ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

美墨なぎさ

みすみなぎさ

『ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュア MaxHeart』の主人公の一人。キュアブラックに変身する。
目次 [非表示]

「もう、ぶっちゃけありえな〜い!」


CV:本名陽子


概要

ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュアMaxHeart』の主人公。キュアブラックに変身する。パートナーは妖精のメップル。口癖は「ありえな〜い!」。


ベローネ学院女子中等部に通う中学2年生。続編の『MaxHeart』で3年生に進級。

誕生日は1990年10月10日星座天秤座血液型O型生年月日が明確に設定されている主役キュアでは(当然ながら)最年長であり、近年の主役キュアである野乃はなとは実に15歳もの年齢差(計算すると、なぎさの現役時代の最終年に、はなが生を受けたことになる)があり、彼女が順当に加齢していれば、令和を迎える頃には30代を迎え、早ければ、既に自身の子供を儲けているであろう年頃を迎えていることになる。

その事から、本来、彼女から北条響までの前半世代の主役キュア春野はるか以降の新世代主役キュア実際はお互いの生年月日が大きく離れている事になり、プリキュアになっていなければ、中学生の姿でお互いに巡り合う機会はまったくなかったと思われる。



学校の部活ではラクロス部に所属し、1年時はエース候補、2年でエースとして活躍。3年次からはキャプテンを務める。

チョコレートたこ焼きが好物で、嫌いなものはたまねぎ

ダジャレ好きの父・としっかり者の母・理恵、そして生意気な弟・亮太との4人家族。


それまではごく普通の中学生だったが、メップルとの偶然の出会いをきっかけに巻き込まれる形で伝説の戦士プリキュアとしてドツクゾーンの刺客達と戦うことになってしまう。

そしてその縁で、それまで接点が全くなかったクラスメイトの雪城ほのかと関わりあうようになるところから、物語が始まる。


外見・性格

勉強が苦手で運動が得意という典型的な体育会系少女。そのスポーツも得意不得意に偏りがかなりあり、スキーやスノボーやアイススケートや水泳といったシーズンスポーツは苦手で、おまけに筋金入りのカナヅチ

だが、ns2でほのかとひかりと一緒に逃げてるときに、「この間のテストでトップ取ってたのにー!」と言っていたので、やらず嫌いで、やればできるタイプであると思われる!。

運動が得意で身体能力が高い割には、何故か飛んできた物や障害物等を避けられず、顔面にそのまま直撃する頻度が高く、それは後輩の桃キュアたちに受け継がれている(特に星空みゆき宇佐美いちかの頻度が高い)。

ことわざをたまに言うことがあるが、大体は間違えて覚えているため、ほのかに突っ込まれている。

茶髪のショートヘアは、ラクロス部の活動の時には前髪を縛ってちょんまげにしている。

ボーイッシュ系の美人という容姿や明るい性格、スポーツ万能ということから女子からは人気がありラブレターを頻繁にもらっているものの男子にはさっぱりモテない様子。

家では、弟の亮太が軽口を叩く度にプロレス技をかけるのが日常茶飯事となっている。

好きなTV番組は時代劇。また、かつては『機動戦隊バトルレンジャー』のファンで、食玩等の関連商品も集めていた。


負けん気が強く一見男勝りのように見えるが、実は対人関係について繊細で奥手。

なぎさは人間嫌いというわけでは決してなく気楽につきあえる友人も多いのではあるが、相手を傷つけたり、逆に傷つけられたりすることを極端に恐れてなのか、知人友人の心の奥に触れる敏感な話題を避けたがる傾向がある。

プリキュアの相棒であるほのかに対しても距離感を当初うまくとることができず、第8話までは他人行儀な付き合い方をしていた。

恋についてはどうしようもなくヘタレで、自身が想いを寄せている藤村省吾(藤P先輩)と二人きりになる機会に恵まれても、その度にテンパってしまって思うように話すことが出来ず、彼女の恋はなかなか進展しない。ほのかがキューピッド気取りで二人をくっつけようと恋のサポートをしてあげた時は、典型的なラブコメ展開などにはならず、恥ずかしさのあまりなぎさがほのかに余計なことをしないでと怒りをぶつけて絶交の危機になったことさえある。


このように活動的な性格である一方、押しの弱さや臆病な面があるなぎさは、友人関係や恋愛について、また後輩部員との接し方などといった問題に直面するたび、悩み、ヘコみ、そして落ち込む。

つまりは自己肯定感が弱いタイプだと言えるだろう。

しかし、どれだけ苦悩しても、最後には周囲にいる人々からのアドバイスや助力を受けつつハードルを乗り越えていくヒロインである。


ちなみに靴下がいつも少し臭うという公式設定があり、劇中でもたびたび指摘されている。

正直言って女児アニメの主人公としてはありえないような設定だが、なぎさというキャラクターが「カワイイ」の記号に押し込まれただけの存在ではない人間臭さを感じさせるところでもある。


家族構成

父:美墨岳

母:美墨理恵

弟:美墨亮太


トリビア

声優

担当声優の本名女史は、雪城ほのか/キュアホワイト役のゆかな女史と共に記念すべき最初のプリキュア声優となった声優。

そしてMH終了から12年後の『HUGっと!プリキュア』第22話でスペシャルゲストとしてTVシリーズサプライズ出演を果たす事となった。

(ちなみに本名女史のTVシリーズ出演は4年前のハピネスチャージプリキュア!プリキュア10周年おめでとうメッセージも含めると4年ぶりにもなる。)


口癖について

オープニング曲のフレーズからぶっちゃけありえないがなぎさの口癖と認識している人がかなり多いが、上述したようになぎさの口癖は「ありえな〜い!」である。2年に渡るTV本編で「ぶっちゃけ」と喋ったのは、たった1回だけ(「プリキュア シンドローム!」より))。

当時のインタビュー記事などでは「なぎさに”ぶっちゃけ”という言葉はどうも似合わない気がする」として意図的に避けていたことが語られている。


しかしそんな当時のスタッフの思いとは異なり、現在では「ぶっちゃけありえない」がプリキュアシリーズ自体のキャッチフレーズとして認知されているのが現実である。TV放映終了後のプリキュアオールスターズ関係のコンテンツではなぎさにあえて「ぶっちゃけありえない」のセリフを意識的に使わせているケースも見受けられる。


関連イラスト

美墨なぎさ お誕生日絵美墨なぎさ

なぎさふたりが出会って15周年


変身前の姿と変身後の姿のタグの使い分けに関する注意と配慮について

プリキュアに変身する前の姿しか描かれていないイラストに対して、変身後の姿である『キュアブラック』のタグを付ける行為は、変身後の姿のイラストだけを見たい人にとっては検索妨害になってしまうので、そのような行為は避けるべきである。

また、変身後の姿しか描かれていないイラストに対して、『美墨なぎさ』等の変身前の姿のタグを付ける行為に関しても同様に避けるべきである。

中にはもちろん、変身前後の姿の両方のタグが付けられている事を気にしない人もいるだろうが、検索の際に気になるという人もいるため、そのような人への配慮としてタグの使い分けをしっかりと行う事が推奨される。


関連タグ

プリキュア

ふたりはプリキュア

ふたりはプリキュアMaxHeart

キュアブラック

雪城ほのか

九条ひかり

メップル


主役キュア」タグ

美墨なぎさ日向咲

関連記事

親記事

ふたりはプリキュア ふたりはぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20406989

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました