ピクシブ百科事典

ミルク(プリキュア)

みるく

『Yes!プリキュア5』及び『Yes!プリキュア5GoGo!』の登場キャラクター。
目次[非表示]

声:仙台エリ

概要

プリキュア5に登場する妖精。初登場は『Yes!プリキュア5』の第21話。
パルミエ王国ココナッツの「お世話役見習い」だった。
お世話役というとメイドさんのようなイメージになるかもしれないが、実際には一等秘書官のようなエリート職らしい。王室の政務から私事までを支え、さらに国民の声を王室に届ける役割も持つ。王族と国民とをつなげる懸け橋なのである。
続編『Yes!プリキュア5GoGo!』では、見習いから準お世話役にまでランクアップした。
語尾は「~ミル」。

ウサギのように、というかウサギ以上に長い耳を持った外見が特徴。
いつもトラベルバッグを手に引いていたが、続編からは見られなくなった(同時にアイテム変身能力も失った)。

Yes!プリキュア5』では妖精らしくマスコットキャラではあったが、「プリキュア・ファイブ・エクスプロージョン」を発動させるためのブレスレットに変身してプリキュアをサポートすることができた。(後期アイキャッチBではその技を披露するアイテムみたいにのぞみの腕にしがみついた。)
続編『Yes!プリキュア5GoGo!』から青いバラの力によって美々野くるみという人間の姿に変身できるようになる。さらに少女戦士ミルキィローズ」として戦ったりなんたり。けしからん。

性格は良く言えばしたたか、悪く言えば打算的で腹黒く、地球側の常識に疎いこともあってよくトラブルを起こしていた。
特に登場した初期の頃はそれが顕著に表れていて、家出・(主にのぞみとの)口喧嘩・ビーズを壊してプリキュア5分裂危機の原因を作る・騙されてドリームコレット(作中のキーアイテム)を敵に渡してしまう………などなど、致命的なミスや視聴者の心象を悪くするような展開が多かった。
特にプリキュア5解散回ではその結果、女児アニメとは思えないドロドロ展開になったこともあり、かなり批判された。
しかしココやナッツ達に諭される形で仲間の大切さや信頼などを学んで徐々にうちとけていき、成長。病気の際に看病してもらったことがきっかけで、かれんを慕うようになり、『5GoGo!』では腹黒さは影を潜めていた。

中の人

仙台エリはふたりはプリキュアふたりはプリキュアMaxHeartに登場した久保田志穂役以来の出演。
映画プリキュアオールスターズDX2に志穂が登場した際は同作にてくるみと志穂の2役を演じた。

関連タグ

プリキュア5 美々野くるみ ミルキィローズ
妖精 プリキュア妖精一覧
かれミル
ミルク

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルク(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34607

コメント