ピクシブ百科事典

チクルン

ちくるん

チクルンとは、『魔法つかいプリキュア!』34話から登場する妖精キャラクターの名称である。
目次[非表示]

「いうこと聞いてくれないとチクチクしちゃうぞ‼」
CV:ニーコ

概要

終わりなき混沌デウスマストの眷属であるオルーバ配下の妖精
プリキュアの力の秘密を探るために派遣された敵側のスパイである。

直接的なデウスマストの眷属ではなく、彼らに協力している魔法界の住人。オルーバはチクルンの事を友達と称しているが、実際にはオルーバに知られたくない秘密を握られて脅され服従を強いられている立場である。

ナシマホウ界で長い眠りについていた眷属たちは「プリキュア」という存在を実際に目にするまで知らなかったが、チクルンはプリキュアを「伝説に語られる魔法つかいの名前」とは知っていた。

魔法界のどこかにあると言われる「妖精の里」の出身。この妖精の里はその場所を他種族に教えることを禁じられているらしく、その存在はよく知られていてもどこにあるのかは魔法学校の校長さえ知らない。

容姿

黄色の帽子を被り、半ズボンのオーバーオールを着用している。
ミツバチのような触覚、背中には羽が生えており、を思わせる格好をしている。見た目通りハチミツが大好物。
表情が豊かであり、ギャグ顔を披露することも。

チクルン
ゆうことチクルン、時々ファンファン...って誰?


ミツバチを模したプリキュアである彼女とは仲良くなれそうである。


性格

少し卑屈な性格で、強そうな相手に少し凄まれるだけでヘコヘコする一方で、聞こえないところで陰口を叩いたりする。
甘い食べ物には目が無く、みらいのパンケーキを一人で平らげてしまったり、冷凍みかんを美味しそうに食べる。隠し事が苦手なようでプリキュア達にもうっかり「スパイしに来た」と真実を語りそうになり、あわてて「すっぱいハチミツ」と言い直すこともあった。
そして少し仲良くなった相手とでも、かなり馴れ馴れしく接する。
とはいえどこか憎めない愛嬌があり、このような少し困った性格も嫌な感じには描かれていない。
他人に警戒心を抱かせないところは、スパイには向いていると言えよう。

一人称は「オイラ」で、性別については38話でオルーバが「彼」と発言しているため男の子のようである。

弱味

チクルンがオルーバに何らかの弱味を握られてスパイをやらされているのは初登場時から描写されていたが、どんな弱味なのかについては当初は謎に包まれていた。

37話で妖精の里を統治している女王に対して後ろめたいことがあるような様子を見せていたので、女王が人質にされているのではといったようなシリアスな理由も予想されていたが、42話でその理由がついに判明。
それは「妖精の里での蜂蜜探しをさぼっていたのを見られた」という、かなり小さなことがきっかけだった。
オルーバは封印から目覚めてからしばらくは情報収集のために世界の色んな場所を見て回っており、隠れ里である妖精の里へも侵入したこともある。この際、たまたまチクルンが一人でサボっているところに遭遇。チクルンはこの時点ではオルーバが何者かはわからなかったのだが、もしもこいつから自分がサボっていたことが漏れたら女王様(チクルン曰く女王様は怖い)から「きついお仕置き」を受けると思い「何でもするから黙っておいてくれ」と反射的に口走ってしまう。するとオルーバは「それならば僕の友達になっておくれ」と笑顔で言ったため、その甘言に乗せられてしまう。その時はオルーバの言う「友達」が自分に都合よく動く手駒であることも知らずに……
きっかけはしょうもないことであったのだが、オルーバの正体が恐ろしい混沌の魔人だと知ってしまった時にはすでにチクルンは「共犯者」となっていて、そのこと自体がチクルンの弱味になっていた。
オルーバが自分とチクルンとの関係をバラしてしまえば、チクルンは周囲から裏切り者だと罵られもはやどこにも居場所はなくなる。こうしてなおさらオルーバの元から離れることができなくなったのである。

本編での動き

34話終盤にてオルーバと共に登場(この時台詞は無し)。
35話から本格的に活動開始。オルーバの命をうけ、プリキュアの力の秘密を探るべく彼女たちの日常生活をこっそり観察する日々を送るようになる。
数日間の偵察の結果、プリキュア達の中心にはいつもモフルンがいることに気づく。なかなかの観察力である。

翌36話でもみらいの部屋を窓から覗いていたが、その日の朝日奈家のおやつがハチミツたっぷりのパンケーキであり、我慢できずに盗み食いをしてしまう。
それが原因でみらい達に見つかるが、「自分は美味しい蜂蜜を探しに魔法界からやってきた妖精だ」と咄嗟に誤魔化したため、スパイであることはばれなかった。この出会いがきっかけで、みらい達、特にモフルンと仲良くなる。

チクルン急接近回


(※実際の映像とは一部異なります

この時にモフルンが妖精ではなく「ぬいぐるみ」であることを初めて知り、そのことをオルーバに報告。興味を持ったオルーバがモフルンを直に観察しようとナシマホウ界に降臨し、プリキュアとの初戦闘になる。
なお、この時にオルーバはプリキュアたちと一緒にいたチクルンを気にもとめずにまとめて攻撃している。その攻撃をプリキュアが身を呈して守ってくれたことに、チクルンは何かを感じたようであるが・・・
何にせよ、この時に戦闘に巻き込まれたことがきっかけで、プリキュアたちはチクルンの目の前で変身せざるを得ず、プリキュア達にとってチクルンは「秘密の共有者」となる。

この話より以降は普通にプリキュア仲間の一員としてプリキュアたちと自然に行動を共にできるようになり、彼女達の日常シーンに当たり前にいるようなポジションとなった。プリキュア達はチクルンのことをちょっと変わった友人として何の疑いもなく受け入れている。
しかし彼がスパイであることは変わらず、プリキュア達の日々の行動をオルーバにこっそり報告している様子もよく描かれている。
みらいが言うところの「わくわくもん」なテンションはちょっと苦手なようで、みんながいろんなことを楽しんで体験している横でつまんなそうに寝ていると言うのがチクルンの定番の立ち位置。だが、モフルンに誘われるとどうも嫌とは言えないらしく、結局はプリキュア仲間と一緒にいろんな体験に付き合わされてしまうこととなる。

【まほプリ】チクルンをしっかり抱えるモフルンの図モフ



42話ではかつての力を完全に取り戻したシャーキンスがプリキュアを本気で叩き潰して今日で全てを終わらせると宣言したため、チクルンは動揺し「あんな奴らを倒すのにそんな大げさな力を振るう必要はない」「リンクルストーンがなくなってしまえあいつらは無力になるから自分が奪ってくる」と約束してしまった。
プリキュア達に情が移っていたのか様々な葛藤も見せていたチクルンだったが、最終的にはみらい達からリンクルストーンとリンクルスマホンを奪い取ってシャーキンスに手渡す。奪われたストーンを追って駆けつけたみらい達にその場を見られ、さらにシャーキンスからチクルンがスパイだったと暴露されてショックを受けるみらい達。そしてそんなみらい達の様子をみるチクルンの心もまた深く傷つく。
しかし、チクルンはこれでシャーキンスはもうみらい達には興味を持たなくなっただろうと踏んでいた。少なくとも彼女達はもう狙われることはない。
……と思いきや、シャーキンスは何と変身できない生身のみらい達を叩き潰そうとする。プリキュア達の逆転劇をなんども見てきたシャーキンスにとって、変身できなくなったからもう無害などと言う甘い考えは捨てていたのだ。
チクルンは自分がやったことが全て裏目に出たことに絶望しかけるも、それでも何とかしないといけないと一念発起。巨大化したシャーキンスが飲み込んだリンクルストーンとリンクルスマホンを、自らも口から体内に入り込んで取り返した。その勇気にプリキュア達そしてモフルンもチクルンはスパイだったとしても友達であることには変わりないと再認識し、その友情の思いがトパーズスタイルを強化させ、シャーキンスを倒すに至った。
戦いの後はチクルンはみらい達に謝罪し、オルーバに握られていた弱味のことも告白。
そして「一緒に女王様に謝りに行こう」と言うモフルンの提案で、反応した魔法の扉を使いみんなで妖精の里に向かうことになった。

続く43話にて女王と再会。女王は多少のお仕置きこそしたものの、酷い制裁までは受けなかった。女王はチクルンのことを毎日心配していたのだった。
みらい達や妖精と共にレジェンド女王からマザー・ラパーパの話を聞いていたところ、オルーバが復活させたスパルダを引き連れ襲ってくる。
「逃げ回っていたくせに」とのオルーバからの言葉にも屈さず、「もうこれ以上女王さまを悲しませたくねぇんだ」と襲わないでくれと懇願する。
スパルダの攻撃で無惨にもやられてしまうも、これがプリキュアのスイッチを入れ戦わせることになった。
妖精の里に留まることになったため、最後はみらい達と別れることに。再会の約束をして、涙をこらえ別れを告げた。

第49話以降ではモブとして女王たちと共に最終決戦に協力したり、ジュンたちと共にみらいと再会した。

続く第50話の最終回では、どういうわけか態々人間界までハチミツを取りに来た(恐らくは女王の許しを得たか命令を受けたのらしい)のか、ドクロムシーに自分ごとハチミツを取り込まれそうになったところをみらいに助けられて、はーちゃんのなくした杖を回収する。ドクロムシーの虫歯の治療後採集したハチミツをドクロムシーに与えると、ヤモーたちは魔法界に戻る。
その後はみらい達とおやつを食べる。ラストでは冷凍ミカンの場所に同行することになった。

余談

プリキュアシリーズに登場した妖精で、妖精の姿のままプリキュアの敵組織の構成員として登場するパターンとしては『スイートプリキュア♪』の敵組織マイナーランドの不幸の歌姫・セイレーン以来となる。

名前の由来は告げ口を意味する俗語“チクる”と、ものを刺す時の擬音“チク”を合わせたもの思われる。
また、熊のぬいぐるみであるモフルンと名前が似ており、モフルンは柔らかいの「モフ」、チクルンは痛い、固いなどの「チク」のように対になっていると思われる。

関連イラスト

チクルン



関連タグ

魔法つかいプリキュア! 妖精の里 プリキュア妖精一覧
モフルン:こちらはプリキュア側の妖精(妖精ではなくぬいぐるみだと本編で主張)。語感が似ている。
はーちゃん:こちらもプリキュア側の妖精(だった)。小柄で背中に羽が生えている。
ブンビー:蜂モチーフの敵キャラ繋がり。こちらも紆余曲折の末、最終的にプリキュア達の味方となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「チクルン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 133842

コメント