ピクシブ百科事典

キュアドリーム

きゅあどりーむ

TVアニメ『Yes!プリキュア5』および『Yes!プリキュア5GoGo』に登場するプリキュアの一人。夢原のぞみが変身する。
目次[非表示]

大いなる希望の力! キュアドリーム!

CV:三瓶由布子

概要

キュアドリームは、プリキュアシリーズ第4作『Yes!プリキュア5』およびその続編『Yes!プリキュア5GoGo!』に登場するプリキュア。
サンクルミエール学園に通う中学2年生の夢原のぞみが変身する。
プリキュア5のメンバーの中では一番初めにプリキュアに選ばれた。
イメージカラーはピンク。(→桃キュア
プリキュアオールスターズでは通算6人目のプリキュアとなる。

前向きで、希望に満ちあふれたヒロインとしての姿、そして、彼女のドジっ子な所を“あえて”好んでいるファンが多い。アホの子正義!

キュアどりーん
キュアドリーム



Yes!プリキュア5』の第1話で、桃色の蝶に導かれるように変身したのがきっかけで伝説の戦士プリキュアになる。
プリキュアシリーズにおいて単独での変身、及び単独での必殺技発動が可能となったのは『Yes!プリキュア5』からであり、第1話ではたった一人のプリキュアの戦いをしてみせた。これはプリキュアシリーズでは史上初。(※)
他にも劇場版を中心とし、一人で戦うシーンがあるのも『Yes!プリキュア5』からである。
初戦で敵組織の第一の刺客ギリンマと彼が召喚したコワイナーを退け、以後他のプリキュア達を仲間にしていく事になる。
(※ふたりはプリキュアMaxHeartに登場したシャイニールミナスも単独変身が可能だが、当時はプリキュアとしてカウントされていなかった。またルミナスは単独で浄化技は出せないので、一人で戦ったことはない)。

変身すると、普段よりトーンが一段ほど下がった声色になり、変身の精神的影響が大きい事が示唆されている。変身時は潜在能力を自然に引き出せるらしく、普段からは想像がつかないほどに戦闘向きの資質を備えている他、自身に自信を持てるきっかけとなったからか、戦うことには躊躇しない気質である。

とても意志が強く、自分が決めたことを最後まで貫き通そうとするのは変身前と同じである。
どんなに心を折られかけても立ち上がり、仲間達も彼女のそんな姿勢に引っ張られ、形勢を覆すこともある。仲間達の精神的支柱であり、居なくてはならない存在。

そのため不思議なカリスマ性があり、プリキュアオールスターズのように他の作品のプリキュアと一緒に戦ったときも自然とその場を仕切っていた。ある意味、天性のカリスマ持ち。また、『三代目』故か、客演時の仮面ライダーV3のように、新旧プリキュアの橋渡し役を担う事もある。また、プリキュアオールスターズとして、桃キュアとしての直接の後輩であるキュアピーチと仲がいいようである。
しかし、直近の先輩後輩関係である二人が共に並び立って共闘した事はオールスターズ全体を通しても希少であり、共闘の組み合わせで最もありそうなのに、実現した事が本当に少ない組み合わせの一つに数えられている。

そんな彼女の意外な側面として、自分の大事な誰かが傷つけられたりした場合に限るが、怒りが頂点に達すると、二人称が『あんた』に変貌し、普段は隠れている激情を見せる特徴がある。『Yes!プリキュア5』作中で一回、怒りのあまりに我を忘れて攻撃を繰り返す姿を見せたことがあり、仲間を困惑させていた。

またキュアメロディに先駆けて、激昂した際に一回のみだが、敵に対して絶対に許さない!!と発言した事が明確に確認されている初期のプリキュアの一人である事は意外に知られていなかったりする。

戦歴と変身回数では、初代のキュアブラックキュアホワイトに次ぐほどに多い。
(ごく数回、変身しなかった(いつの間にか変身していた)エピソードもある)

戦闘スタイル

攻撃の属性は。結晶を操ることもある。
変身前がおっちょこちょいなだけあり、無茶をする事も多い。近接戦闘の能力は比較的に高い方のようで、プリキュアとして経験を積んだ後のプリキュアオールスターズとしての登場時には現役時代より格闘センスが増したらしき姿を見せている。

夢のプリキュアだけあり、どんな時も希望を求めて諦めない。

必殺技

掛け声は、「夢見る乙女の底力、受けてみなさい!」

  • プリキュア・ドリーム・アタック
    • 光の蝶を作り出し、掌で打ち出す。
  • プリキュア・クリスタル・シュート
    • ドリームトーチ使用時の技。大量の結晶を放つ。
  • プリキュア・シューティング・スター
    • 『Yes!プリキュア5GoGo!』から使用。腕をクロスさせて光をまとい、自ら敵に突進して貫く。客演時は基本的に『Yes!プリキュア5GoGo!』以後の時間軸での登場なので、番組終了後の現在における代名詞になっており、近年における客演時にも使用している。また、歴代プリキュアの必殺技の中で唯一の「近接技」でもある。
  • プリキュア・スターライト・ソリューション
    • 後述するシャイニングドリーム時の技。スターライト・フルーレを使い、飛び出した5つの薔薇飾りから無数の閃光を放つ。現状では彼女最大の大技であり、初期のプリキュアオールスターズにおいて、この技がベースになった技が決めに使われた事がある。

無印版とGoGo版との違い

大いなる希望の力!キュアドリーム!
キュアドリーム


(画像左:無印、画像右:GoGo!)

『Yes!プリキュア5』(無印)と『Yes!プリキュア5GoGo!』ではコスチュームのデザインが大きく違っている。というか、変身のための力の根源も異なるので、もはや別のプリキュアである。
デザインモチーフとしては無印版は「蝶」、GoGo版は「薔薇」である

しかし、名前は同じ「キュアドリーム」なので、この項目ではあわせて扱っている。
どちらのバージョンのイラストもタグは「キュアドリーム」で混在しているので、どちらかのバージョンに限定して検索したいときは、作品名タグを入れるなど工夫が必要だろう。

無印版ではヘルシーで元気な雰囲気を出すためにおへそを露出しており、GoGo版は襟付きのジャケットで大人っぽさを出している。
二年目になるとヘソ出しがなくなるのは、キュアブラックのオマージュだろうか……

フォームチェンジ

映画『Yes!プリキュア5鏡の国のミラクル大冒険!』で登場したパワーアップフォーム
コスチュームのフリルが増量され、背中に大きな蝶の羽が生える。
変身には、劇場にいる良い子達と、大勢のミラクルライトによる応援が必要。
『Yes!プリキュア5GoGo!』TV本編の47・48話にもこのフォームが登場したが劇場版のとは違い、フリルの増量などはなくただ蝶の羽が生えただけである。

映画『Yes!プリキュア5GoGo!お菓子の国のハッピーバースディ♪』で登場したパワーアップフォーム。
背中に天使をイメージした羽が生え、コスチューム自体もデザインにかなり手が加えられて印象が大きく変わる。

想いを咲かせる奇跡の光!



映画『プリキュアオールスターズDX2』で登場したパワーアップフォーム。
細部の違いはあるものの、フォームとしてはシャイニングドリームと同じである。背中の羽が黄金色になっているのが最大の違い。
DX3』でも同じフォームが登場する。

キュアレインボー・ドリーム



映画『ヒーリングっど♥プリキュアゆめのまちでキュン!っとGoGo!大変身!!』に登場するパワーアップフォーム。
キュアグレースとの合体フォームであり、客演プリキュアとして史上初となる完全新規のパワーアップフォームである。

ドリームキュアグレース

(画像左)

余談

ドリームキュアグレースフォームの登場により、キュアドリームは歴代桃キュアで最もパワーアップフォームを持つプリキュアの一人に数えられると同時に、番組終了から十年以上を経た後に、現役時代には存在していない『パワーアップフォーム』の設定を新規に与えられた初のプリキュアの称号を得た事になる。
また、前出の通り、シリーズ初期の桃キュアでは、キュアブラックキュアピーチと並んで声付きの客演が多く、現役時代の個人必殺技を披露する機会にも多く恵まれている事、現役時代から通しての人気の高さなどから、現在ではキュアブラックに次ぐプリキュアシリーズの顔役と言えるかも知れない。

検索について

上述のように、『Yes!プリキュア5』(無印)と『Yes!プリキュア5GoGo!』のバージョンの違いによる検索に加え、『映画プリキュアドリームスターズ!』の登場によってキュアドリームだけでは映画関係が検索にヒットしてしまう可能性が出てしまった。
作品名を入れる、マイナス検索で映画を除外するなど工夫が必要だろう。

関連イラスト

プリキュア@ラクガキその3
キュアドリーム。
ドリーム
Dream Dive


関連タグ

プリキュア5 Yes!プリキュア5GoGo! はなチーム
夢原のぞみ のぞみ ダークドリーム シャイニングドリーム
リーダー アホの子 ヘソ出し
へそキュア / セパレートキュア
ピンクフラッシュ タイムピンク

江角走輔/ゴーオンレッド紅渡/仮面ライダーキバ:同期のニチアサ主人公。簡易的とは言えこの二人とは共演している。

プリキュアオールスターズ」プリキュアタグ

←5.美翔舞 / キュアイーグレット&キュアウィンディ6.夢原のぞみ / キュアドリーム7.夏木りん / キュアルージュ

関連記事

親記事

夢原のぞみ ゆめはらのぞみ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キュアドリーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5022430

コメント