ピクシブ百科事典

妖精族

ようせいぞく

ファンタジー作品などに登場する、妖精の一族。
目次[非表示]

ファンタジー作品などに登場する、妖精の一族。

「妖精族」が登場する作品


『七つの大罪(漫画)』

概要

武力が低く、魔力が高いのが特徴の種族。
妖精王と呼ばれる存在がいるが、魔神王最高神などのような絶対的な支配者というよりは妖精族、生命の泉、神樹等の守護者のような存在。

人物

グロキシニア
初代妖精王
紅色の長髪で揚羽蝶のような羽を持つ。

ダリア
二代目妖精王
マッチョらしいが、初代や三代目と違い本編未登場のため詳細不明。

ハーレクイン
三代目妖精王
今は七つの大罪〈怠惰の罪(グリズリー・シン)〉のキングと名乗っている。

ゲラード
初代の頃から妖精王補佐を務めている。
恐らく存命の妖精族最年長。

神樹
妖精界に存在する大樹で、代々妖精王によって守護されている。
魔神族女神族でいうところの魔神王最高神混沌によって3番目に創造された存在で、妖精界と妖精族を造った。

余談

妖精族は植物から実ることで生まれるとされる。

関連タグ

混沌(七つの大罪)

関連記事

親記事

妖精 ようせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「妖精族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13

コメント