ピクシブ百科事典

エルステ帝国

えるすてていこく

エルステ帝国とは、『グランブルーファンタジー』に登場する国家。
目次[非表示]

概要

エルステ王国を前身とする帝国。首都は「帝都アガスティア」。
建国から僅か十年ほどでファータ・グランデ空域に強大な支配圏を築き上げた。

国家君主である「皇帝」は表に姿を現す事はなく、その詳細を知る者はごく限られる。
直接的な統治は、建国時に活躍した「七曜の騎士」たちが代行している。王政から帝政に移行したのは騎士の一人「黒騎士」の意図によるもの。

帝国の版図拡大はその軍事力に依る所が大きく、帝国は常に己が力となるものを求めている。
代表例として「星の民」にしか従わないとされる「星晶獣」の力を得るために、そのコントロールの鍵となる人物の自由を奪って実験材料にしたり、狂気と引き換えに潜在能力を引き出す「仮面」の研究を行ったりしている。そのためなら傘下でない島を平気で侵攻し、征服し、破壊し、時には沈める事も辞さない。そのため、傘下外の諸国(ポート・ブリーズやバルツ公国など)からの評判は非常に悪く、国、組織、騎空団単位で敵が多い。主人公達の騎空団もその一つであり、ファータ・グランデ空域で繰り広げられる本編「蒼の少女編」では最初から最後まで主人公達の敵として立ちはだかる。

人物

黒騎士(CV:朴璐美) ※リンク先ネタバレ注意

グランブルーファンタジー グラブル 黒騎士


主人公やルリア達の前に幾度となく立ちはだかる、正体不明の騎士。
エルステ帝国においては最高顧問とされているが、裏では独自の思惑で行動している。
劇中では表立った敵対こそしないものの、各所で主人公達と対峙することに。
後に冤罪をかけられて帝国から離反。紆余曲折を経て行方不明になってしまうが、無事に保護された。
オイゲンとは因縁があり、彼の事を非常に嫌っている。

オルキス(CV:茅原実里)

オルキスちゃん


黒騎士と行動を共にする、謎めいた少女。黒騎士からは「人形」と呼ばれている。
星晶獣の力を吸収できるなど、ルリアと似たような不思議な力を有すとされているが、何故黒騎士と一緒に行動しているのかは不明。

ポンメルン(CV:横島亘)

ジェントルマンッンーッ↑ですからネェ


帝国の将校で、階級は大尉。語尾の大半が「~ねェ」になるのが特徴的。
ルリアを連れ戻すためにザンクティンゼルを襲撃した際、抵抗した主人公へヒドラを召喚してけしかけ、殺害した。
しかし離反した部下のカタリナや復活した主人公の活躍により、ルリア達の逃亡を許してしまう。
挙句その失態から失脚したため復讐に燃えており、メインストーリー以外でも各地の星晶獣を巡って幾度となく衝突を繰り返すことに。

フュリアス(CV:三瓶由布子)

フュリアスまとめ


ポート・ブリーズに侵攻してきたエルステ帝国の少将。広いおでこに眼鏡と、いかにもインテリ風。
ハーヴィン族であるためか身長が小さく、傍から見ると少年と見間違えられそうな外見をしている。しかしその本性は極めて傲慢で、敵である主人公達はおろか同胞すら見下し、相手の気分を著しく害す口調や言葉をあえて選ぶなど、内面はかなりドス黒いものを抱えた人物。

フリーシア(CV:甲斐田裕子)

フリーシア


エルステ帝国の宰相を務めるエルーン族の女性。皇帝に心酔している。
目的のためなら手段を選ばず、部下はおろか民間人でさえ容赦なく犠牲にする卑劣な性格。
もともとはエルステ王国で代々宰相を務める家系の出身で、星の民にたいして深い憎しみを抱いている。
後に黒騎士を奸計に陥れて失脚させ、自身の悲願達成のため、ある計画を実行に移す。

ガンダルヴァ(CV:宮内敦士)

ガンダルヴァつめ


帝国の中将を務めるドラフ族の男性。
元々は「秩序の騎空団」で船団長を務めていたが、碧の騎士ヴァルフリートに力を至上とする非道なやり方を咎められ、決闘の末、秩序の騎空団を退団した。以来、ヴァルフリートとその娘リーシャに固執する。
強さこそが全てだと豪語し、力を認めた相手にしかその大刀を抜くことはない。

アダム(CV:新垣樽助)

アダム大将


エルステ帝国軍大将。
エルステ王国時代からの忠臣であるものの、出身や経歴など、そのほとんどが謎に包まれており、エルステ帝国内でも一部の上層部のみが知る極秘事項とされている。
中将ガンダルヴァも認めるほどの実力を有しているが、軍部では主に国防を担当しており、帝都アガスティア、及びその周辺の防衛を取り仕切る。

ロキ(CV:白石涼子)

センシティブな作品


明るく無邪気な仮面を被り、他者に混乱と恐怖をもたらすことに愉悦する者。
その素性は謎に包まれている。傍らに従えるフェンリルのように、ルリアやビィ、ロゼッタを手に入れようと画策している。

フェンリル(神撃のバハムート)

七曜の騎士

プレイアブルキャラクター

ルリア
カタリナ・アリゼ
ヴィーラ・リーリエ
ロザミア(グラブル)
ファラ(グラブル)
ユーリ(グラブル)
ジャミル(グラブル)
メルゥ(厳密には相棒のさっちゃん)

関連タグ

勢力一覧(グラブル) 全ての元凶 ヴィラン だいたいこいつのせい



































































































深淵

元々は聖地メフォラシュを本土とする王国であった。ゴーレム作りによって繁栄しており、当時の空の民の中では最も栄えていたが、覇空戦争においてゴーレムが全くと言っていいほど役に立たず、その技術力も星の民の圧倒的な技術力(星晶獣など)に蹂躙され、衰退の一途を辿ることとなった。それが納得いかない宰相閣下フリーシアは、あらゆる手段…それが我が国を陥れた星の民の技術であっても惜しみなく利用し、永遠に繁栄するエルステを取り戻すためにあらゆる暴挙に出る事となる(ルリアの一件も突き詰めるとここに行きつく)
その一方で星の民と一定の交流があった唯一の国家である、という一面も持つ。当時としては最先端のゴーレムの技術供与および、戦敗者のかくまい等を理由として星の民からも一部の技術、そして星晶獣「デウス・エクス・マキナ」を供与されている。この星晶獣を利用して完璧なゴーレム(要は心を持つゴーレム)を産み出すために暗躍するもことごとく失敗、そしてとある事故が発生し、これが黒騎士暴走のきっかけとなる。また、一部の星の民が国王と関係をもった事で、エルステ王家の一部人物には星の民の血が流れているとされている。
しかし、王家の末裔はとある事故によって中ばいなくなったも同然の状態になり、それを機に黒騎士が帝政に移行させ、一方で(衰退の原因である星の民と関わりを持つ)不愉快な存在が消えた事を理由にフリーシアは裏で「歴史修正」という禁忌に触れるために暗躍する事となる。

こうしたエルステ帝国の内情を含めた複雑な戦いに、何の因果か主人公が巻き込まれた事により、このゲーム「グランブルーファンタジー」の物語が始まったのであった

関連記事

親記事

勢力一覧(グラブル) せいりょくいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルステ帝国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17261

コメント