ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

シリーズ第一作『ふたりはプリキュア』、およびその続編『ふたりはプリキュアMaxHeart』に共通して登場する闇の勢力。


ジャアクキングが統べる闇の世界で、「虹の園」とは別次元に存在する。

ふたりはプリキュア』では、「生命の石=プリズムストーン」を光の精霊から奪うために人間の世界に侵攻しており、プリキュアと激闘を繰り広げる。

続編『ふたりはプリキュアMaxHeart』では、四天王が前作の最終回で消滅したジャアクキングを復活させ、そして光の精霊たちの長であるクイーンの復活を阻止するために、打倒プリキュアを目指す。


彼らが迫ると上空が紫色に染まり、一般人が深い眠りに覆われてしまう(強盗等の例外も一応あるが、その時はドツクゾーンの攻撃で全員気絶している)。

また、ワープが主体な為か、追跡時は走らずに歩いて追い詰めている。



構成員

上層部

ジャアクキング(声:小野健一
ジャアクキング
ドツクゾーンの「闇の帝王」。宇宙の闇から生まれた存在。幾度もプリキュアに敗れては復活するが、最終決戦で完全に倒された。
洋館の少年(声:寺田はるひ
クリスマスの準備
ふたりはプリキュアMaxheart』から登場。ジャアクキングの「命」の化身。第45話でジャアクキングに吸収されるが、後に九条ひかるとして生還。

ダークファイブ

ふたりはプリキュア』の前半まで暗躍する5人の幹部。いずれも「闇」の概念から生まれた魔物で構成されている。

いずれも「光の園」から奪った「プリズムストーン」を1つずつ所有し、残りのプリズムストーンをも奪う為にプリキュアを襲撃する。


ピーサード(声:高橋広樹
\15周年おめでとう/
歌舞伎役者のようなダークファイブの一員。最初にプリズムストーン奪取の任務に就く。第5話で殉職。
ゲキドラーゴ(声:石井康嗣
※ふたりはプリキュア
体操選手のようなダークファイブの一員。ピーサードの後任として第6話から行動する。第11話で殉職。
ポイズニー(声:雨蘭咲木子
落書き
妖麗なダークファイブの一員で、キリヤの姉。ゲキドラーゴの後任として第12から行動する。第20話で殉職。
キリヤ/入澤キリヤ(声:木内レイコ
キリヤくん
少年の姿をしたダークファイブの一員で、ポイズニーの弟。第21話でプリキュアの行動で改心し、自ら消滅する道を選ぶ。
イルクーボ(声:二又一成
[プリキュア] ダークファイブ・イルクーボ!!
ダークファイブのリーダー格。ポイズニーの後任として第22話から行動する。第26話でジャアクキングに粛清される。

3人の闇の戦士

『ふたりはプリキュア』の第27話から暗躍する3人の幹部。いずれもジャアクキングが放った闇の種から生まれた存在。

プリキュアに倒されたジャアクキングの復活を目論み、プリキュアが持つ「プリズムストーン」を奪おうとする。


ジュナ角澤竜一郎(声:松本保典
角澤くん
最初に誕生した長身の闇の戦士。普段は生真面目な男性の姿をしている。第47話で仲間と合体する。
レギーネ小山翔子(声:深見梨加
センシティブな作品
2番目に誕生したカールヘアの闇の戦士。普段は弱気な女性の姿をしている。第47話で仲間と合体する。
ベルゼイ結城玄武(声:西村知道
ベルゼイが本気になったようです
3番目に誕生した小柄な闇の戦士で、3人のリーダー格。普段は狡猾な老人の姿をしている。第47話で仲間と合体する。
巨人(声:西村知道)
合体形態
第47話・第48話に登場。ジュナ、レギーネ、ベルゼイが合体した闇の戦士。最後はジャアクキングに吸収される。

闇のファイター

第2シリーズ『MaxHeart』から登場する4人の幹部。いずれもドツクゾーンに渦巻く闇のエネルギーから生まれた存在。

プリキュアに2度倒されたジャアクキングを完全復活させる為、ジャアクキングの「命」を司る洋館の少年を守り育てながら、「光の園」のクイーンの復活を妨害する目的でプリキュアの始末を目論む。


サーキュラス(声:上別府仁資
サーキュラス
最初に誕生した長髪の闇のファイター。状況を冷静に分析する参謀的な存在。第46話で殉職。
ウラガノス(声:高木渉
プリキュア合作企画用絵 ウラガノス
2番目に誕生した巨体の闇のファイター。怪力だが人の話をあまり聞かない。第46話で殉職。
ビブリス(声:小林愛
ビブリスさん
3番目に誕生した短髪の闇のファイター。用心深く自信家で強気な性格。第46話で殉職。
バルデス(声:小野健一)
バルデス
最後に誕生した不気味な闇のファイター。メンバーが認める実力者。正体はジャアクキング本人で、第47話で正体を現す。

その他のメンバー

魔女(声:勝生真沙子
プリキュアキャラに水着を着せるのが流行っているようなので
映画版1作目に登場。ドツクゾーンの魔女で、ジャアクキングの復活を目論む。「希望の園」を襲撃するが、最後は彼女たちに倒された。
フリーズン(声:檜山修之)、フローズン(声:草尾毅
ミルキィローズのお師匠さんたち
映画版2作目に登場。ドツクゾーンの2人組の氷の戦士で、世界の支配を目論む。「雲の園」を襲撃するが、最後はプリキュアに倒された。

怪物・執事

ザケンナー(声:上別府仁資→滝知史
VSザケンナー
ドツクゾーンが使役する怪物。「怒れる天空の妖気」が素となり、物体・生物に憑依して誕生。浄化されると「ゴメンナー」へと変化して散り散りになる。
執事ザケンナー(声:小松里歌〈A〉、滝知史〈B〉
執事ザケンナー
ドツクゾーンの執事を務める2人組のザケンナー。第1シリーズでは3人の闇の戦士に仕え、第2シリーズからは洋館の少年闇のファイターに仕える。

協力者

ポンメルン(声:横島亘
ジェントルマンッンーッ↑ですからネェ
グランブルーファンタジー』の登場人物。エルステ帝国に所属する軍人。野望の為にピーサードを復活させるが、彼の「ジャアクキングを復活させる」という野望に付きあわされる。

闇から生まれし者

プリキュアに倒された戦士は跡形もなく消滅するが、この現象について作中では「闇の世界に還った」という表現がなされている。また、記憶はジャアクキングに引き継がれる模様。

最初の刺客であるピーサードを倒した時、キュアホワイトが相手を殺めたのではないのかとショックを受けた際、メップルがそのように説明した。

「闇の世界に還る」というのがどういった状況なのかは不明だが、少なくとも人間の世界や光の園に姿を表すことができなくなるのは間違いない。また、構成員にとって闇に還ることは自らの存在の消滅を指しているらしい。


プリキュアシリーズ屈指の人数

歴代の敵で唯一2年間続けてプリキュアと戦い続けただけあって、歴代の敵でメンバー数が最多なのは、2000年代の敵に限ればドツクゾーンである(2010年代に限れば最多はクライアス社

姿と名称不明なメンバーを含めれば幻影帝国の方が多く、終わりなき混沌が後に並ぶ一方、キラキラ☆プリキュアアラモードに至っては悪い妖精が元々メンバーとは言えないので除外)。


ジャアクキングを含めてTV版で登場したメンバーだけでも12人(少年とバルデスはジャアクキングと同一存在であるから)。

派生作品における劇場版の魔女、フリーズン・フローズン、ゲーム版のハカセを含めると16人となる(クライアス社も同じく16人)。


関連タグ

悪の組織

プリキュアの敵一覧

ふたりはプリキュア

ふたりはプリキュアMaxHeart


プリキュア歴代敵組織

ドツクゾーンダークフォール

関連記事

親記事

ふたりはプリキュア ふたりはぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62402

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました