ピクシブ百科事典

美々野くるみ

みみのくるみ

『Yes!プリキュア5GoGo!』の登場人物。妖精のミルクが人間化した姿であり、青薔薇の戦士ミルキィローズに変身する。
目次[非表示]

CV:仙台エリ

概要

Yes!プリキュア5GoGo!」に登場するミルクが人間化した姿。ミルキィローズに変身する。
彼女には本来人間に変身する能力は無かったのだが、パルミエ王国で見つけた種から育てた青いバラの力で人間に変身出来るようになった。
名前は「ミルクの耳」を逆読みしたアナグラム

この姿での初登場は11話。同話ラストでサンクルミエール学園の2年生で転校生として現れる。
のぞみたちは彼女を謎の戦士・ミルキィローズの正体ではないのかとすぐに気づきはしたが、ミルクが変身した姿であるとまでは見抜けなかった。
くるみ本人も当初は自分がミルクであることを隠し、気品ある謎めいた美少女として振る舞っていた(もっとも、『ベニスの商人』の題名を覚え間違えるなど詰めが甘かったが)。
これは彼女の生まれつきな打算的性格に由来するもので、みんなを救うのは謎の人物でなければならない、という本人のこだわりからである。ミルクが正体なので当然ながらプリキュア5のメンバーの趣味や夢のことを熟知しており、そのことは「何でも知っている謎の人物」という演出はよくできたが、逆に知りすぎていたので正体がミルクだとバレてしまうヒントを与えてしまうきっかけにもなっていた。

結局、のぞみとの張り合いやココナッツに対するデレデレな態度で(いわゆるツンデレ)、のぞみとうらら(うららはのぞみとは違ってくるみの振る舞いを胡散臭く感じてはいたが、ミルクと同一人物であることまでは見抜けなかった)以外からは怪しまれ、最終的には14話の戦闘終了後に体力が限界に達し皆の前でミルクに戻ったことで正体がばれてしまった(ナッツはその正体をすでに見抜いていた)。その後はナッツの勧めもあってナッツハウスで生活している。
前作で病気になった自分を看病してくれた経緯から、水無月かれんとの仲が大変良く、彼女を姉のように慕っている。

また、その性格ゆえにトラブルメイカーになることが多かった前作のミルクと比べると、目立ちたがり屋な面こそ相変わらずだが、比較的常識的で大人びた性格になる。
ただでさえ忙しい上に非常識な言動を繰り返す仲間達に突っ込みをひたすら入れなくてはいけない夏木りんにとっては、天の恵みとも言える新たな突っ込み要員でもある。

青いバラの力のおかげか身体能力がとても高くなっており、スポーツ万能のりんとも互角に渡り合えるほど。
また、人間に変身できるようになったことでミルクの時はイマイチ生かせなかった教養を遺憾なく発揮させられるようになった。
ただし肝心なところでドジを踏んでしまうこともあり、基本的には「よく出来るドジッ娘」である。

5時代から続くのぞみとのライバル関係も継続しているが、のぞみが頑張っている学業を筆頭に、スポーツや家事スキルなど様々な分野でもくるみが圧勝している。
ナッツの影響なのかよく読書しているようで、本の内容に関する知識はかなりある。

ミルクが見つけた青いバラの種は、後にキュアローズガーデンフローラからもたらされたものであることが判明し、返そうという話も出たようだが「ミルクの育てたもの」ということで晴れて自分の力として認められた。

前述の通り、くるみとミルクが同一人物であることにのぞみは最後まで気づけなかったが、視聴者には割とバレバレであった。これは「TVを見ている子供たちに、のぞみたちよりも先に正体に気付かせる」という形をとることで、小さなお友達に優越感を持たせることが狙いだったとみられる。
しかし、このことは一部の大きなお友達の間で様々な憶測を生むことになってしまった(詳細はミルキィローズの項目にて)。

最終回では、エターナルの消滅後にローズからそのままミルクに戻って青いバラをフローラに返却しようとする。お礼なのかそのまま彼女が育てることになるも、その後ミルクの姿で過ごしている辺り、どうやら人間に変身する能力はなくなってしまったらしい(体力を消耗する故使っていないという見方もあるが)。オールスターズではしっかり人間に変身している。『オールスターズDX』では『光の園』のルルンとは耳が長いもの同士のためなのか仲がいい。

前シリーズでは評判がかなり悪かったミルクだが、くるみとして再登場してからは本編やオールスターズで印象に残る活躍を多々見せたことで人気が急上昇。15周年企画のプリキュア大投票において、プリキュア部門で10位とトップ10に食い込んでみせた(作中では素のスペックでのぞみを大きく上回ったが、ファン人気まではのぞみにさすがに一歩及ばなかった様子)。

各話ネタ

ドンドン追加して下さい。

テレビシリーズ

  • 第10話
    • ミルキィローズとして登場。
  • 第11話
    • 変身シーン初披露、単独でスコルプを倒す強さを見せる。
  • 第12話
    • 新幹部として登場したネバタコスと戦うが、触手で攻撃を封じられてしまい、スタミナ切れとなって追い詰められてしまう。
  • 第14話
    • ブンビーにより弱点が経験不足であることを見破られ、守りながらの戦闘を強いられピンチに陥る。
  • 第17話
    • 戦闘では、敵に飛ばされたキュアミントを受け止めきれずダウンする。その後も敵の攻撃を受け、一人だけ必殺技を使うこともできなかった。
  • 第18話
    • 単身で戦うキュアレモネードを助けに他の4人とともに現れる。
  • 第19話
    • かれんとともにおとぎ話の世界に閉じ込められ、シビレッタの作り出したホシイナー相手に2人で戦うが、軟体の相手に攻撃が通用せず追い詰められてしまう。あわやというところでのぞみ達が現れて助けられる。
  • 第21話
    • のぞみの弁当作りのため彼女の家に仲間と共に押しかける。そして自分で仕切って仲間をりんと自分のチームに分けるのだが、くるみのチームにはお嬢様育ちのかれんや何でもカレー味にしたがるうらら達がいるのだからなかなか作業が進まず、結局ほとんど自分一人で料理をすることになった。
  • 第46話
    • いざキュアローズガーデンへ突入しようとした直前にアナコンディが強襲。ホシイナーをプリキュアに任せ、自身はアナコンディと3回目の一騎打ちに突入。しかし相手は過去2度自身を打ちのめした強敵、加えて真の姿になった彼女にはメタルブリザードも通じずまたも倒れてしまう。その際のアナコンディの発言、そして彼女と館長とのやり取りから、プリキュア陣営で唯一彼女が館長に想いを寄せていることに気づいた。そんな彼女に思うところがあったのか、プリキュア5がアナコンディによって石化した際もショックを受けこそすれ、恨むような描写はなく、むしろ館長に特攻をかけた彼女を止めようとしていた。しかし無情にもアナコンディは葬られてしまう。彼女の一途な想いを見届けたローズは館長に悲しみ混じりの怒りを向けるのだった…

特別出演

映画


関連イラスト

青いバラは秘密の印!
センシティブな作品



関連タグ

Yes!プリキュア5GoGo! ミルク ミルキィローズ プリキュア
夢原のぞみ 夏木りん 春日野うらら 秋元こまち 水無月かれん
ココ ナッツ シロップ

かれくる くるひめ くるルー

プリキュアスーパー戦隊シリーズ


関連キャラ

九条ひかり:『プリキュア』の名を冠していない追加戦士繋がり ⇒ ミルルミ
月影ゆり:カラーリングおよび最強&孤高な戦士繋がり ⇒ くるゆり
黒川エレン:妖精からの変身繋がり。ただしエレンはプリキュアへの覚醒と同時にセイレーンの姿に戻れなくなっている。
調辺アコ:異世界からの亡命者繋がり
剣崎真琴:カラーリング、孤高な戦士、異世界出身繋がり⇒くるまこ
ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ(白雪ひめ):亡命者繋がり⇒ くるひめ
氷川いおな:カラーリング、孤高な戦士繋がり ⇒ くるいお
キラ星シエル:妖精からの変身&6人目の追加戦士繋がり
ルールー(プリキュア) / ルールー・アムール:カラーリングとキャラクターデザイン、異世界出身繋がり ⇒ くるルー
坂上あゆみスマイルプリキュア5!でそれぞれの色同士のコンビを作った結果、余ってしまう者繋がり ⇒ くるあゆ

他の記事言語

Kurumi Mimino

ヒロインキュア6号キュア」タグ

美々野くるみキラ星シエル

歴代紫キュア

美々野くるみ月影ゆり

関連記事

親記事

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「美々野くるみ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1884660

コメント