ピクシブ百科事典

ヤモー

やもー

ヤモーはアニメ『魔法つかいプリキュア!』の敵キャラクターである。
目次[非表示]

「わたしの言葉は、すなわちドクロクシー様のお言葉。逆らうことは許しませんよ!」
CV:高戸靖広

概要

闇の魔法つかいであるドクロクシーヤモリから作り出した怪人。
ドクロクシーの手下たちの中ではもっとも偉く、側近と言える立ち位置。
普段はドクロクシーと共に本拠地で活動しているため、プリキュアと対面することは滅多にない。

貴族の様な縦ロールの髪型と黒のシルクハットに茶色のブレザー、首には黒色の蝶ネクタイを身に付けた格好をしている小男で二足歩行するヤモリそのものの姿をしている。

首領のドクロクシーの意思を感じる事の出来る唯一の存在である為、部下にすら何も語らないドクロクシーに代わって、実質的に彼が首領代行として幹部に命令する役目を担っている。
しかし、何か重要な秘密を独占してほくそ笑んでいるようなそぶりを度々見せるため、他の幹部たちからはあまり信用されていない。

スパルダからはーちゃんの存在を報告されただけで、プリキュアが「リンクルスマホン」を手に入れたと気づく等、魔法界の古代の秘密についてもかなりの知識がある様子。

性格

簡単に部下の報告を信じない疑り深い性格をしており、部下には敬語を使いながら慇懃無礼な態度で接している。
基本的には低姿勢だが、憤慨する時には凶悪な性格に変貌し、ドクロクシーの期待に応えられない幹部に対しては高圧的に接する他、役立たずの部下は存在する価値すら無いと考えている。
そのため、敗北した仲間に対する扱いは素っ気なく、そもそも仲間の死自体に興味を示さない冷酷な面もある。
ただし、ドクロクシーのために本来の力を解放しようと決心したガメッツを心配したり、ドクロクシーのためにリンクルストーン・エメラルドを手に入れようとして消滅したバッティを見て取り乱す等、ドクロクシーの役に立とうとする行為に対しては強い感情移入をする。

日々ドクロクシーの憤慨に脅えながら仕えているがその忠誠心は人一倍高く、ドクロクシーが魔法を使用することで力を使い果たすことを常に懸念しており、ドクロクシーが喋るだけでも心配したり、ドクロクシーがプリキュアとの決戦を行った際には酷く取り乱していた程(これがバッティに疑われる所以となってしまったのだが)。
その一方で、主君であるドクロクシーの名を度々騙って悪用しており連敗続きの幹部は「ドクロクシー様がお怒り」と恫喝したり「ドクロクシー様が期待している」というデタラメの激励で部下たちを無理やり従わせている。
ただドクロクシーへの忠誠心自体は本物なようで、作中では一貫して根っからの忠臣ぶりを見せている。

隠し事

闇の魔法つかいの手下の中では唯一ドクロクシーの正体が「クシィ」の残留思念であることを承知していたが、このことは他の手下たちには秘密にしていた。
なお、ヤモーは生前のクシィに対しては全く興味を持っていない。ヤモーが心酔しているのはあくまでクシィの残留思念が闇の魔法によって変質して生まれた「ドクロクシー」という存在である。

基本的に闇の魔法つかいの手下たちは人間という種族を見下している。なのに、自分たちの支配者であるドクロクシーのルーツが人間であることが知れたら、統率が取れないと感じていて他の仲間にも秘密にしていたと思われる。
また、上述のようにドクロクシーは実体を持たない精神体なのだが、この世界で仮初の肉体を維持し続けるために常に大量の魔力を消費し続けている。喋ったり動いたりしないのは魔力の消耗をなるべく防ぐためなのだ。
ドクロクシーは確かに強力な魔法つかいではあるが、同時にとても脆弱な存在でもあるというわけで、このことが白日に晒されれば、ドクロクシーの威信が傷つけられるのではないかと危惧していたのかも知れない。

しかしヤモーは秘密を守るために他の仲間がドクロクシーと接触することを許さなかったため、逆にドクロクシーへの不信を他の仲間に生じさせることになる。
第17話では遂にバッティからドクロクシーは実は人形か何かで、その存在自体がヤモーの作り話ではないかと疑われるまでなってしまった。
また、視聴者からも前例がいた故、ヤモーこそがドクロクシーを操る黒幕ではないかと物語序盤の頃は疑われていた。
(実際はヤモーは黒幕どころかドクロクシーのために全てを捧げる忠臣だったわけだが……)

能力

ドクロクシーが求めているリンクルストーン・エメラルドの在りかを、大きな釜を使った占いにより探索することができる。
占いでわかるのは「いずれかのリンクルストーンが顕現するだいたいの時間と場所」であり、どの種類のリンクルストーンが現れるかまではわからない。
それでもヤモーが示した「だいたいの時間と場所」にいずれかのリンクルストーンが必ず現れており、ハズレはない。
魔法の水晶のお告げのような難解な予言詩の解釈も不要なので、未来予知の能力としてはかなり長けていると言えよう。

また、幹部たちが外出している時でも闇の魔法陣を用いて各地にいる幹部の前に出現することも可能であり、その手段でドクロクシーの意向を幹部たちに伝えている。

更に、自分のしっぽトカゲの様に切り離すことが出来るようで、万が一捕まった場合はこれを切り離して逃げ去る「秘技・しっぽ切り」という隠し技を持つ。

戦闘能力は未知数。そもそも軍師タイプなので戦場に直接出ることはなく、自身の魔法の杖も持たない。
22話で魔力を使い切って疲弊した校長相手ならば自分でも戦えると語っている。逆に言えば、プリキュアどころか普通の魔法つかい相手にもまともには戦えないのかも知れない。

新生形態

大いなる闇をまとい
ヤモーさん。


第22話で、謎の魔人ラブーの「ムホー」によって残っていたしっぽから復活を果たし、さらにはドクロクシーに吸収されていた影響からか彼の闇の力を受け継ぎ、これまでとは比べものにならない程強力な能力を得た姿。
ラブーが使う混沌の力で蘇生した影響からか、魔法の杖が無くても呪文さえ唱えれば闇の魔法を使用することができるようになっている。
それまでとは姿が若干変化しており、身長が少し伸びていて髪型がストレートヘアになっている。また、服装は黒基調のものに代わり若干みすぼらしくなっている。
その結果、どこか没落貴族を思わせる雰囲気となった。

この姿になってからはプリキュアと直接渡り合うために自ら戦場に出向き、ドクロクシーの骨を媒体にしたスーパーヨクバールを召喚して戦うようになった。
スーパーヨクバールは、ドクロクシーを倒されたヤモーの怒りによりそれまでの個体より強化されているので、キュアマジカルキュアミラクルの技では倒せない。しかし、エメラルドのプリキュアであるキュアフェリーチェならば浄化できる。

最終形態

26話にて追い詰められたヤモーが、残された最後のドクロクシーの骨を使い“虫かご”と融合して誕生したスーパーヨクバール形態。

ヤモリの意匠を持つドラゴン恐竜の様な姿をしており、腹部にある檻にことはごとリンクルストーン・エメラルドを取り込み、世界を闇に包み込みドクロクシーが築き上げようとした闇の世界を実現しようと目論む。

大ヤモリ



本編での行動

「私も…ドクロクシー様のお力に…」

ずっとアジトに閉じこもり直接動くことはなかったが、第21話で最終形態になったドクロクシーへの最後の奉公として自らの力を捧げることを決意。
校長とモフルンは愚かな自殺的行為だと必死に引き留めようとしたが、「秘技・しっぽ切り」を使って振り切り、ドクロクシーに飲み込まれることで消滅した。
その瞬間のヤモーの様子は、崇拝するドクロクシーと同化することでその一部になれるという喜悦に満ちたものであった。

しかしプリキュアとの激闘の果てにドクロクシーの仮初の肉体は粉砕され、ドクロクシーの本質であった「欲望の怨念」もはーちゃんによって完全浄化された。ドクロクシーの闇と同化していたヤモーもまた、はーちゃんの発したエメラルドの浄化の光の中に消えていったことになる。

しかし、切り離されたしっぽの部分だけは浄化に巻き込まれず、打ち捨てられて残されたいた。
そして第22話ではそのしっぽから再生を果たし、上述した「新生形態」となって再登場する。

「わ…私は一体…」

復活を果たした直後、ドクロクシーの残骸である5本の骨を入手し、変わり果てたドクロクシーの身体を見て酷く嘆くと同時に、ドクロクシーの仇であるプリキュアに対して強い憎悪の感情を抱き、今は亡き主君のために彼女達への復讐を誓う。
プリキュアの新たな仲間となった花海ことはがリンクルストーン・エメラルドに選ばれた存在であることを知った後は、ドクロクシーの意思を継いで世界を闇で覆い尽くすためにエメラルドを奪うことも目的にするようになった。

ヤモーを再生させたのは謎の魔人であるラブーであるが、ヤモー自身は復活直後はそのことを知らなかったので「どういうわけか再生していた」という認識であったが、23話でラブーが声だけで接触してきて、自分がヤモーを強化させて復活させたことと、自分がラブーという名前であること以上の素性を教えるつもりはないが与えた力はヤモーが好きに使えばいいとだけ伝えた。
ラブーが何を狙っているのかが判断できず疑念を持ったヤモーであるが、復活して手に入れた力を使わない理由はないとして、あえてラブーの掌に乗ってやることにした。
しかし、ヤモーのプリキュアへの襲撃行動はすべてラブーの観察対象となっており、ラブーはヤモーを使ってプリキュアの力を測ろうとしている様子が伺える。
これは、バッティらを利用していたヤモーが、今度は見ず知らずの第三者に利用される立場となったことを意味している。

みらいリコの前に復讐に燃える新生ヤモーが初めて現れた時は、はーちゃんとの別れという代償を支払ってまで取り戻した平穏が再び乱された理不尽を受け入れられず、「やめて…もういい加減にしてっ!!」と強い憤りをぶつけていた。みらいとリコの立場からすれば当然の反応ではあるのだが、孤独の身となったヤモーに彼女達は一切の同情をしていない。
ただし、この直後にモフルンが「笑顔を忘れたらはーちゃんが悲しむ」と無垢な心で説得したため、2人は怒りだけに囚われた戦いはしないように心がけるようになった。
一方のヤモーは主君ドクロクシーを倒された恨みを忘れておらず、完全に憎悪に囚われている。

ドクロクシーを失って孤独の身となってからはプリキュアへの復讐のためにナシマホウ界に駐留している。当初は帽子を深く被って顔を隠した浮浪者のような姿で公園に住みついていたが、子供達に素顔を見られて化物がいると騒がれてからは人目を避けて放浪することを強いられるようになった。
また、ドクロクシーへの揺るぎない忠誠心は神格化の域に達しており、彼のカカシ人形を作って崇めている。
そのカカシに対し本物のドクロクシーに対するのと同じように恭しく語りかけ、あまつさえ聞こえるはずがない主君からの献策を受ける妄想をするにまで至っている。
その姿は狂気じみていると同時に哀れでもある。

憎悪の感情に飲み込まれずに笑顔を忘れなかったことではーちゃんと生きて再会できたプリキュアたちとはまさに真逆の道を辿っていると言えるだろう。

ラストダンス
ヤモーさん詰め


25話では人間の青年に化けて、ことはを罠にはめたが、この時の「(お兄さんではなく)ヤモーさんですよ」というお茶目な台詞はファンの話題をかっさらっていった。

末路

「この私の全てをかけてプリキュアを倒す...」
「ドクロクシー様...どうかこのヤモーに力をお貸しください!」

第26話で、ついにドクロクシーの骨が残り1本となってしまい、亡き主君であるドクロクシーに成り代わって世界を闇で覆い尽くすため、花海ことはが持つ「リンクルストーン・エメラルド」をどんな手段を使ってでも奪うことを誓う。
その時のヤモーの顔は、命を捨ててでもプリキュアを倒すという覚悟を持った表情であるが、同時にどこか疲労に満ちた表情に変わり果てている。

そして、リンクルストーン・エメラルドの化身であることはが家出していたところに遭遇し、彼女が一人でいたことをチャンスとみなし、自身と虫カゴを媒体にして自ら「スーパーヨクバール」と化して、ことはごとリンクルストーン・エメラルドを捕らえる事に成功する。
これは、かつてドクロクシーがはーちゃんごとリンクルストーン・エメラルドを吸収したのと同じ手段である。

やさしさの味



「ご覧くださいドクロクシー様。空を…大地を…闇に染めてみせます!」

リンクルストーン・エメラルドを得たヤモーは、ドクロクシーの強大な闇の力でナシマホウ界を闇に染め続け、ことはの救出に現れたみらいとリコに対しても猛威を振るう。
絶対的な勝利の前に、ヤモーはあの世にいるであろうドクロクシーに語りながら、主君の悲願であった闇の世界を創り上げていく。
そんなヤモーを無視するかのように、キュアミラクルとキュアマジカルは必死の説得でことはと和解を果たし、さらには「ピンクトルマリン」の力でことはを解放され、キュアフェリーチェに変身して3人になったプリキュアたちに逆転されてしまう。

「ドクロクシーさまァァァァァァッ!」

逆転されてもなおヤモーは闇の世界に執着し、自身とドクロクシーの永遠の闇を創ろうと怒り狂う。
しかしキュアフェリーチェの浄化技に耐え切れなかったヤモーはドクロクシーの名を叫びながら浄化され、素体である元のヤモリの姿に戻った。
もはやヤモーとしての自我や感情も何も無くなったはずなのに、ヤモーはどういうわけか自分のつくったドクロクシーのカカシ人形の傍にヤモリとなっても寄り添っていた。それが何を意味するのかは語られることはなかったが、素体となってもなお残り続けていた忠誠心の現れなのだろう。

最後まで忠臣として忠誠心を見せ続け、悪の誇りを貫いて一切の同情もされずに散っていった姿は一部のファンの涙を誘った。

かわいそうなやもり
やもーさん



総括

彼の敗北により、闇の魔法つかいの勢力は完全に潰える事となった。

ヤモー復活とキュアフェリーチェの登場はほぼ同時期だったため、作中でのヤモーはフェリーチェのパワーに圧倒されっぱなしで、正直いってフェリーチェのかませ犬でしかなかったという結論になるのだが、何より救われないのは実際にラブーによって(結果論とは言え)プリキュアの力を測るかませ犬として利用されたことである。
ラブーが、ヤモーを復活させたのは「単なる気まぐれ」に過ぎず、プリキュアの存在や脅威についても後から知ったことであるが、とりあえず、ヤモーの仕返しを見届けることとした。
ヤモーがプリキュアを倒せた場合は自分の手下として使ってやろうと考えていたらしいが、ヤモーが敗北を重ねて心が壊れていくのを見るうちに呆れていき、ヤモーが倒された際には彼を「あっけない」として見限っている。
これ以降のラブーはドクロクシーの生み出した闇の魔法よりも圧倒的に強力な混沌の力「ムホー」を解放し、自らプリキュアに立ち向かうことになる。
そして本作の物語は、天に座する混沌の禍神デウスマスト眷属終わりなき混沌との戦いにシフトしていく。

ヤモーにとっては第21話でドクロクシーに吸収されたことで主とともに消えることができたことが最高の至福であり、たった一人だけ復活させられたことは希望ではなく絶望でしかなかったのだろう。

おつかれさま



その後

第29話でモフルンがみた夢の中でヤモーが「悪い魔法使い」の役柄として登場するがこれはあくまで夢の中の登場人物に過ぎず、ヤモーが復活したわけではない。

物語も終盤に差し迫ってから、デウスマストの眷属であるオルーバがドクロクシーが所持していた「クシィの魔道書」を入手。バッティ・スパルダ・ガメッツの闇の魔法の使い魔たちを気まぐれに復活させてしまった。
だが、ヤモーが再度の復活の対象にさせられることは無かった。最初に復活したのはスパルダであり、バッティとガメッツはそのスパルダが「仲間も復活させてやってくれ」と頼んで素体を回収してきて復活させられている。つまりスパルダはヤモーを復活させようという気持ちはなかったということである。現役時代から他の仲間から煙たがれていたので仕方ないかも知れないがなんとも寂しいところである。
ただ、スパルダはバッティとガメッツに友情を感じて復活を頼んだのではなく、単純に戦闘員として使えそうとしただけなので、ドクロクシーの骨を使うまで直接戦闘することの無かった彼が戦力外認定されたのは当然かも知れない。

そして第45話、ドクロクシーという存在がオルーバの計画の元に作り出された「道具」にすぎないことが判明。そのドクロクシーから作られた使い魔達は、道具にさえなりきれない無価値なものだとオルーバは断じた。そして彼らを用済みとして使い捨てようとしたため、彼らは叛逆を起こす。
眷属復活の儀式のために用意した空中闘技場で闇の魔法つかいとオルーバのドンヨクバールとの戦いが行われるが、闇の魔法つかい側は次々と倒され、バッティのみが残された状態になった。
そのとき、その場にヤモリを肩に乗せたドクロクシーのカカシが忽然と現れる。
戦う意思なく諦めかけていたバッティはそのカカシとヤモリの出現に運命的なものを感じ、スパルダ・ガメッツの素体となったクモとカメ、そしてヤモリとカカシの4つを素材にしたモットヨクバールを造り上げた。それはオルーバのドンヨクバールとの激闘のすえ辛勝。この結果はオルーバに自我を崩壊させるレベルの衝撃を与えた。かつて自分を封印したマザー・ラパーパの力を受け継ぐプリキュアは多少手強いのはオルーバも納得はしていたものの、闇の魔法つかいなんていう「道具」に負けるなんてことは天地がひっくり返ってもあってはならなかったからだ。
オルーバは自らの優位性を示すため半狂乱になってプリキュア達に特攻し、結果的に敗れることとなる。

戦いが終わったあとモットヨクバールの素体になったものたちは元に戻されたが、カカシだけは力を使い果たしたかのように消滅していった。
そしてクモやカメと共に、ヤモリはバッティに連れられ何処かへと去っていったのだった…。

この話において、なぜただのヤモリとただのカカシ人形が突然空中闘技場に現れたのかについて明確な説明はない。バッティもなぜこのようなことが起こったのかは正確には理解できていない。突如現れたヤモリは最初から最後まで知性なき爬虫類としか描写されておらず、何かを語ることなく感情も見出せない。もちろんカカシ人形もただの人形であり何かを語りかけもしなかった。
しかしそれでも、ドクロクシーの人形が悩むバッティの前に現れたことはバッティに戦う決意を与える結果となった。
この部分については様々な可能性を考慮することもできるが、何か正しい答えに限定するのは野暮というものなのだろう。

すべての戦いが終わった第50話でもバッティの傍におり、行動を共にしていたのだが、ドクロクシーの忘れ形見であるドクロムシーが誕生し、かつての君主の面影を持つ姿に反応したヤモリの意志に共鳴したのか「クシィの魔導書」の力で、元々の姿を得てヤモーとして再三の復活を果たした。
復活後はドクロムシーをドクロクシーと崇めて彼に付き添っていた。
最終的にプリキュアの浄化技でドクロムシーの中核であった虫歯が治療されたことで、闇の力の依り代が消え去ることになる。だがそれでもドクロムシーは命と形を保っていた。それを支えているのは、ただ純粋にお菓子を食べたいという子供のような穏やかな思い。
あえてドクロムシーを消滅させなかったプリキュアに対してヤモーは初めて感謝の言葉を述べる。
リコはヤモーに対してバッティ同様に魔法学校への入学を勧めるが、ドクロクシーに従うことを至上とする彼はそれを断る。だが、そこにはかつてのようにプリキュアに対する憎しみを抱く彼の姿はなく、穏やかな口調で「オボエテーロ」と姿を消すのであった。
一度君主を失い、精神が壊れるほどに絶望に追い込まれた彼も、ようやく君主と共にいられる幸せを得ることができたのであった。

なお、ワープした後はなんと校長の部屋に戻り、校長秘蔵の冷凍みかんを勝手にドクロムシーに与えていた。

この回において、ヤモーはドクロクシーが目指す闇の力を信奉していたのではなく、ドクロクシーという存在そのものに惚れ込んでいたことが判明した。
この点は闇の世界を生み出すという、ドクロクシーと同じ方向の野望を抱き続けたスパルダとは対照的であると言える。本来この手の忠臣とは主君の目指すものや魅力的な力に共感して付き従うものであるが、ヤモーの場合はそうではなかったようだ。

余談

  • 名前の由来は「ヤモリ」と「野望」を掛け合せたものであると推測される。


  • アニメージュ9月号のシリーズ構成の村山功の解説によると、ヤモーを復活させた制作側の意図としては、新たに登場した花海ことは/キュアフェリーチェの明るく無邪気なキャラ性をアピールしなければならない時期に、今までより遥かに強い新組織の登場で緊張感が高まるのはミスマッチだと判断されたため。そこで新たな敵の影をチラつかせつつ、残党との戦いを挿入することで、いわば第一章と第二章の間をつなぐ外伝的展開を作りだしたのだという。

  • 何故一度新生形態として蘇ったヤモーが、再びかつての姿で蘇ったかは定かではない。ただ復活した経緯は一度目がムホー、二度目が闇の魔法であり、行使した力の違いからくるものであったようだ。

関連タグ

プリキュア 魔法つかいプリキュア!
プリキュアの敵一覧 闇の魔法つかい

モフデレラ…悪い魔法使い役として29話に登場。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤモー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115827

コメント