2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

夢原のぞみ

ゆめはらのぞみ

『Yes!プリキュア5』『Yes!プリキュア5GoGo!』の主人公。キュアドリームに変身する。
目次[非表示]

CV:三瓶由布子

概要

『Yes!プリキュア5』『Yes!プリキュア5GoGo!』の主人公。本編に登場する5人の伝説の戦士プリキュアの1人で、5人の中で最初にプリキュアになった。
サンクルミエール学園に通う中学2年生。「大いなる希望の力」キュアドリームに変身し、ココとナッツの故郷であるパルミエ王国を救うため、仲間と共に悪の組織へ立ち向かう。
大変ドジっ子で勉強も運動も大の苦手だが、性格は底なしの元気と明るさを有し、不思議なリーダー性もあるため、皆の信頼は大変厚い。口癖は「けって~い!」「なんとかなるなるー!」。

人物像

シリーズ随一なドジっ子

彼女の一番の特徴は、何をやらせても駄目な野比のび太タイプということにある。
シリーズの他作品も含め、プリキュアとなった女の子たちは何かしら突出した能力や特技を一つぐらいは持っているが、のぞみにはそういった技能的に長所と呼べる要素が見当たらないうえに、(敵を油断させるためとはいえ)水無月かれんから「のぞみは国宝級のドジ」と言われたこともあるほどのドジっ子である(しかもそれほど間違った表現ではない。おかげで敵の意表を突けた)。

勉強もスポーツも人並み以下。特に勉強は平均点が80点の小テストで18点をとってしまったことがある上に、集中力が切れるあまりに投げ出して他のことに興味が逸れてしまったり、問題が解けず答案用紙と睨めっこしている際に「どこがわからないのかしら?」とかれんに聞かれて「どこがわからないのかわからない」と泣き顔になったりとかなり重症な様子(そのせいで『5』11話ではプリキュアのメンバーから外されそうになった)。年下のうららに勉強を教えていたら、いつの間にか自分が勉強を教わっていたという珍事すらある。
部活動に入ればドジを踏んでクビや出禁になって長続きせず、何かを手伝わせると逆に余計な仕事が増える始末。料理を筆頭に家事全般も壊滅的で、作中ではお粥を二度も焦がした
だからといって下手の横好きと呼べるような趣味や夢も持っておらず、当初のぞみはそんな自分にコンプレックスを感じていた(もっとも、見ている側はそんな筋金入りなドジっ子っぷりに魅力を感じているのだが)。

一番な比較対象として、外見や性格が酷似している星空みゆきがいるが、彼女には童話が好きというしっかりとした「趣味がある」ためある程度読書家で、童話に関する知識も豊富である(のぞみは難しい本のタイトルを読んだだけで眠りに落ちてしまう)。
運動神経もそこそこ良く、家事手伝いに関しても食器洗いは難なくこなしていたため、ある程度の器用さもある様子。

当初作中でも、才能豊かな仲間と比べてのぞみに目立った特技がないことが描かれがちだった。
ただし夢に関しては、『5』の最終回において、小々田コージココ)の影響からなのか「先生になりたい」という夢を持つようになった。続編の『GoGo!』でも相変わらず勉強が苦手であることがわざわざ強調されているが、勉強から逃げ出すこともあった『5』の頃と比べ自力で解く努力をしようとするなど改善の兆しは見せており、ココが担当する日本語だけとはいえ、それまで平均点を大きく下回ることが多かったテストも「39点以下」だったのに、2学期期末試験で国語で72点を取った後も(他にもりんを1回だけ抜いた模様)、5最終回の学年末試験では48点が最低点と言っており、後期では成績も上昇したと思われる。

ちなみに後述するが、のぞみは他のプリキュアキャラクターと比べて長所が目立たないだけで、例にあげたのび太のように(実はあやとりと射的が得意)、本人も気づいていない秀でた力は持っている。
また、その人を惹き付ける力や人を見る目の良さによって、プリキュア5を結成するキッカケも当初から作っている。

意志の強さ

その口癖から見て取れるように、彼女は自分が一度決めたことは最後まで貫き通す意志の強さを持っており、周りの仲間達ものぞみのその姿勢に引っ張られ強く影響されている。
事実、のぞみは当初かれんをプリキュア5のリーダーに推そうとしたが、逆にリーダーに指名された経緯がある。

実は、彼女には当初から言葉では言い表すことが出来ない独特のカリスマ性があり、その魅力やカンの良さから、実にリーダー向きな人物であることが窺える。
決して諦めない彼女は仲間達の精神的支柱になり、場を自然と仕切っていることも多い。

さらに、ほぼ1話のみ描かれただけなので忘れられがちだが、春日野うららのマネージャーである鷲雄が偶然不在で、のぞみがうららのマネージャーと勘違いされた時は、彼に代わって次々に舞い込んでくるうららの仕事やアクシデントに対して仲間の力を借りることで臨機応変に対応している。マネージャーの仕事に関しては目立ったドジもなく完璧にこなし、彼から褒められてすらいる。

困っている者を放っておけない人の好さが災いしてピンチを招いてしまうこともしばしばある。その優しさは敵や侵略者に対しても例外ではなく、できる限り和解する方法を模索したり、停戦を呼びかけるなど必要以上の戦闘や止めを刺すことは好まない。
先のように特技はないと言われがちだが、こういった人の繋がりを活かして行動する能力に関してはある意味天賦の才を持っていると言っても過言ではなく、歴代でもこの点は随一である。
また、りんの弟と妹に勉強を教える事になった時は、せんべいを使って難しい分数を分かりやすく説明したり、勉強する事の大切さを花に例えて伝えたりと、教師を目指す上での素質も高いものを持っている。



鷲尾天プロデューサーは、のぞみを司馬遼太郎の小説「項羽劉邦」の劉邦のようなキャラクターだと評している。小説における劉邦もまた、人を惹きつけるカリスマ性こそあるものの、一個人としては頼りない部分が目立つ人物である。しかし、人を見る目が確かで人を適材適所に扱う能力にも秀でており、こうして見ると実際のぞみとの共通点は多い。

スーパーガールでなくっても、明るく元気で決して折れない心を持ってさえいれば「誰だってプリキュアになれる!」。のぞみはTVの前の小さなお友達に夢を与えてくれる存在なのである。

ちなみに、オールスターズでは本編のリーダー的な存在としての活躍はやや薄いが、意思の強さという意味では毎度目立った活躍を見せている。特に先輩としての頼もしさは出番の多めだったDXシリーズで遺憾なく発揮されている。

恋愛描写

それまでのプリキュアメイン主人公であるなぎさの恋愛描写は片思いの一方通行気味だったが、彼女は初めて相手とお互いに想いあっている描写がされた主人公である。
明確に思いをお互いに告げることはしなかったが、心は通じ合っているようである。
映画『Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪』では、キスまでしてしまった(ただし、幼児向けアニメという教育上の影響もあってなのか、のぞみの後頭部が邪魔でお互いの肝心な唇同士はさすがに映っていなかった)。
その後も、ココとのラブロマンスは意識して描かれており、公式的にカップルとして押せ押せで描かれているのは、実はこのココのぞくらいである。

ピンクの伝統

のぞみは「イメージカラーがピンクの初のプリキュア」となった主人公(ブラックやブルームもアクセントとしてピンク色は使われているが)で、プリキュアのリーダー(主人公)はピンクという立ち位置を確立させた。そして桃園ラブ以降の主人公達に伝統として受け継がれていく。

家族構成

父:夢原勉
母:夢原恵美

家族は両親とのぞみ本人の3人家族。
父・勉は絵本作家で母・恵美は美容院を経営。
プリキュアシリーズのメイン主人公の中ではのぞみが初の一人っ子である。

人間関係

主なもののみ記す。

夏木りん
幼馴染。元々親子同士仲が良いため相当小さい頃からの付き合いで、名実共に親友である。
いつもはしっかり者のりんがのぞみをフォローしているが、のぞみの性格に支えられている一面もある。
りんも、のぞみのあまりのドジっぷりに「もう面倒なんて見ない」と冷たくすることもあるが、結局はのぞみが放っておけず、彼女の力になろうとしている。
小さい頃に一緒に迷子になった時は泣き始めたのぞみをフォローするも最後には自分まで泣いてしまったというエピソードもあり、その時は逆にのぞみにフォローされた。
シリーズを通してここまで長い付き合いのある幼馴染キャラは珍しく、他の幼馴染とは一線を画した絆の深さがある。

春日野うらら
芸能人という立場上、友達を作る機会に恵まれなかったうららにとって、のぞみは始めての友達であり、のぞみのことを慕っている。しかし先のように、のぞみに勉強を教えてもらうつもりが逆に勉強を教えていたというエピソードもあるように、のぞみの駄目なところもよく理解している様子。
のぞみと同じくボケ体質なため、のぞみと同じ天然ボケを発揮することもあるが、たまにではあるがのぞみを慕うあまり、あえて真似をする形でボケに付き合っていることもある。

ココ小々田コージ
学園では担任の先生。そして、のぞみが迷った時の指針となってくれる存在がココである。
プリキュアに守られているココだが、人間の姿の時には格好いい姿を見せてくれる。
一緒に過ごすようになってからはお互いに惹かれ合うようになり、相思相愛の仲となっている。
劇場版ではキスシーンを披露するなど、プリキュアでは珍しく一歩進んだ恋愛関係を築いている。

ミルク美々野くるみ
王室の準お世話係という立場からなのか、一見お気楽に見えるのぞみの性格が気に入らないのか、いずれにせよのぞみに対してだけは妙に手厳しいところがある。青いバラの力を得てミルキィローズや人間体(美々野くるみ)に変身出来るようになってもそれは変わらない。そのため、何かといがみ合う事が多い。ただし、のぞみはミルクがツンとした態度を取るため声を荒げることが多いだけで、嫌っているわけではない。ミルク / くるみもライバル意識を持っているだけで、のぞみのことは認めており(特に『5GoGo!』)、彼女がピンチになると本人曰く「つい助けたくなっちゃう」らしい。ツンデレ

トリビア

声優について

声を演じる三瓶は80年代生まれで最初にプリキュア役に選ばれた声優。(同じく80年代生まれ2人目はキュアレモネード役の伊瀬茉莉也
三瓶と言えば少年役の演技に定評があるが、実はこののぞみ役が彼女にとって初の女主人公でもある。

元々三瓶は、オーディションで夏木りん/キュアルージュを受けていた。しかし同じくりんを受けていた竹内の掛け合い相手として、三瓶がドリームを仮に担当することになり、「足を引っ張ってはいけない」と奮闘して今までにないような声で演じた。
するとこれがまさかの好感触で、彼女はまさかのドリーム役に抜擢されることとなった。このことは同業者からは揃って驚かれたというが、一番驚いたのは本人だという。

三瓶はその後ドリーム役を担当するうえで、普段やったことがない役だったためひたすら悩みまくっていたという。しかし、そこでりん役の竹内が「私が支えるから!」と背中を押してくれたことで乗り越えていったという。正に中の人ものぞりん状態だった。

当初はとにかく可愛らしい声を作ることを意識してトーンを高くしていったが、やがてどんどん喉が荒れていき無理が生じてきたため、調整していったという。

それからプリキュア5シリーズ終了から9年後のハグプリ第36話で、三瓶は再びのぞみ役としてTVシリーズ再登場を果たした。
(ちなみに彼女はハピネスチャージプリキュア!プリキュア10周年おめでとうメッセージでの番外出演もあるのでそれを含めると4年ぶりの出演にもなる)

中の人ネタ

中の人繋がり「キュアレントンなどと呼ばれることも。
決して「俺の股間のレントンがアイキャンフライ」などと叫んではいけない。
また、彼女とりん中の人は、ある超有名少年漫画のアニメに登場するある(ネタバレ注意)と同じである。

各話ネタ

テレビシリーズ

5

  • 第1話
    • バスに急いでいる最中に初めてココと出会う。
    • ココを探しに図書館を訪れ、そこでドリームコレットを見つける。
    • ナイトメアの幹部からココを守るためにキュアドリームに初変身。
    第2話
    • りんをプリキュアに誘う。
    第3話
    • うららを校内探検に連れ出す。
    第4話
    • こまちの夢を知り、応援する。
    第5話
    • かれんをプリキュアに勧誘するも、断られる。
    第6話
    • 再度、かれんをプリキュアに勧誘する。
    第7話
    • ナッツを庇う。「騙すほうが悪いに決まってるじゃない!」
    第8話
    • りんとかれんの共通点を見つける。
    第9話
    • 増子の追求にプリキュアの事を喋りそうになる(りんに止められる)
    第10話
    • ナッツハウスの宣伝に協力する。
    第11話
    • 小テストが悲惨な点数、さらに勉強への集中力がないため、プリキュアを休むように4人から言われてしまう。
    • ココのアドバイスによって、勉強の大切さを知る。
    第12話
    • うららのステージでうさぎの着ぐるみで登場するも、派手に転ぶ。
    第13話
    • りんの妹と弟の面倒を見る。
    第14話
    • 何気ない一言がかれんの悩みの解決のヒントとなる。
    第15話
    • 母が風邪を引いたため、家事をするも失敗を連発する。
    第16話
    • こまちの小説に厳しい批評をしたナッツを責める。
    第17話
    • りんの様子がおかしい理由を過去の出来事から気づく。
    第18話
    • かれんの家で、変装に扮する。
    第19話
    • うららが何か隠し事があるのではないかと思う。
    第20話
  • うららが歌手デビューに不安を持っていることについて、励ます。
  • 第21話
    • ミルクにお弁当を食べられ、散々な目に遭う。
    第22話
  • 家出したミルクを探す。
  • 第23話
    • ふとしたきっかけからミルクと追いかけっこしてしまい、みんなで作っていた蝶の飾りを壊してしまう。
    • その結果、仲間たちが険悪になってしまい落ち込むが、ココに励まされ元気を取り戻す。
    • ナッツハウスに来ると仲間が来ておらず心配しているとカワリーノが出現。ナイトメア本部で預かっていると言われドリームコレットを要求する。
    • のぞみはドリームコレットを手にし「みんなに何かあったらコレットを壊す」と脅し、カワリーノの案内でココ&ナッツとともにナイトメア本部に向かう。だが、そこに待っていたのはナイトメアの首領デスパライア絶望の仮面を被らされた仲間たちだった…。
  • 第24話
    • 仲間の変わり果てた姿に激怒したのぞみは変身するが、その仲間に取り押さえられ絶望の仮面をかぶらされそうになり抵抗するものの、カワリーノに指摘されスキを突かれて被らされ仲間ともども異次元に落とされる。
    • 気が付くといつもののテラスで笑顔のりん達4人と一緒に座っていた。一瞬疑問に思ったのぞみだったが、目の前にあるごちそうを勧められて舌鼓を打つ。
    • しかしポケットに会ったキーホルダーを手にしたことから疑問が大きくなり、楽しいだけではダメだと気付きココの呼びかけで仮面を打ち破った。
    • 元に戻ったドリームはココとともに仲間たちに呼びかける。最初は絶望に打ちひしがれていた4人だったが、ドリームが手を差し出しつなげていくうちに希望が戻りドリーム同様仮面を打ち破りナイトメア本部に戻る。
    • 作戦が失敗したカワリーノによって闘技場のような場所に連れていかれ、そこでギリンマと対戦するが黒い仮面でパワーアップしたギリンマに苦戦する。それでもあきらめずに戦いミルクからの謝罪を受けた後彼女が持っていたバッグから光が出現し新アイテムが登場、ギリンマを撃破した。
    • 帰還後みんなで飾りを完成させる。
  • 第25話
    • プリキュア合宿を計画する。それは皆で楽しい思い出を作る事で、23話の時のようなことにならないようにするためだった。
    第26話
    • ココと一緒に夜の星空を眺める。
    第27話
    • 学園の旧校舎に肝試しに行く。
    第28話
    • 浴衣を着て、こまちの夜店を手伝う。
    第29話
    • 夏休みの自由研究が終わっていないのぞみは、うららの仕事に同行するも、うららのマネージャーと勘違いされてしまい、次々起こるトラブルに仲間を呼んで対応する。
    第30話
    • ミルクと喧嘩したのぞみは、思わずミルクの夢を馬鹿にするような発言をしてしまい、ミルクにプリキュア失格かつ自分の夢がないと突きつけられてしまう。
    第31話
    • ココが女子生徒から度々ラブレターを受け取っていることにショックを受けてしまう。
    第32話
    • 理想の結婚式は沢山のお色直しと大きなウェディングケーキを独り占めすること。
    第33話
    • 増子の寂しさに気づく。
    第34話
    • ミルクの病気を治すためにピンキーを探す。
    第35話
    • こまちが元気ないことについて、ナッツが声をかけてやるべきという。
    第36話
    • マラソン大会の練習をサボろうとするも、りんに励まされる。
    第37話
    • ハデーニャの揺さぶる発言にも動じず、ココを信じて受け止める。
    第38話
    • シンデレラ役。
    第39話
    • ココとナッツと小春日和の中、散策する。
    第40話
    • 何故か理事長とおタカさんが同一人物だと気づかなかった。
    第41話
    • うららがまだ帰宅しておらず、学校にいると信じる。
    第42話
    • 周りが心配する中、ただ一人りんとかれんならいいお花を選ぶと信頼していた。
    第43話
    • 一人だけ木の幹に引っ掛かっていた。
    第44話
    • 4人から理想のお世話役の人物像だと思われる。
    第45話
    • パルミエ王国を復活させるとココと離れ離れになることに気づいてしまう。
    第46話
    • カワリーノに騙される。
    第47話
    • デスパライアにドリームコレットを使用されてしまう。
    第48話
    • 希望を持って、最終決戦に挑む。
    第49話(最終話)
    • デスパライアの前で、変身を解き、話し合おうと歩み寄る。

5GoGo

  • 第1話
    • パルミエ王国に帰ったココに手紙を書く。
    • 運び屋シロップと出会う。
    • ローズパクトを狙うスコルプが現れ、戦う手段のない5人は逃げる羽目になるが追いつかれてしまう。
    • 絶体絶命のピンチにココとナッツが現れ、再びプリキュアに変身する。
  • 第2話
    • 仲間と共にプリキュアに再変身したことに驚くものの、力を合わせてスコルプを撃退。
  • 第3話
    • ミルクからの大量の手紙に驚く。
    第4話
    • うららの台本を届けるも、エターナルの邪魔が入る。
    第5話
    • かれんへの目安箱に無茶なお願いをしようとする。
    第6話
    • りんを心配する。
    第7話
    • 皆でパルミエ王国に向かう。
    第8話
    • シロップとともに手紙の差出人を探す。
    第9話 第10話
    • エターナルに追い詰められる。
    第11話
    • ミルキィローズにお礼を言う。
    第12話
    • 転校生くるみと誰かのように口喧嘩する。
    第13話
    • ピノキオの世界に入ってしまう。
    第14話
    • くるみ/ミルキィローズの正体にりんから指摘されるまで気づかなかった。
    第15話
    • りんに自分のドジに対して愛想を尽かされてしまう。
    第16話
    • かれんに「国宝級のドジ」だと称される。
    第17話
    • たむけんの宝物を探す。
    第18話
    • うららのために皆でアクセサリーを作る。
    第19話
    • かれんの家でお茶する。
    第20話
    • こまちの姉まどかの大学に行く。
    第21話
    • お弁当を作れないことを仲間に指摘され、りんの指導でお弁当作りをすることに。
    第22話
    • りんの弟と妹に勉強の大切さを教える。
    第23話
    • シロップにローズパクトを渡してしまう。
    第24話
    • エターナルの本拠地に突入する。
    第25話
    • ナッツハウスで飲み物を配る。
    第26話
    • うららの仕事の付き添いで大都会に行く。
    第27話
    • ミルクと共にお化けから逃げ回る。
    第28話
    • クレープ王女のココへの求愛に無言となる。
    第29話
    • かれんの別荘でテニスをする。
    第30話
    • 授業中に共にココに叱られ落ち込んだくるみから絶交宣言されてしまう。
    第31話
    • ナッツを見守る。
    第32話
    • 不思議な箱を勝手に開け、皆か小さくなってしまう。
    第33話
    • うららが心配になり、カレー屋に向かう。
    第34話
    • ココとの絆がクレープ王女の失恋に繋がる。
    第35話
    • 皆がナッツハウスに揃わなくなるのを寂しく思う。
    第36話
    • 影絵を当てるクイズで不正解になってしまう。
    第37話
    • かれんのコイントスを見守る。
    第38話
    • ミルキィローズを励まし、合体技を披露する。
    第39話
    • モンブラン国王の面倒を見る。
    第40話
    • うららの歌声を守るため、ローズパクトをエターナルに渡す。
    第41話
    • アクセサリーを身に着ける理由を考える。
    第42話
    • 悩んでいるこまちを勇気づける。
    第43話
    • テスト勉強を誰にも頼らず、一人で頑張ろうとする。
    第44話
    • クリスマスプレゼントの配達を手伝う。
    第45話
    • キュアローズガーデンの扉の前でエターナルと戦う。
    第46話
    • 石化してしまう。
    第47話
    • シロップの想いで石化から復活する。
    第48話(最終話)
    • 激闘の末に館長を撃破し、キュアローズガーデンの奪還を果たす。
    • フローラからガーデンの新たなる管理者に任命されるが、のぞみは薔薇をたくさんの人々に見てもらうべくガーデンの開放を決断した。

特別出演

映画


関連イラスト

のぞみさん誕生日おめでと~!
アイドルになること、けって~い!!
のぞみちゃんはゲンキ
夢原のぞみさん
エプロンドレスかわ!



変身前の姿と変身後の姿のタグの使い分けに関する注意と配慮について

プリキュアに変身する前の姿しか描かれていないイラストに対して、変身後の姿である『キュアドリーム』のタグを付ける行為は、変身後の姿のイラストだけを見たい人にとっては検索妨害になってしまうので、そのような行為は避けるべきである。
また、変身後の姿しか描かれていないイラストに対して、『夢原のぞみ』等の変身前の姿のタグを付ける行為に関しても同様に避けるべきである。
中にはもちろん、変身前後の姿の両方のタグが付けられている事を気にしない人もいるだろうが、検索の際に気になるという人もいるため、そのような人への配慮としてタグの使い分けをしっかりと行う事が推奨される。

関連タグ

プリキュア Yes!プリキュア5 Yes!プリキュア5GoGo! プリキュア5 はなチーム
キュアドリーム シャイニングドリーム ドリームキュアグレース ダークドリーム アホな子 愛すべき馬鹿
夏木りん 春日野うらら 秋元こまち 水無月かれん
ココ小々田コージ) ナッツ ミルク美々野くるみシロップ甘井シロー
ブンビー 
ココのぞ のぞりん のぞうら シロのぞ レントン×ガロードブンのぞ) のぞみゆ 夢闇夢

他作品関連

木下友夫中の人繋がり。また「勉強・運動共に平均以下だが、大らかかつ責任感が強い性格」というパーソナリティも共通。
翔真:中の人繋がり。「Yes!プリキュア5」での第33話でのぞみは赤い蝶ネクタイウェイター男装をしていた為、有る意味赤い蝶ネクタイ繋がりでも有る。
如月弦太朗 … 後に30分前枠に登場する、「劣等生から教師を目指す主人公」繋がり
飛電或人こちらは「Yes!プリキュア5GOGO!」放送終了から10年後のニチアサにおいて60分後の枠の主人公。
夢という概念に縁があり、初めて戦った相手がカマキリモチーフの怪人で、夢を笑う者に対して強い怒りを示したという繋がりがある。
秋月涼中の人繋がり
漢堂ジャン/江角走輔野上良太郎/紅渡ニチアサ同期の主人公。この内、渡とは簡易的だが共演しており、相棒であるキバットのキメ台詞「キバっていくぜ!」を言った事もある。
野比のび太:学力やスポーツも劣等生繋がり。ただし、レギュラー回は昼行燈そのものだが、長編版・映画版となると主人公を喰うぐらいに大活躍するなど、大一番になればなるほど仲間たちからリスペクトされるところも共通している。のぞみ役の三瓶由布子は秘密博物館のクルト・ハルトマン役で出演。
ノリミ人造昆虫カブトボーグVxVより。「Yes!プリキュア5」の放送開始から約1ヶ月後に登場し、名前及び髪が酷似。中の人的には3作目に登場する日向咲

他の記事言語

Nozomi Yumehara

主役キュア」タグ

日向咲夢原のぞみ桃園ラブ

関連記事

親記事

プリキュア5 ぷりきゅあふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9892681

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました