ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

前作「ふたりはプリキュア(無印)」で2度にわたり撃破されたジャアクキングが生み出した2度目の策の産物。倒される寸前にクイーンに打撃を与える形で光の力を弱め、闇の力の完全消滅を阻止する形で望みを繋いだ。その闇の力から生まれた4人の戦士たちである。

「わずかに残った力で未来への望みを繋ぐ」と書けばまるで主人公側の設定に使えそうなこの状況、奇跡は主人公の特権ではないということだろう。

その力は、かつてのダークファイブでいうところのリーダーであるイルクーボを引き合いに出すと、四天王誰もがそれを上回り、出現するだけで周囲の人々の意識を失わせることができる。また、二度にわたるジャアクキングの敗北から彼らが学んだ点は多かったらしく、プリキュアの抹殺を直接の目標としたほか、ジャアクキング復活のための活動を行う点からは種の三者のような謀反の気配も無い。


メンバーは以下の通り。


ジャアクキング復活のために奮闘すると言ってしまえば、子分が意識の無い親分のために甲斐甲斐しく戦っている構図に見えるが、そこにはちゃんとカラクリがあった。


余談編集

彼ら4人を「四天王」とまとめて呼びのは一部の関連書籍でされているものだが、劇中でそう呼ばれることはない。公式設定的には「闇のファイター」とされているが、これも劇中でそう呼ばれることはない。

そもそも本編ではなぎさもほのかも敵の名前やチーム名など覚える気は無く、最後の最後まで「あんたたち」呼ばわりであった。というか、なぎさとほのかが敵キャラの名前をちゃんと認識しているのはジャアクキングキリヤだけである。


後期EDでは少年執事ザケンナーらと共にサンタの格好をしているカットがあり、満更でも無さそうである。


関連編集

ふたりはプリキュアMaxHeart(記事)

ジャアクキング ダークファイブ 種の三者

関連記事

親記事

ドツクゾーン どつくぞーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5292

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました