ピクシブ百科事典

マザー・ラパーパ

まざーらぱーぱ

マザー・ラパーパとは、『魔法つかいプリキュア!』に登場するキャラクター。

説明

妖精の里に住まうレジェンド女王から語られた、遥か昔の存在。
マザーは敬称なので、名前としてはラパーパとなる。

花の海」と呼ばれた理想郷を支える「母なる樹」に宿っていた神秘的な存在であり、この理想郷に住まう全ての者たちにとって「あまねく命の母」であった。
しかし、ある時に終わりなき混沌デウスマストが眷属を率いて攻め込んできた為、この世界とそこに住まう全ての命を守る為単身立ちかう。長い戦いの末デウスマストを宇宙の彼方へ放逐し眷属達を封印することに成功するが、本人も致命傷を負ったために世界を支え続けることができなくなり、依り代にしていた大樹と共に大地から離れて何処かへと消え去ってしまったという。
ラパーパの守護を失った大地は砕かれてしまい、五つの大陸と無数の島々へと分裂。これこそ我々がよく知るこの地球ナシマホウ界とも呼ばれている世界の始まりである。
一方大地から離れた大樹は、静寂なる時空の狭間で長い時をかけて傷を癒し、やがて一つの世界を作り出す。大樹を中心とした周辺空間は水と大気で満たされ、海と空が作られた。そして海には大樹が枝葉を伸ばし島を生み出し陸地が作り出した。だが、大樹を支えるべき大地のみは新しく作られず巨大な海洋世界となった。これが魔法界と呼ばれる世界の始まりである。

だが、どちらの世界においてもあれからラパーパの姿を見た者はいない。

戦いの時はラパーパはデウスマストの攻撃をダイヤのシールドで防いでいるのだが、最終的にこれが衝撃に耐えきれず二つに割れて攻撃を真正面から受けてしまう描写がある。だが、これと同時にラパーパがデウスマストを放逐することに成功するので、相打ちということになる。
興味深いのは、ラパーパが倒れ臥すのと同時に二つに割れたダイヤのシールドが二個の光る石へと変貌して別々の場所へと落ちていく描写があること。おそらくこれがダイヤのリンクルストーンが二つの原石に分かたれている理由と思われる(リンクルストーンはまだ謎の部分が多いため断言できる訳ではないが)。

ラパーパは大地から離れて消え去る直前に、「いつか必ず世界は結ばれる。そう魔法をかけた」との預言を残している。
世界を繋げたいと本当に心の底から強く願うものが二つの世界に現れ、その思いが繋がった時、その奇跡は必ず起こるとラパーパは約束したのだ。そしてラパーパはこの奇跡の魔法をこう名づけた。「プリキュア」と。
それもあってか、ラパーパが眷属達を封印した技はダイヤスタイルの決め技「プリキュア・ダイヤモンド・エターナル」に、デウスマストを宇宙の彼方に放逐した描写はアレキサンドライトスタイルの決め技「プリキュア・エクストリーム・レインボー」にそれぞれ非常に似通っている。

母なる樹はその存在感から魔法界のシンボルとして今でも親しまれているが、「花の海」のこともマザー・ラパーパという太母の存在も人々の記憶と歴史からはもはや忘れられている。
それでも、「プリキュア」という言葉だけは魔法界ではかろうじて残された。その言葉がもつ預言の意味は忘れられていたが、「誰も知らないような大魔法を使う伝説の魔法つかい」として魔法界では象徴的に伝え続けられた。

回想シーンで描かれたラパーパの顔立ちはキュアフェリーチェに非常に似ており、視聴者達の間では彼女の母、もしくは転生前の姿ではないかと言われているが…?

pixivに投稿された作品 pixivで「マザー・ラパーパ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6971

コメント