ピクシブ百科事典

ドラミドロ

どらみどろ

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場するポケモン(モンスター)の1体。初登場は「X・Y」。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.691
ぶんるいクサモドキポケモン
タイプどく / ドラゴン
たかさ1.8m
おもさ81.5kg
とくせいどくのトゲ /どくしゅ /てきおうりょく(夢特性)


他言語版の名称

英語 Dragalge
イタリア語Dragalge
スペイン語Dragalge
フランス語Kravarech
ドイツ語 Tandrak


ドラミドロ:ドラ(ドラゴン)+ミドロ(深泥。藻類の一種)
Dragalge:Drag(Dragon、ドラゴン)+alge(Alge、藻類)

進化

クズモー → ドラミドロ(Lv48)

クズモー&ドラミドロ



概要

ポケットモンスターYバージョンに登場するポケモンで、クズモーの進化系。Xバージョンに登場するブロスターと対になる。
進化前と比べると体長が大きく伸び、シャープな外見になった。モデルとなった動物リーフィーシードラゴンに近づいた印象がある。

クズモーから進化したことでタイプがどく・みずからどく・ドラゴンに変化。
これはこれまでのポケモンには見られない初の組み合わせであり、どくタイプファンにはたまらないポケモンとなった。後のUSUMでは同じタイプ構成のアーゴヨンが登場している。

ドラミちゃん


極めて縄張り意識が強く、自身の縄張りに近づく周りのものに見境なく攻撃を仕掛けるという非常に凶暴な性格。
吹き出すの威力はとても強力で、金属製の船底を腐らせてしまう程である。
そのため海に棲むポケモンのなかでも非常に危険なものとされており、「ドラミドロの棲む海域に迷い込んだ船は、二度と生きては帰れない」と言われるほど恐れられている。


もくずともくずともずく


その為、海のポケモン達も基本的にドラミドロへは近づこうとしないが、同じ藻屑モチーフのダダリンとだけは何故か非常に仲が良く、進化前共々共生関係を築いている。

ゲームでのドラミドロ

能力値ではとくぼうの高さが目立つが、HPが低いのと回復技を持たないので見た目ほどは堅くない。それ以外の能力はそう突出しておらずそれなりと言ったところ。
ドラゴンタイプの最終形態では最も遅い為、ドラゴン同士の対決では不利であるが、トリックルーム下では逆に最速が見込める。

覚える技は自分のタイプである「りゅうせいぐん」「ヘドロウェーブ」を筆頭に、元みずタイプなだけあって「ハイドロポンプ」、変わり種として「10まんボルト」「きあいだま」「シャドーボール」「こごえるかぜ」、さらには「とける」や「じゃれつく」などがある。
ピンポイントに弱点を突いていくだけでなく、かなり広い範囲のタイプ技を覚えるので、上手く攻めに転じる事が出来れば頼もしい。

水棲生物モチーフのポケモンだが「ふぶき」と「れいとうビーム」を覚えない。怯える氷技はめざパか「こごえるかぜ」のみ。
ただし技のレパートリーはそこそこ豊富なので、他の技の組み合わせで氷とほぼ同じ範囲に抜群が取れる。


どちらかと言うと耐久型と言うよりは堅いアタッカーという感じのポケモンで、補助技には乏しい一面もあるが、フルアタ構成で道具「とつげきチョッキ」を持たせればそれを気にすることなく耐久力の増強を図れる。
HP振りにしてチョッキを持たせると特殊方面は非常に硬くなり、一致抜群技でも確定耐えすることがある。

タイプ相性はでんきほのおみずくさタイプと特殊型の多いタイプに強い耐性を持つ。特にドラゴンタイプでありながらフェアリータイプが抜群ではない希少な組み合わせでもあり、タイプ一致のどく技で反撃できるという大きなメリットを持つ。
反面弱点のタイプは物理アタッカーが多く、特にじめんタイプや同じドラゴンタイプ相手には遅い事もあって何もできないと言える位不利になってしまう。


通常特性の方はいずれも相手を毒にする効果があるが、自ら相手に接触することはあまり無く、何回も接触(物理)攻撃を受けられるほど固くも無いのでイマイチ活かしにくい。
しかしORASでは、隠れ特性てきおうりょくがついに解禁された。これにより「ヘドロウェーブ」「りゅうせいぐん」「りゅうのはどう」といった主力技が強化されて、どく・ドラゴン両タイプにおいてトップクラスの火力でぶっ放す強アタッカーとなった。

さらに対戦環境で猛威を振るうメガフシギバナを始め、多くのくさ・どく・むしの併用タイプに対して非常に強く、フェアリーはもちろん、しぶとく居座ろうとするクレセリアポリゴン2にどく技を刺せるため有用である。
ただし、フェアリーの中でも強力所であるクチートクレッフィには主力の二つのタイプが完全無効化されるので何かしらの対策が必要になる。

第七世代から登場したアーゴヨンは、同じ毒ドラゴンの特殊アタッカーであり、特攻・素早さの面で大きく差を付けられてしまっている他、ほのお技も習得できる。
しかし特性によって1ターン目の一致技の火力はこちらの方が大きく勝る上、あちらはみず技やかくとう技を覚えられない故、無理して差別化を図る必要もないだろう。


スト-リーで使う場合でも「なみのり」と「たきのぼり」に加えて「ダイビング」も覚えるため、水辺の移動手段としてフルに利用することができる上に、寄ってくるみずタイプの技を半減で受け、「10まんボルト」などで蹴散らしてくれる。
みずタイプと一緒にパーティに入れて相性を補完しあうのも悪くはない。
更にストーリーではレベル差によるゴリ押しが効きやすいので、「どくしゅ」や「どくのトゲ」でも全く使えないことはない。
ただし、XY以外で野生のクズモーを捕まえられるのは終盤になってしまうため、早く手に入れたいならXYからの移動か通信交換を使おう。

余談だがドラゴンタイプ最弱技の「たつまきLv67という信じられない高レベルで覚える。
先に「りゅうのはどう」を覚えられるので覚える理由が全くと言っていいほど無いのだが、りゅうのはどう自体はクズモーの頃にも自力取得可能なのにたつまきは進化するまでは使えない。一体どういう意味が込められているのだろうか・・・

使用トレーナー

ドラセナ四天王(カロス)
ゲンジ四天王(ホウエン)

関連イラスト

ドラミドロ
Dragalge


ドラミちゃん(♂)
どらみどろ



外部リンク


関連タグ

ポケモン ポケモンXY
どくタイプ ドラゴンタイプ タツノオトシゴ
クズモー

キングドラ:先輩のタツノオトシゴ型ポケモン
アーゴヨン:後輩のどく・ドラゴンタイプのポケモン

アシッド・シーフォース…タツノオトシゴで、毒を操り、とけることができ、氷に弱い点など共通点が多い。

サルガッソー海&バミューダトライアングル…おそらく元ネタの一環

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラミドロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310944

コメント