ピクシブ百科事典

妖精の里

ようせいのさと

魔法つかいプリキュア37話で示唆された妖精たちが暮らす隠れ里。

概要

37話で示唆された妖精たちが暮らす隠れ里。女王によって統治されている。
終わりなき混沌の勢力の1人・オルーバにいやいや従っているチクルンも元をただせばここの出身である。

43話にてプリキュアたちがここを訪れたことで初めてその実態が明かされた。色とりどりの花畑と緑豊かな木々に囲まれた自然豊かな場所であり、木や花を用いて作られた妖精たちの住処が広がっている。常に薄い霧に包まれた場所なので、神秘的で荘厳な雰囲気もある、
チクルンのような人間に近い妖精もいれば歴代のプリキュア妖精に近い外見の妖精も住んでいる(よく見るとこの妖精あの妖精に似たのがいたり…)。
プリキュアたちをもてなすために妖精たちが出してくれたお菓子は、花粉のケーキ(花粉症には非常にきつそうである)や蜂蜜のパンケーキ。ちなみに妖精の里の草花から作られる薬膳茶には若返り効果があるとのことなので、魔法学校の校長が愛飲しているものはここが原産だと思われる。

魔法界ではその存在こそよく知られているものの、妖精以外の出入りが禁じられている上、妖精以外の他種族には場所さえ教えられないことになっているため具体的な詳細はほとんど公表されていない。
43話で明かされたことによると、妖精の里は霧に包まれた海域の奥深くの島にある里なので普通の手段でここを発見することはまず不可能ということ。「扉のリンクルストーン」であるアメジストの力で転移してきたみらい達が、初めての人間の客人だったという。
なおデウスマストの眷属であるオルーバはあっさりこの里に侵入しているが、里は超常的な力で隠されているわけではないので、ムホーの使い手が相手ならば仕方ないところではある。

『魔法つかいプリキュア!』コミカライズ版単行本第2巻に収録されている描き下ろし漫画にも登場している。

pixivに投稿された作品 pixivで「妖精の里」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 977

コメント