2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

この単語は、「類似した状況に対し、異なった指針が適用される」ことを指し、それはおおむね不合理かつ矛盾を含むものである。
この言葉はダブスタと略されるケースがある。同じ意味としてダブルスピークがある。
また、ある者が2つの違う意見を持つ様を指すケースがある。
この指針が「習慣道徳差異による区別」の場合はこう呼ばれない。

特に政治的な内容の発言行動に対し用いられる、例えば「自らがと見なすものが行った疑惑の行為に関しては激しく追及を行うが、自ら、あるいは味方と見なすものが行うそれは追求せず、逆に擁護すらする」等……が知られており、その中には何らかのレッテル等も含まれるとされる。

この矛盾した2つの意見がそのままターゲットへの命令に向けられる事象をダブルバインドと言う。

問題点

特に現代において「法の下の平等」を謳った現代法の基本原理に反するケースが多く、また、特定人種階級属性等に対する差別となる。
また、これを拡大解釈し合理的な区別に対し、この言葉をレッテル貼りとして用い、逆に不合理な状況に追い込むケースも存在するとされる(この場合は『主観』の言葉も併用される)。

その他

金融用語では、「等、2つの異なる本位貨幣を用いる」システムをこう呼ばれる。

ネットスラング的にはもっと単純に“普段自身が行っている主張や意見をその時の都合、あるいは相手によってコロコロ変えていくような姿勢を指す言葉”としても使われている。
例えば普段は「自分は他人への誹謗中傷は絶対にしない」としている人間が、いざ自分が嫌っている相手に対しては「アイツは最低のクズ野郎だ」等と前に自分で否定していたものと同然の言動に及んでいながら、それを「言っておくけどこれは正当な批判だから」と、都合のいい適当な理屈で正当化する様をこの“ダブルスタンダード”と揶揄、表現したりする。

pixiv百科事典では

一部のユーザーの中にもそういう“ダブスタ”に近い態度で記事編集を行う者はおり、記事内の特定の記述(主に独自研究や解釈に近い情報ないし限定な根拠にしか基づいていない対外評価といったもの。だいたいネガティブな内容であることが多い)を自分の裁量で削除しておきながら、別の記事ではそのユーザー自身がそんな恣意的な編集をしていたり、あるいは自分は安易な記事作成や編集を繰り返しているのにいざ他人が同じことをするとどこかでそれを咎めて来るというケースも散見されている。

関連項目

基準 矛盾 差別 二枚舌 二律背反/ジレンマ
人の事言えない お前が言うな 論点のすり替え
真面目系クズ 八方美人 対立厨
運営のお気に入り 報道しない自由
荒らし 自治厨 無自覚な荒らし
ダブルバインド マッチポンプ ブーメラン

身勝手 自分勝手 わがまま

ダブスタ:表記揺れ

外部リンク

wikipedia:二重規範

関連記事

親記事

基準 きじゅん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダブルスタンダード」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダブルスタンダード」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1590999

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました