ピクシブ百科事典

終わりなき混沌

おわりなきこんとん

終わりなき混沌とは、『魔法つかいプリキュア!』に登場するデウスマストの異名・二つ名。ファンからは便宜上「デウスマストに仕える眷属をまとめて呼ぶ時の組織名」として扱われる。
目次[非表示]

概要

これまでプリキュアと敵対していた勢力「闇の魔法つかい」に代わり、第27話から本格的に始動したプリキュアの敵対勢力の暫定的な呼び名。
彼らは自らのことをデウスマストと呼ばれる存在の眷属だと自称している。
第22話から眷属の一人であるラブーが登場していたが、第26話までは闇の魔法つかいの残党であるヤモーを利用して暗躍していたため物語には直接関わってこなかった。第26話でそのヤモーがプリキュアに倒されたため、それ以降からはプリキュアを妨害する敵組織として表舞台に出てきた。

デウスマストとは、いつの日か天から降臨して地上に破壊と混沌をもたらすと予言された根源的災厄である。
現代に復活した眷属たちはその降臨の日はもうすぐであると述べており、「全ての大地と命が混沌に帰り、新たな混沌の糧となる」「もうすぐ君たちの世界がめちゃくちゃになる」と物騒なことを宣言している。
なお、デウスマストの眷属たちは魔法界とナシマホウ界を「繋がった一つの世界」のようにみているという特徴があり、彼らが作中で「この世界」などという場合はその話の舞台になった世界という意味ではなく、魔法界とナシマホウ界の双方を含んだ言い方になる。

デウスマストの眷族たちは、デウスマストを敬称をつけず呼び捨てにする。
これは歴代のプリキュア敵組織の中でも例のないことである(前作以前において敵組織の幹部がそこの首領格を呼び捨てにする場合は、何らかの理由で首領格に対する忠誠心がなくなった時であった)。
ただ、名前が判明する前ラブーが「あのお方」と呼称していたことからも解るように、主を敬う心に欠けていたり、幹部裏切りを画策してあえて呼び捨てているわけではない。

眷属たちの間には上下関係というものはなく、チームを統率するリーダーみたいな役割を担う者もいない。
俗っぽい名誉欲にこだわる連中ではないので、仲間を出し抜いて手柄を独り占めみたいな考え方をするものはいない。その一方で、彼らは仲間と協力して物事に立ち向かうという概念自体がない。万能の力を持つ彼らは一人でなんでもできるのが当たり前なのだ。
そのため、他の同志がやることに干渉はしないことが紳士協定のように根付いており、仲が悪いわけではないがかなりビジネスライクな関係。

元をただせば、クシィの末路を含めて全ての元凶である。

目的

デウスマストが地上に降臨するまでに邪魔者を「お掃除」することが、目覚めた眷属に与えられている使命である。
その邪魔者とは「デウスマストに立ち向かえる意志と力を持つ者」、つまりは魔法つかいプリキュアキュアミラクルキュアマジカルキュアフェリーチェのことである。

なお、デウスマストの眷属たちは目覚めるまでプリキュアという存在について聞いたことさえなく、リンクルストーンリンクルスマホンのことさえ知らなかった。
プリキュアを排除対象と認定したのは、この現代で目覚めてプリキュアの活躍を実際に目の当たりにした結果である。
その意味では、プリキュアたち以上にプリキュア伝説やリンクルストーンのことに造詣が深かかった闇の魔法つかいとは対極をなす。

また、闇の魔法つかいがリンクルストーンの力を強く欲してプリキュアを付け狙っていたのに対して、デウスマストの眷属たちは自らこそが最強と信じて疑わないので、「すべての願いが叶う」とされる「リンクルストーン・エメラルド」さえ別に欲しがることはない。
ただし、オルーバはリンクルストーンを「厄介そうなもの」とは感じている。

重要な点として、眷属たちは「プリキュアがデウスマストを脅かす」ことは全く考えていないことがある。
眷属たちがプリキュアを危険視しているのは、万が一降臨までにプリキュアを倒せなければ自分たちの沽券に関わるというプライドゆえであり、眷属たちがプリキュアに全員やられても、そのプリキュアは結局はデウスマストの降臨によって混沌に帰されるというのが眷属たちの大前提である。
眷属たちは、降臨したデウスマストに愚かで醜いものを見せるのは失礼に値するので、それらを「お掃除」しているにすぎない。
眷属たちが一番嫌っているのは、デウスマストが降臨してもなんとかできると信じてしまうような勇気と力ある連中であり、無意味で無駄な努力をするものを最も蔑視する。
しかし最終決戦にて、この慢心振りが結果として命取りとなっている。

マザー・ラパーパとの因縁

太古の昔、デウスマストとその眷属たちは「花の海」と呼ばれる世界に侵攻し、その世界を守護していた「マザー・ラパーパ」という全ての命の母とも言える存在と激しい攻防をしていた。
激闘の末、マザー・ラパーパの強大な能力によってデウスマストは宇宙の彼方へと追放され、デウスマストの眷属たちは封印されるという結果になる。
しかし、デウスマストたちとの激しい攻防の影響によって花の海は2つの世界に分離してしまい、その1つは後に「魔法界」となり、もう1つは後に「ナシマホウ界」(人間界)となる。

花の海が2つの世界に分離した際、封印されたデウスマストの眷属たちはナシマホウ界の方に置かれることになった。
ラブーは砂漠地帯の古代遺跡にあったランプ、シャーキンスは洞窟にあった道祖神のような石像、ベニーギョは博物館にあった土偶のような土器に封印されていた。
また、作中に登場している眷属以外にも多くの同胞がいるらしいが、まだ封印状態とのこと。
第36話の時点で、まだ目覚めていない眷族が最低でも7人いることが判明している(雪山の頂上、氷山に近い海中、滝が流れている川、洞窟の中の氷、スフィンクスの内部、パルテノン神殿風の遺跡、溶岩溜りの岩石などに封印されている)。

これらの屈辱的な経緯があるため、デウスマストの眷属たちはマザー・ラパーパおよび彼女の強大な能力を最大限に警戒しており、オルーバはマザー・ラパーパの力とプリキュアの力は関連性があるとして危惧している。

オルーバ、ラブー、シャーキンス、ベニーギョが封印から脱出できたのは、第21話で闇の魔法つかいドクロクシーの「闇の魔法」の力が世界を飲み込もうとした時に、その闇の魔法の力が4人の封印にダメージを与えたためである。
さらに、闇の魔法が封印を弱めたというのは偶然ではなく、オルーバが封印される前に復活のための種を撒いた結果でもある。

そして、第45話にて、オルーバが浄化され消滅する間際に自身の残されたすべての力を使って、今だ封印状態にある眷族たちの力を活性化せれる事に成功し、いよいよ他の者たちも復活の兆しを見せ始める。
その結果46話で残りのメンバーも復活を遂げたようだが、オルーバの力が殆ど力を使い果たしていた事もあり、意識だけが覚醒しているという中途半端な状態での復活となってしまった。

ムホー(ムホウ)

デウスマストの眷属たちは魔法は使わないが、その代わりに「ムホー」と呼ばれる混沌の力を行使することができる。
呪文の詠唱も魔法の杖も必要なく、ただ指パッチンなど簡単なジェスチャーだけで世界の法則を歪めて不可能を可能にする脅威の能力である。
魔法とは修練を重ねる事で習得できる専門技術であるが、ムホーはデウスマストの眷属ならば生まれながらに備わっている才能である。
そのため、ムホーは魔法と言った学問的なものではなく、一種の超能力に近いものと言える。

眷属たちはムホーの能力を発動することで魔物・ドンヨクバールを生み出して使役している。このドンヨクバールは、ドクロクシーの手下たちが闇の魔法で生み出す怪物・ヨクバールと酷似している。
実のところ、ドクロクシーの手下たちが使用していた「闇の魔法」とは、ムホーを魔法で再現することを目指して開発された魔術体系であり、従来の魔法と呪文などが大きく異なったのはそのためであると思われる。
闇の魔法はデウスマストの眷属でなくても習得および使用ができる反面、本家本元であるムホーと比べてその能力面および利便性が著しく劣る。
ドクロクシーの手下たちは普通の魔法つかいを「くだらない魔法しか使えない愚かな連中」と見下していたが、一方でデウスマストの眷属たちはその闇の魔法を「ムホーの真似ごと」と称して見下している。

ナシマホウ界の人間から見ると魔法もムホーも超自然の力として似たようなものだが、ムホーが魔法と大きく異なるところは「守るべきルールがない」ことである。
本作における魔法は体系的な学習が必要な技術であり、ルールに則って使わないと失敗する。
また、魔法とは「周囲のエネルギーに対してお願いをする対話」のような物であるため、世界そのものの意思が望まぬ使い方もできない。
さらに言えば、魔法で簡単に出来ることだとしても魔法を使わず自分の力でやることも大切だという倫理と規範がある。
後期エンディングテーマの一番の歌詞にある ♪「自由はステキといっても ルールはあります お約束」♪ のフレーズは、本作の魔法のあり方を小さい子供たちにストレートに伝えているのだ。
ところが、ムホーの使い手は一切のしがらみや制約に縛られずに力を振るうことができる。
ラブー曰く、ムホーとは“地上のあらゆる道理を超え、強大なエネルギーを自在に操る力”であるらしい。力づくで自然法則に干渉するムホーの力は世界の意思が望まぬ事象も起こせるようだ。
また、デウスマストの眷族たちは生まれつきムホーの能力を行使できるため使い方のルールを学ぶ必要がないため、勉強しないと使えない「魔法」というものを“無駄な努力をして習得する脆弱な力”と完全に見下している。
そして当然ながら、彼らは人間社会の倫理や規範なぞ気にせず欲望のままに万能の力を弄ぶ。
混沌(CHAOS)に属する勢力である彼らは、秩序(COSMOS)とは反する存在ということである。
それ故に、魔法によって絆を繋げてきたプリキュアとは相いれることはない。

「守るべきルールや秩序に従わぬ者たち」とはすなわち無法者である。「ムホー」というネーミングはここから取られている。
ムホーの力で召喚されるドンヨクバールにも「ドン」("首領"を意味する単語)というギャングヤクザがモチーフになっている要素が伺える。
女児向け作品らしかぬ荒いモチーフという点では、初代のプリキュア作品である『ふたりはプリキュア』に登場した敵勢力「ドツクゾーン」のリスペクトかもしれない。

なお、絶対的な力に見えるムホーにもただ1つだけ弱点があり、純粋な強大な力を持つムホーは成長の概念自体が無い為に使い手の思いの力によって力が増大する可能性=成長していく力ともいえる魔法に打ち破られる可能性がるという欠点を持つ。

なお、表記はTV放送上の字幕においては「ムホー」という表記だが、公式サイトや雑誌などでは「ムホウ」という表記なっていることもあり、あまり統一化がなされていない。

本拠地

封印から解放されたデウスマストの眷属たちは、見まわす限りの全てが薄暗い雲に覆われている天空の空間に集ってくる。そのため、この空間が眷属たちのアジトとも言える。
この空間は本当に鈍色の雲海が続くだけの何もない殺風景な空間であるが、眷属たちは人間的な感覚とはかけ離れた存在なので特に何も気にしせず、全員が浮遊能力を持つので地面がなくても困りもしない。
この天空の空間が人間界もしくは魔法界の上空にあるのか、それとも亜空間のような場所なのかは不明である。
デウスマストの眷属たちは、ムホーによる転移能力でどんな場所からでもこの空間に転移できるし、どんな場所に行くことも可能である。
眷属たちが人間界や魔法界に現れる時は、天から降り立つように登場する。そして、自分たち以外の存在を「地上の者たち」と語る。

構成員

支配者

這い寄るじゃない終わりなきだよ



眷属

ラブー



[イメレス素材]シャーキンスが借金す



ベニーギョさん



オルーバ様まとめ



  • その他の眷属
上記4人以外の8人の眷属。いずれも個体別の姿は現さず、復活当時のシャーキンス・ベニーギョと同じ思念体の姿と黒いローブを羽織った姿のみ登場。
第45話でそれぞれの封印にダメージが与えられ、46話では意識の一部だけ蘇るが、実体化もできず会話もなりたたないくらい低い意識レベルでの復活だった。
結局、47話でベニーギョが最終形態へ変化する際の触媒として吸収された。
しかし、眷属の封印とデウスマストの封印は繋がっているものだったため、この8体の封印が弱まったことでデウスマスト本体が封印から完全脱出することに成功した。

協力者

【まほプリ】チクルンを描いてみた



パフュ一ムのアレ



怪物

どんよくば~~~る



映画版で登場する眷属

クマモフ



※1 眷属4人の口を借りて言葉を発するため、デウスマスト個人の声優はなし。
※2 後に離反
※3 ガメッツだけは最終形態のまま
※4 劇中では一切描写されないが、設定上ではデウスマストの眷属だとされている。

モチーフ

デウスマストの眷属たちは「伝承に登場する人ならざるもの」を元に設定されており、姿などのモチーフは「神や物の怪」といった存在である。
本作のシリーズディレクターである三塚雅人によると、ラブーは「ランプの精」、シャーキンスは「烏天狗」、ベニーギョは「雷神」をイメージにされているという。オルーバについては明言されていないが最終形態の外見から「堕天使」だと思われる。

名前の由来は諸説あるが、「パワーストーン」から来ているという説が有力である。

  • ラブー→「ラブラドライト
  • シャーキンス→「アベンチュリンの和名・砂金石
  • ベニーギョ→「カーネリアンの和名・紅玉随
  • オルーバ→「オパール
ちなみに、あまねく命の母・マザー・ラパーパの力の象徴である「リンクルストーン」も、ダイヤルビーサファイアトパーズエメラルドアレキサンドライトなどのパワーストーンがモチーフになっている。
また、デウスマストの眷属は全部で12人、リンクルストーンも全部で12個という共通点があり、マザー・ラパーパの力の象徴であるリンクルストーンは義のパワーストーン、デウスマストの眷属たちは悪のパワーストーンというイメージがあるのかもしれない。

プリキュアとの関わり

第1部の悪の勢力である闇の魔法つかいドクロクシー一派は、「プリキュアの前に立ちふさがる障害にすぎない」というポリシーで演出されており、敵側にどれだけ悲しい事情があっても、それについてプリキュアや視聴者に理解を求めるような演出は抑制的にされていた。
第2部の悪の勢力である終わりなき混沌・デウスマスト一派が登場してからはその傾向はさらに高まっている。

例えば、ドクロクシーの手下たちは外見こそは怖いものの主な任務が「リンクルストーン・エメラルドの捜索」であるためプリキュアとの会話を極力避けることになり、その結果プリキュアに対して「煽り」や「恫喝」などをする描写が少ないために、悪役の中身としての怖さはあまり強調されることはなかった。
しかしデウスマストの眷属たちは外見が怖いのは勿論、主な任務も「邪魔なプリキュアの排除」であるためプリキュアとの会話も必然的に多く、その結果プリキュアの身近な人物を巻き込んでは積極的に「煽り」や「恫喝」も強行するため、外見だけでなく中身も「悪くて怖い絶対悪」という悪役に仕上がっている。
また、ドクロクシーの手下たちは多少なりとも仲間意識があることを示唆する描写があったが、デウスマストの眷属たちは同胞の殉職にも一切の同情をせずそれどころか罵倒をしたり見下したりするなど、本当の意味で仲間とも慣れ合わない関係を強調されている。
敵キャラクターの退場の仕方についても、ドクロクシーおよびその手下たちはプリキュアによって倒された後に「本来の姿(小動物の姿)に戻される」「魂が解き放たれて成仏する」といったある種の優しいイメージがあったが、デウスマストの眷属であるラブーはプリキュアに倒された時は文字通りの「消滅」という末路を迎えているためこのシリアスな殉職の仕方も原点回帰と言えるだろう。

一方、プリキュアに変身する朝日奈みらい十六夜リコ花海ことはは敵に対して同情することは滅多にしないタイプであり、敵を倒すことへの迷いなどは一切見せず悪は悪としてちゃんと倒すという描写が強調されている。
そもそもみらいたちは「プリキュアとしての使命」よりも「自分たちの日常」に重点を置いており、襲撃してくる敵は「邪魔者」以外の何者でもないため、敵に対して興味を持つことはほとんど無い。
実際、みらいはデウスマストの眷属のラブーと初めて対面した際に「あなたが何者だろうと関係ない!」 「みんな(リコとことは)で一緒に楽しもうって決めたから」と強い意志表示を示し、自分たちに害を及ぼそうとするラブーをきっぱりと突き放している。
長瀬まゆみが失恋して落ち込んでいる時にシャーキンスがあらわれた際はみらい、リコ、ことはは全員で無視を決め込んでおり、敵に対しては2の次3の次の扱いをしている。
このように、プリキュアたち自身が敵に基本同情せず敵と慣れ合わない姿勢は、現在のプリキュアシリーズでは珍しい方に入るが、初期の作品群(鷲尾天がプロデューサーをしていた頃)ではよく見られていたものでもある。



ちなみに、本作での悪の勢力を前半(闇の魔法つかい)と後半(終わりなき混沌)とでガラッと変えるという設定は、本作のシリーズディレクターである三塚雅人氏がまだその役職に就いていない時期に鷲尾天プロデューサーが三塚氏に提出した企画書の中にすでにあった要素である(『フェブリ』の三塚雅人氏へのインタビューにて)。

勢力名について

「終わりなき混沌」というのは本来はデウスマスト個人に対する称号であり、実際の本編上で組織の名前として呼ばれているわけではない。
そもそも、アニメ本編上でデウスマストの勢力を何らかの名称でまとめて呼ぶことが全くない。プリキュアや校長は「あの人達」「あの者達」としか言わず、デウスマストの眷属たちも自分と同胞をまとめて呼ぶ時は「俺たち」「我ら」としか言わない。

ABC朝日放送側の公式サイトのキャラクター紹介ページではデウスマストの眷属たちは「デウスマストの眷属」というそのまんまの名前のカテゴリにまとめられており、組織名自体が存在しないという扱いになっている。
「謎の敵」と言う表現もされており、元をただせば本作の敵全体はプリキュア達が事前情報が無いので間違った表現でもない。
東映アニメーション側の公式サイトでは10月12日になってからようやく「終わりなき混沌デウスマスト」としてチクルンを含めたラブー達が紹介されている。

Pixivのタグとしてはデウスマストの勢力をまとめて表すのに「終わりなき混沌」がよく使われているので、それでピクシブ百科事典ではそれを便宜上の組織名として記事化している。

余談

勢力としては、ドツクゾーン以来の構成員が全滅した勢力である。
九条ひかるを構成員として勘定した場合はプリキュア初。但し番組としては、闇の魔法つかいが生存しているため該当しない。)

関連タグ

魔法つかいプリキュア! 闇の魔法つかい プリキュアの敵一覧

闇の魔法つかい←終わりなき混沌→キラキラルをうばう存在

その他

ロイヤルナイツ…似たような2部の悪の組織→デジキュア
ジンドグマ…同上にして第1部のラスボスの方が第2部のラスボスより強く感じた点が共通→キュアライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「終わりなき混沌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70628

コメント