ピクシブ百科事典

キュアピーチ

きゅあぴーち

「フレッシュプリキュア!」の登場人物である桃園ラブが変身した姿。
目次[非表示]

ピンクのハートは愛あるしるし! もぎたてフレッシュ、キュアピーチ!

概要

フレッシュプリキュア』に登場する1人目のプリキュア。変身者は桃園ラブ
プリキュアオールスターズの世界では歴代12人目のプリキュアとなる。シンボルカラーはピンク。(→桃キュア

その特大ボリュームを持つツインテールの金髪というビジュアルから、コスプレでもかなり人気があるキャラクターである。
2009年以降、だいたいプリキュアオールスターズDXの1作目あたりの時期からプリキュアファンになったという人にとってみれば、プリキュアの代名詞スタイルでもあるようだ。

とてつもないミニスカートを履いてふとももを露出するという扇情的なビジュアルで、それまでのプリキュアシリーズの常識を根底から変えたキャラでもある。大きいお友達はびっくり。
だが、スカートの中はフリルで構成されたパニエ構造になっており、決してパンチラしないようになっている。
・・・と思っていたら、ミュージカルショーでは思い切りパンチラ(ブルマ?)してしまっているが、あれは良いのだろうか? 着ぐるみだから許されるのか? というか着ぐるみで律儀にパンツ履かせるのもどうなんだろう。ちなみにこれは、キュアベリーキュアパインも同じ。
※やっぱり問題があったのか、ハートキャッチのミュージカルではスカートの下は短パンになった。

C80おまけ本



フレッシュプリキュアのプリキュア達は、他シリーズと比較して胸の膨らみが多めに表現されているのだが、その膨らみの量については、スレンダーを表現しているキュアベリーや「あざとイエロー」の系列としての愛らしさ表現からか控え目に見られるキュアパイン、コスチュームが他3人と大きく異なる&転生してイース時代より減量したと言われるキュアパッションの3人に比べて多めと見られ、その秘めた母性も相まってもっとも胸が大きいとされるプリキュアの一人といわれている。
ゆえに増量率も非常に高かったり。

戦闘スタイル

パンチ力に優れている。攻撃時の気合の入り方は少年漫画顔負けである。その立ち振る舞いなどなども含め、漢女子・漢娘という言葉の代表的存在で、乙女な嗜みがある女子とは遙かに程遠い。
もっともその戦いはキュアブラックやミルキィローズに代表されるようなパワータイプではない。実際、変身直後のナケワメーケ戦においては、足払いする→相手が転倒する前に腕を決めて投げ落とすという連携をやってのけたりしている。
劇場版では某格闘漫画を使わないと説明できないとまで言われた中国拳法の高等技術(消力)を披露してみせるなど、むしろシリーズ屈指の技巧派プリキュアといえる。

必殺技

プリキュア・ラブサンシャイン
両手でハートの形を作り桃色の浄化光線を放つ。

プリキュア・ラブサンシャイン・フレッシュ
キュアスティック・ピーチロッドを使ったラブサンシャインの強化技。
キュアスティックでハートの形を描き、桃色のハート型の大きなエネルギー弾を発生させる。

ラッキークローバー・グランドフィナーレ
ラブリーリーフ・エスポワールリーフ・プレアーリーフ・ハピネスリーフで四葉のクローバーを作り、クローバーマークの中心で水晶に敵を閉じ込め浄化する技。
クローバーボックスの力と、ピーチ・ベリー・パイン・パッションの4人が全員揃っていないと使えない大技。

フォームチェンジ

映画『フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?』に登場したパワーアップフォーム。天使の羽が生えた他、全体的に飾りが増えている。
TV本編にも第48話から登場した。

みんなで幸せゲットだよ!



映画『プリキュアオールスターズDX2』で登場したパワーアップフォーム。
細部は異なるが、上記エンジェルピーチとほぼ同様のフォーム。大きな違いとしては背中の羽が黄金色になっている。
DX3』でも同じフォームが登場する。

関連イラスト

もぎたてフレッシュ!
キュアピーチ!
キュアピーーーーーチ!!!!



関連タグ

フレッシュプリキュア
桃園ラブ(ラブ兄貴)
蒼乃美希/キュアベリー
山吹祈里/キュアパイン
東せつな/イース/キュアパッション

プリキュアオールスターズ

←11.ミルキィローズ12.キュアピーチ13.キュアベリー

pixivに投稿された作品 pixivで「キュアピーチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7836048

コメント