ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「じゃれつく」には以下の意味がある。

1.動物などが甘えて遊ぶさま。
2.ポケモンの技の1つ。

ここでは後者を説明する。

技データ

登場第6世代
威力90
命中90
PP10
タイプフェアリー
わざ分類物理
効果範囲単体
直接攻撃
追加効果10%の確率で相手の攻撃力を1段階下げる


概要

第6世代から存在する、フェアリータイプ唯一の物理技。
相手に激しいスキンシップを行い、もみくちゃにしてしまう形で攻撃する。

習得できるポケモンは比較的小柄で軽いポケモンが多い(グランブルでも50kg以下)。
またゴマゾウの習性からかドンファンも覚える
他にもリングマやらツンベアーやらドラミドロまで覚えてしまう
こいつらにじゃれつかれたらフェアリーとか関係なく危険な気がするのだが。
一方、カプ・コケコカプ・ブルルのように物理攻撃力は高めながら覚えられないフェアリータイプも存在している。

煙と共にハートやら星やらが飛び交う演出や、「ポコポコ!!」という可愛らしい音が鳴るなど、一見するとは微笑ましい光景が繰り広げられるが、威力は驚くなかれなんと90もある。
特に特性ちからもちであるマリルリメガクチートのじゃれつくはフェアリーポケモンはもちろん、中途半端な耐久のポケモンならば一撃で粉砕してしまう
最早じゃれつくと言うか「邪烈苦」である。
ゲップと言い、やたら威力の高いポケモンの日常行為は何かがおかしい……

前述の通りフェアリータイプ唯一の物理技である為、物理型フェアリーには必須技となる。
上記のドンファンやリングマも対ドラゴン・かくとう対策として採用するのも悪くないだろう。

一応10%の確率で相手の攻撃力を下げる効果もある。
実感が沸かないのはやはり一撃粉砕してしまうからなのだろうか……

唯一の欠点は90%というやや不安な命中率
要するに肝心な時に外れる。
しかし、(表向きは)和む行為なのにかわされる可能性があるということは、ポケモンにはこの技に対する危険性が分かっているということなのだろうか。

なお「じゃれつく」を覚えるポケモンは「ムーンフォース」を習得することができないと言う謎の仕様があった。
第7世代のUSMでようやくチルット(チルタリス)が両立可能になった。
一応フェアリーになれるとは言え、唯一両立可能な系統が非フェアリータイプなのはいかがなものか……。

ポケモンGO

第2世代のフェアリータイプの追加と共に実装された。
本作ではゲージがたまると使用できるスペシャルアタックとしての扱いを受けており、原作同様、威力は90で、分割ゲージであるためある程度連射が効くなど、技としては比較的優秀。

ただ、フェアリータイプの分割ゲージ技には威力110のマジカルシャインがあるため、そちらと比べるとダメージ効率の面では劣ってしまう。
一応、この技を覚えられるフェアリーポケモンはマジカルシャインを覚えられない等、習得者が被らないよう差別化はされているが…。

現状では、フェアリータイプのメインウェポンとしてよりも、ジム防衛に充てるポケモンにかくとう・ドラゴン対策として習得させるというケースが多い。特に、ケッキングが繰り出すと元の攻撃種族値の高さもあり、等倍以上で通る相手では下手すると致命傷を負いかねないので要注意。

pixivでは

イラストではマリルリが行うものが多い。
当然ちからもちである

マリルリちゃんとサザンドラ君
じゃれつくマリルリ



関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
フェアリータイプ マリルリさん

pixivに投稿された作品 pixivで「じゃれつく」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 239562

コメント