。以降は2人の関係に焦点を当てた話が何度かあった。
なお、シロップと絡んでいる場面自体はうららより夢原のぞみ美々野くるみの方が多い。というより、うららとシロップが一定以上絡んでいるのはいわゆるシロうら回(そのシロうら回もあまり多くない)にほぼ集中しており、それ以外の話ではお互い他のキャラ達と変わらない「仲間の内の一人」みたいな扱いの事がほとんどである。メインストーリーでシロップと絡むのは専らのぞみであり、うららはくるみはまだしものぞみと比較するとシロップとの絡みは圧倒的に少ない。これはシロップがGoGoにおけるキーキャラクターであり、のぞみが主人公というメタ的な事情が関係していると思われる。
しかし、のぞみには前作の時点で既にココという正式な相手が存在している。くるみも普段はシロップと絡む事は多いがそこまで多いわけではないし、逆にうららのようにシロップとの絡みがメインの話はない。そもそも彼女もココが好きである。
一方でシロうらは前述のように特別な関係を匂わせる描写が度々ある。このため、シロップのNLでは最も人気かつ一般的と思われる。放映当時のラジオでも声優達からココのぞやナツこまと共にカップリング的な扱いを受けていた。

上北ふたご氏の漫画ではGoGoで成立している。ただし具体的な描写はほぼない。

2015年の映画 「プリキュアオールスターズ春のカーニバル♪」では、シロう‪らのお姫様抱っこがある。この新規映像はココのぞ、ナツこま、シロうらの組み合わせで固定されており、さらに5gogoチームの妖精は美男が多いと言われて、焦るのぞみと顔を赤くして目をそらすこまちとうららといった場面もある。シロうらが公式にココのぞやナツこまと同じ扱いとなっている。‬

関連タグ

プリキュア5 NL プリキュア男女カプ
春日野うらら 甘井シロー 人外×人間

関連記事

親記事

プリキュア5カップリング ぷりきゅあふぁいぶかっぷりんぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シロうら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 804073

コメント