2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

こおりタイプ

こおりたいぷ

こおりタイプ(Ice Type)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するタイプの一種である。
目次[非表示]

概要

ポケモンは種族ごとに1、2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。
そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。

こおりタイプのカテゴリーに分類される特徴としては、雪山や氷河で生活しているものや、雪や氷でできているものやとにかく冷たいものが入れられている。全体的には、外見がの配色になっているものがかなり多く偏りがちだが、冷たければ生物から鉱物、機械まで入るので外見の多様性は豊富。
ポケパルレポケリフレなどで触れると、凍り付いてしまう部位があるポケモンが多い。

全タイプの中で最もポケモンの数が少ないタイプである。
具体的には初代から存在するタイプにも拘らず、第6世代から追加されたフェアリータイプよりも少ない
これはこおりタイプが基本的に寒い所にしか生息しておらず、他のタイプと比べて作中の登場場所が著しく限られているためだと思われる。

パラメーター的には、「とくこう」や「とくぼう」が優れている傾向がある。
時代の流れでそれなりに多様なポケモンも増えたが良くも悪くも尖った性能のポケモンが多い傾向にある。一点狙いなピンポイントなお仕事。
ふぶきれいとうビームなどの高火力技の技マシンが比較的簡単に手に入れられ、ドラゴンタイプを始め多くのポケモンに弱点を突きやすいので、即戦力になりやすい。
ドラゴンはあまり出会うことが多くないのと比較的フェアリータイプの方が序盤から中盤でも入手し易い傾向にあるため、旅で使うとどちらかと言うと数の多いくさタイプひこうタイプが役割対象になることが多い。
が、こおりタイプ自体はそのどちらも半減出来ないため気軽に後出し出来るかというと微妙なところ。
一方で攻撃技としての需要は極めて高く、アタッカーに覚えさせれば大体のパーティで腐らないであろう優秀な対応範囲を見せてくれる。

……しかし、野生で出会えるのが物語の終盤になってからであることが多く、やっと仲間にできると思った頃にはパーティメンバーが6匹埋まってしまっていることも多い。
第5世代からは、バニプッチ(第5世代、バッジ4つ時点)、アマルス(第6世代、バッジ2つ時点)、パルシェン(第7世代、2つ目の試練突破後に手に入るシェルダーを進化させる)、デリバード(第7世代、1つ目の試練突破後)、ムチュール(第7世代USUM、1つ目の試練突破後)、ワイルドエリア生息組、ダイマックスアドベンチャー登場組(第8世代、バッジ0個時点)と比較的早めに手に入るポケモンが増えた。
ムチュールは鍛えればルージュラに進化する。
あのルージュラが旅のお供候補になる日が来るとは、誰が予想しただろうか。
ただどのポケモンも真価を発揮するには隠れ特性やタマゴ技を求められたりわざマシンの対応力やサブウェポンに乏しかったりレベル技に難があったりと育成段階に入ってからが本気を出せる性能で旅で使うにはやや愛が必要になる事が多い。
さらに、第8世代ではなんと伝説のポケモンフリーザーキュレムが手に入る。しかもバッジ0個の時点で入手することができ、実際明らかにバランスブレイカーとなる。ただし、DLCが必要な点は注意。
ちなみにワイルドエリア、ダイマックスアドベンチャーを活用すればそれ以外のこおりタイプも手に入る。

入手手段が緩和されたとは言え、

  • 一致技以外のタイプ技(通称:サブウエポン)が不足
  • そもそも一致技の威力がイマイチ
  • 攻撃面は優秀だが、耐性面は非常に薄い
  • 育てるのが決して楽ではなく、楽なポケモンに目移りしがち

といった問題は相変わらず抱えている。
上記5ポケモンはメガシンカ形態を持たず、Zワザを使うにしても肝心のコオリZの入手が遅いのでそれらの恩恵も受けづらい。
総じて、旅パでは使いづらく、使おうとすれば根気を要する。

技の面で見ると、ドラゴンタイプやじめんタイプといったメジャータイプの弱点を広く狙える上、無効になるタイプがないために非常に優秀なのだが、有用な技は特殊技にほぼ寄ってしまっている。
物理技がないわけではないが、「相手からダメージを受けると威力2倍だが基本威力60で優先度-4」の「ゆきなだれ」や「威力25×2~5の連続攻撃技」だが使用者が少ない「つららばり」、「威力85と安定している」が、たまに外す「つららおとし」など、どれもこれも一長一短。どれを選んでも命中率や威力が安定しないのが困りもの。
しかも特殊技の多くがマシンや教え技で覚えられるが、物理技は自力か遺伝で覚えなければいけないものが多く、先述の「つららばり」が代表例。一応「れいとうパンチ」があるにはあるが、弱点を突けなければあまりダメージを出せない。ちなみにれいとうパンチ自体は物理型のステータスでも腕のないこおりタイプのポケモンも少なくなく、覚えられない事自体珍しくない。
無効タイプのなかった「ぜったいれいど」は、第7世代以降はこおりタイプには無効となった。
こおりタイプが凍らされて一撃で負けるとは何事かということはなくなった。
強化になったかと言われると、撃つのもこおりタイプなのでやや疑問では有るのだが。
ちなみに、こおりタイプ以外が撃つと命中率が下がるようにもなった。一体誰のせいかといえば、第7世代でレベルアップで覚えられるまでは前売り券が発端で覚えられたこのお方と、なんでも覚えちゃう絵描きさんのせいである。影でひっそりとばっちりを受けたポケモンもいたりする。

こおりタイプ自体で見ると、攻撃面はやはり非常に優秀であるが、半減できるのがこおりタイプしかないうえにメジャーな弱点も多く、受けに回ると途端に脆くなる、というのがほぼ共通の特徴となっている。
耐性が多くて攻撃面が弱いはがねタイプとは正反対の特徴を持ちながら、彼らと弱点を2も共有していることも大きな逆風。
ステータスが防御寄りなのに守りが弱いとは……。
とはいえ「攻撃できれば強い」ので、タイプの組み合わせが噛み合えばかなり優秀な攻撃役として起用することができる。

こおりタイプの多くが強化される天候にあられがある。技「あられ」、特性「ゆきふらし」で発動する。この「あられ」は、こおりタイプや一部の特性持ち以外のすべてのポケモンは、毎ターンの終わりに最大HPの16分の1のダメージを受けるという効果があり、まさにこおりタイプ専用の天候と言える。
第3世代時点ではそれだけのものだったが、第4世代以降では、ふぶき」が必中攻撃になる効果、更に特性「アイスボディ」や「ゆきがくれ」といった「あられ」状態で強化される特性が増え、天候パーティ(霰パーティという)としての地位を確立した。
だが現在、弱点の多いこおりタイプがアイスボディで持久戦をすることはなく、ゆきがくれも戦術に組み込めるほど避けるわけではないため、基本的には使われていない。
天候が昔のように永続だったら……。
第7世代ではオーロラベールの登場であられ状態の活用方法が増え、この技を展開してから攻める戦術が確立している。
当初は「ゆきふらし」と両立できるポケモンがアローラキュウコンしかいなかったため、半ば専用技のような扱いであったが、第8世代からユキノオーバイバニラアマルルガの3系統も習得し大きな強化となった。
また、「すなかき」の霰バージョンである「ゆきかき」も登場したが、他の類似特性持ちと比べ素早さが飛び抜けて高いポケモンは少ない。

第7世代以降からはようやく天候を変えて戦う意味が出てきたものの、まだまだ他の天候に比べるとメリットのある要素などの恩恵を受けられる層が薄く、未開拓感が拭えない。
といっても、特性の所持者に恵まれない砂パよりかは大分マシだが。


世代ごとの変遷

第1世代

初登場にして最盛期。

つめたいけどあったかい!


こおりタイプについて語るにあたり、初代での優遇ぶりはまず欠かせない。

初代の対戦において象徴的だった「ふぶき」の性能はすさまじく、威力120という高威力に加え、命中90%、凍る確率30%という優秀な命中率ととんでもない追加効果が含まれていた。

また、初代の「こおり」状態は自動で解除されない。トレーナーがどうぐを使うか、相手にほのおタイプの技を当ててもらうしか解除手段がなく、対戦では事実上のひんしであった。だが、ほのお技はほとんど使われていなかった。こおりタイプは大体みずタイプ複合であったせいで弱点を突けない上に、ほのおタイプにこおり半減がついていなかったのが主な理由である。
高威力高命中率で3割の確率で事実上「ひんし」……と言えば、その酷さがわかるはずだ。
そして、こおりタイプは「こおり」状態にならない上にこの技をタイプ一致で使えるため、非常に使用率が高かった。主な使用者は、とくしゅが非常に高いフリーザーやステータスの安定したラプラス、同じく優遇されていたエスパータイプを併せ持つルージュラなど。

もちろん、これだけの性能を誇る技はこおりタイプ以外のポケモンにも採用され、みずタイプのポケモンでもみず技の代わりにこの技を覚えさえていたほど。当時の対戦では常に「ふぶき」が乱舞する氷河期状態であった。この影響でこおりタイプに弱いうえに一致技に恵まれないカイリューの肩身は非常に狭かった。
……このため、「ポケモンスタジアム」や「ポケモンスタジアム2」、「ピカチュウバージョン」同士での対戦ではわざわざ「ふぶき」の追加効果を下げる修正を行ったほどであった。

第2世代

最盛期の寒波はいったん収まった。

この世代では、新たに追加されたあくタイプとの複合であるニューラ、じめん複合のウリムー系統、ひこう複合のデリバード、ルージュラのベイビィポケモンであるムチュールの4系統が登場。

対戦面では「こおり」状態が一定確率で自然解凍するようになった他、「ふぶき」の性能が命中率70、追加効果1割に修正され、こおりタイプの「とくしゅ」の大半が「とくぼう」に回されてしまった。さらに、こおりに耐性をもつはがねタイプが登場、そのはがねタイプに強いほのおタイプ、かくとうタイプの躍進……と、ありとあらゆる方面から弱体化措置が加えられた。

それでも強化がなかったわけではなく、はがねタイプに強いじめん複合のイノムーが出てきたり、「まきびし」を得て新たな戦術を獲得したパルシェンの躍進もあったりした。
一方、エスパータイプまでも弱体化措置を受けたルージュラは大きく後退し、フリーザーも大きく数を減らした。

この時代で出てきた新技は「こなゆき」と「こごえるかぜ」のみ。
どちらも威力が低く当時はダブルバトルもなかったため、この2つの技はほぼ使われていなかった。

第3世代

新勢力の台頭。

一般枠からはこおり単のユキワラシ、みず複合のタマザラシの2系統、こおりタイプ2匹目の伝説ポケモンであるレジアイスが登場した。

天候「あられ」が登場したが、上記の通り当時は一切のギミックがなかった。
ダブルバトルが始まったものの、600族のメタグロスが強過ぎるせいで出番はあまりなかった。
しかも、全体攻撃の威力が半減されるせいで「ふぶき」は実質威力60命中70の技となり、まるで使えなかった。
一方で前世代に登場した「こごえるかぜ」は、相手2匹の「すばやさ」を下げられるとあってこの世代から補助として使われ始めた。

この世代で最も特徴的なのは、一撃必殺技「ぜったいれいど」である。それまでの一撃技と異なり、タイプによって無効化できない(無効化できるのは特性「がんじょう」と「ふしぎなまもり」のみ)ため、所有者に安定して交代出しができなくなった。
特にこの世代から追加されたトドゼルガは耐久が高く、タイプと特性両方によってほのお技を半減し、かつ「ぜったいれいど」の他に「じわれ」まで覚えることから、かなりの使用率を誇った。
レジアイスも圧倒的な特殊耐久を持ち優秀なサブウェポンも揃えて人気が高かったが、「ぜったいれいど」は現在でも覚えない。

既存組ではラプラスが先に挙げた一撃技2つに加えつのドリル」も覚えるため、一撃砲台として人気を博した。
また、ちゃっかりフリーザーこころのめ」と「ぜったいれいど」という反則級のコンボが可能になったが、公式大会レベル50制限が災いし(「ぜったいれいど」習得はレベル85)話題にならなかった。

第4世代

二度目の最盛期到来。

追加されたのはユキカブリ系統、ニューラから進化したマニューラブイズの一員グレイシア、イノムーから進化したマンムー、ユキワラシから分岐進化したユキメノコの計5系統。

中でも目玉は「ゆきふらし」持ちにして、この世代のこおりタイプの躍進を支えたユキノオーだろう。
くさタイプ複合であり弱点が物凄く多く、能力もそこまで高くないが、それを逆手にとって、同じくこの世代で登場した「きあいのタスキ」と相性がよく、かつ特性によって相手の「きあいのタスキ」を潰せる効果もあり、得意なタイプ(特にみずタイプ)には滅法強い。
しかも、技威力も高いことから火力もそこそこあり、奥の手「ぜったいれいど」も覚える。
シングルでは先のトドゼルガが「アイスボディ」で持久戦を展開した他、マンムーがメジャーキラー兼「ゆきがくれ」で活躍。
ダブルではグレイシアが高いとくこうから「ふぶき」を相手2匹にぶつけた。
この他マニューラがメジャーポケモンの弱点を素早く突けることで有名になり、ユキメノコはその怪しげな容姿で人気が出た。

主力技の「ふぶき」も「あられ」下で必中攻撃になる効果が追加されたことにより、範囲攻撃が重要なダブルバトルでも有効に活用できるようになった。
加えて「あられ」状態で発動する特性が数多く登場したことで、「霰パーティ」がここに誕生した。
そして、最強の一角と名高いあのガブリアスの登場により、こおりタイプの技の需要が一気に上昇した。

HGSS期の大会でも猛威は止まず、ユキノオーの助けを借りてミュウツーが「ふぶき」を使ういわゆる「ノオツー」が大流行した。こおりタイプではないが、スイクンがHGSS期に配布限定で「ぜったいれいど」を獲得し、その耐久から放たれる一撃必殺に誰もが戦慄した。

……と、北の大地シンオウにふさわしいこおりの大躍進が見られた時代であった。

第5世代

既存勢の躍進。

新登場組は4系統いるが、そのうち一般組の3系統がバイバニラツンベアーフリージオといったこおり単タイプのみ。
しかも、いずれも性能が微妙そのものと、かなり寂しいものになってしまった。

こおりタイプ初の禁止級伝説にして初のドラゴンタイプ複合であるキュレムは、当初はパッとしなかったものの、BW2にてポケモン初の吸収合体を行い名実ともに最強のドラゴンとして猛威を振るった。
特にホワイトキュレム「とくこう」種族値170という凄まじい値で、そこからあの「ふぶき」をぶちかますことができる。かつて、クリスマス期に行われた禁止伝説ありのスペシャルレーティング大会では、あちらでもこちらでもホワイトクリスマス状態と化していた。

しかし、前作で暴れ過ぎたツケが回ったのか、天候始動の特性が全天候で解禁されてしまった。天候が上書きされることが多くなってしまったため、霰パーティは安定性を一気に失った。

その一方で、パルシェンが今までの殻を破り大幅な路線変更をしつつ、最前線に帰ってきた。
何より技つららばりが威力10から25に強化され、最大威力125となったこと、そしてパルシェンは特性「スキルリンク」のおかげで常時最大威力が実現できることが大きい。マンムーは隠れ特性「あついしぼう」を獲得、ほのおの弱点を消しつつこおりを1/2に抑えることができるようになり、「つららばり」の強化も追い風となり躍進した。進化前のイノムーも新たに追加されたどうぐ「しんかのきせき」によって、マンムーを超える耐久を手に入れた。

新技では「つららおとし」が登場。待望の物理威力80超えでこおりタイプにしては珍しく追加効果が「ひるみ」となっているが、「つららばり」の陰に隠れてしまった。

第6世代

厳冬期到来。

追加されたのは、カチコールアマルスの2系統のみ。

新規勢のアマルルガはいわタイプとの複合のせいで4倍弱点が2つもあり、攻撃面も貧弱だった。しかし、『ORAS』で「ハイパーボイス」(特性「フリーズスキン」でタイプ一致化)獲得、隠れ特性「ゆきふらし」解禁で幾らかマシになった。
もう1種のクレベースは、物理耐久寄りどころか寄り過ぎており、重戦車とも言うべきポケモンだが技が貧相で正直パッとしなかった。
……あるバトルを除いて(後述)。

既存勢ではオニゴーリ隠れ特性「ムラっけで能力をランダムに上げ、攻撃手段はほぼ「ぜったいれいど」に任せるという割り切った博打戦法で有名になった。ORASでメガシンカも獲得したが、性能が微妙な上にムラっけ型が凶悪すぎたために日の目を見なかった。
……一応フリーズスキンの補正込みのタイプ一致「だいばくはつ」という一芸もあったが。

しかし、こおりタイプはこの世代、歴代でも類を見ない暗黒期へと突入することとなった
「ゆきふらし」の天候永続が終了し、霰パーティの戦術がかなり成立しにくくなった。次に「れいとうビーム」「ふぶき」の威力低下「めざめるパワー」が威力60固定となり、倒せなくなる敵が増えた。
加えてドラゴン抜群でライバルとなるフェアリータイプが登場し、あちらはドラゴン技を無効する上に弱点も少ないので大変に分が悪く、はがねタイプの弱点ももろ被りする。
そして、何より天敵であるほのおタイプは、隠れ特性「はやてのつばさ」を引っ提げて登場したファイアローを筆頭にメガシンカを2つもゲットしたリザードン唯一神と蔑まれていたエンテイ本当に唯一神となって帰ってきたなど、尋常ではない強化を遂げて最盛期へ突入してしまった。
「フェアリーが増える→フェアリーの対抗としてはがねが増える→さらにはがねの対抗としてほのおが増える→そこからさらにほのおの対抗としていわが増える」という、こおりタイプにとっては地獄絵図そのものの対戦環境になり、第1世代におけるほのおタイプとこおりタイプの立場が完全に逆転したといえる。
こおりタイプだけに、厳冬期といったところか。

また、フェアリーと異なりドラゴンタイプの4倍弱点を取りやすいメリットがあったため、こおり技自体はまだそれなりに使われてはいた。
中でもポケモン初の相性を覆す新技で、みずタイプに抜群となるフリーズドライが登場。
有用な使い手は少ないものの、みず複合のラプラスが覚えたことで雨パキラーとして名乗りを挙げることになった。

だが、この世代でこおりタイプが最も活躍したのは、この世代で登場したさかさバトルである。相性が反転するために弱点4つがそのまま耐性となり、しかも弱点がこおりのみと物凄く優秀なタイプ相性に変貌した。
しかも、こおりには物理にクレベース、特殊にレジアイスという要塞が存在する。
これにより、かつて行われたさかさバトルレーティングではこおりタイプが大いなる壁としてトレーナーの前に立ちはだかったのであった。
そして、このさかさバトルで一躍名を馳せたのが先のオニゴーリである。

第7世代

冷遇の寒波、収まらず。

なんと、新規追加ポケモンが1種しかいない。
XYの時はじめんタイプだって2匹はいたのに……。
ちなみにポケモンが1種だけの追加は金銀のゴーストタイプドラゴンタイプ以来。その代わりに、リージョンフォームで姿が変わったポケモンが2系統いる。

唯一の新規追加であるケケンカニは、誰もが予想だにしなかったかくとう複合の鈍足重火力アタッカーで、専用技「アイスハンマー」を特性「てつのこぶし」で強化して戦うのが中心。
初のフェアリー複合であるアローラキュウコンは、隠れ特性で「ゆきふらし」を持ち、更に追加された新技「オーロラベール」を駆使して対戦で活躍している。この技の効果は天候が「あられ」の時に限り、リフレクター」と「ひかりのかべ」を同時に張れるというもので、「ゆきふらし」との組み合わせが抜群だが、第7世代当時両立できたのがアローラロコンの系統のみだった。
アローラサンドパン進化前と同じく初のはがね複合で、初出となる隠れ特性「ゆきかき」を持つ。

既存組では、第5世代に登場した3匹が軒並み強化された。
バイバニラが第2特性で「ゆきふらし」を獲得、ツンベアーが「こうげき」上昇かつ第2特性で「ゆきかき」を獲得し、フリージオが「HP」と「ぼうぎょ」上昇と、実戦に耐えうるレベルに到達した。

一方で、一撃必殺技「ぜったいれいど」がこおりタイプに対して無効、そしてこおりタイプ以外が使うと命中率低下という下方修正を喰らった。こおりタイプが使う分には問題ないが、これによってスイクンに大きなダメージが入った。スイクン自体は「ぜったいれいど」を自力で覚えられるようになったため強化されてはいるが。
また、フリーズスキンの補正が1.2倍に低下し、こちらは他のスキン持ちが前世代で暴れまわったツケを払わされる形となった。
スキンの一芸持ちのメガオニゴーリはともかく、アマルルガはスキン補正の乗ったハイパーボイスの威力が下げられたのが痛い所。

対戦では前世代に輪をかけて厳しく、「ゆきふらし」持ちが増えたにもかかわらず、シングルには例のオニゴーリ・マンムー・パルシェンが顔を見せるくらいに留まった。
しかし、オニゴーリが強いどころか強過ぎて対策必須レベルにまで昇格する事態となり、事実上の1強となっていた。
ダブルは……推して知るべし。

第8世代

冷遇の寒波は峠を越え、新戦力台頭。

前作で新規追加が少なすぎた反動からか、ガラル地方が寒冷なためか、いくらか追加された。

新規はむし複合のユキハミ系統、物理を1度だけ無効化するコオリッポ、そして化石の首長から復元する化石ポケモンのウオチルドン(みず複合)とパッチルドン(でんき複合)。
また、リージョンフォームは寒冷地適応としてダルマッカ系統とバリヤードがこおりタイプになり、バリヤード(エスパー複合)は新たにバリコオルへの進化を獲得することとなった。
DLCでは準伝説として、単色のブリザポスが登場している。
バドレックスがブリザポスに騎乗したはくばじょうのすがたも、こおりタイプかつエスパー複合である。
この世代でのこおりタイプの特徴としては、ダイマックスの恩恵。
こおりタイプのダイマックス技「ダイアイス」を使うことで、天候をあられにすることができる。
キョダイマックスラプラスが獲得している。

技方面では天候始動要員であるユキノオー、バイバニラ、アマルス系統が「オーロラベール」を習得している。
ただ天候の上書きが激しい世代でもあるため、安定して発動できるとは言い難い。
今世代ではメガシンカとZワザ廃止に加え、使えるポケモンも制限され、段階を経て増えていくという方針を採っているため、同世代内でも段階によってこおりタイプの地位は絶妙に変化している。

剣盾初期

新規勢では、コオリッポが物理技限定の代わりに条件で復活する「ばけのかわ」持ちだとして一時期話題になった。
ガラルダルマッカから進化したガラルヒヒダルマはその圧倒的な火力で対戦環境に食い込んできている。隠れ特性「ダルマモード」も実用的なものになり、戦術に大きな幅が生まれた。
モスノウは初のむし複合で、ファーコートの特殊版にあたる専用の隠れ特性「こおりのりんぷん」を持つ。
ガラルバリヤードとバリコオルは、場に出た時に敵味方全体のの効果を打ち消す新特性「バリアフリー」を持つ。
パッチルドンウオチルドンは当初目立たなかったが、後のDLCで隠れ特性ゆきかきが解禁されたことで、霰パ復権の道を歩み始めている。

既存組の内、ラプラスはこおりタイプのキョダイマックスわざ「キョダイセンリツ」で攻撃後に味方の場にオーロラベールを展開する。だが、天候「あられ」にする性能を失っているため、霰パではなく雨パで採用されている。
世代を追うごとに少しずつ評価が高まっていたクレベースが、ここにきてボディプレスを習得。
耐久とともに火力面も充実し、物理偏重な対戦環境も追い風で、物理受けとしての出番が大きく増えた。
オニゴーリは「ムラっけ」の効果が見直され、命中率と回避率が対象から外されてしまった。
しかもダイマックス状態は一撃必殺が無効化される上に「まもる」を貫通するため持久戦がしづらく、すばやさのインフレや先制技の増加によって大きく数を減らした。

一方で「めざめるパワー」が消滅したため、サブウェポンとしてのこおりタイプ技が環境から数を減らした。
特に役割対象である4倍弱点持ちが、軒並み不在だったことも向かい風。

鎧の孤島

「鎧の孤島」で復帰したのはアローラサンド系統のみだったが、ポケモンHOMEの解禁でアローラロコン系統、キュレムも先行して剣盾に連れて行けるようになった。新技「トリプルアクセル」はまさかのフィギュアスケート由来という新しいアプローチで度肝を抜いただけでなく、その効果は威力が高い「トリプルキック」である。計算式としては20+40+60で最大120となるが、命中率が90のため失敗した時のリスクが相応に大きい。これによりユキメノコに物理型の芽が本格的に出た他、タイプ不一致ではチラチーノアマージョエルレイド、第2弾DLCで復帰したフェローチェなどが習得している。

ちなみに出禁となったポケモンはおらず、壁貼り要員としてラプラスが引き続き使われている程度だった。

冠の雪原

冠の雪原では天候始動要員のアマルルガをはじめ、ジュゴンとケケンカニの2体を除いた全員が復帰。
準伝説のブリザポスは、鈍足かつこおり単タイプという守りに不利な状態ながら攻撃力・耐久力共に超高水準という化け物じみたステータス、更には優秀な数多くの攻撃技を持ち、じゃくてんほけんを引っ提げて対戦環境のトップに躍り出た。
白馬ブリザポスに騎乗したバドレックスは専用技「ブリザードランス」を獲得している。
ステータスはブリザポスの特徴を受け継いでおり、自身も覚える「トリックルーム」との相性が良い。
さらにバドレックス自身が「スピードスワップ」や「こうそくいどう」も覚えるため、高速アタッカーとしての運用も可能。

ランクバトルの竜王戦ルールでは禁止級のキュレムと前述のバドレックス(はくばじょうのすがた)が使用可能となった。
キュレムはブラックキュレムの強化が非常に大きくシングルで活躍し始めている他、白馬バドレックスは主にダブルで「トリックルーム」エースとして活躍している。

エスパータイプと同じく全盛期の面影が薄れつつあるタイプではあるが、今世代では新勢力の台頭も凄まじい。
攻撃一辺倒だった初代とは違い、戦術も世代を重ねるにつれて開拓されているとも言えるだろう。

外伝作品

ポケモンGO

当初は耐久型や低種族値のポケモンが多く、伝説がいない時期でアタッカーとして活躍できるのはルージュラ(レア枠)ぐらいしかいないというやや冷遇な時代だった。それをいいことにこおりに滅法弱いカイリューがジムで点在するのは日常茶飯事だった。
しかし、マンムー、マニューラ、グレイシアという強力な面子が順次登場したことによりドラゴン/ひこうタイプのレイドバトルでも大きく活躍できるようになった。特にこの3匹が覚える「ゆきなだれ」は「ウェザーボール」に次ぐぶっ壊れ性能を誇っているためジム・レイド、トレーナーバトルどちらでも採用が多い。

トレーナーバトルでは耐久型が多いくさ/ひこう/ドラゴンタイプの対策として、台頭することが多い。今までジムやレイドに不向きだった耐久or低種族値に、ようやく光が差すようになった。さらに、安定したダメージ&チャージ力を持つ「こなゆき」や、相手の攻撃を確定で下げる「こごえるかぜ」など技面でも強力で、読み合いが鍵となるバトルスタイルと見事一致している。最近ではコミュニティ・デイで強力技を2つも貰って大覚醒したトドゼルガが環境を激変・席巻したために看過できない。このように、当初にあった不遇は改善されている。

一方、2020年より実装されたメガシンカ枠に関しては2匹しかいない挙句2匹とも原作では両刀型のため最大CPが4000を超えないという不遇を喰らっている。幸い、どちらも技は優秀なので使えないわけではなく、実際メガユキノオーはこおり技統一DPSでトップ10に入っている。この他、メガシンカ中はアメボーナスという追加効果もあるため、こおりタイプが大量発生したときは積極的にメガシンカさせてみよう。

タイプ相性と特性

タイプ相性

攻撃側タイプ
抜群(2倍)くさ、じめん、ひこう、ドラゴン
今ひとつ(0.5倍)ほのお、みず、こおり、はがね
効果なし(無効)-
防御側タイプ
抜群(2倍)ほのお、かくとう、いわ、はがね
今ひとつ(0.5倍)こおり
効果なし(無効)-

※ただし、技フリーズドライは例外的にみずタイプに抜群になる。

タイプ特性


タイプ相性考察

タイプ相性の有利不利について考察すると、以下のような理由になると思われる。

有利なタイプ

  • くさ:植物に対しては、急激に温度を低下させて枯らしてしまう。
  • じめん:地面に対しては、路面を凍結させて砕けやすくさせてしまう
  • ひこう:空を飛ぶ生物の翼を凍結させて飛べなくさせる
  • ドラゴン:変温動物である爬虫類の要素を含んだドラゴンを凍え死にさせる。


不利なタイプ

  • ほのお:高温の炎で氷が溶けてしまうから。
    • そんな炎の中に氷を入れるなど自殺行為なので、こおりタイプでのダメージは期待できないのは当たり前である。
    • ただし、その発想がなかったのか、第1世代では、ほのおタイプにこおりタイプは等倍だった。
  • かくとう:瓦割りの要領で氷塊を叩き割ってしまうから。
  • いわ/はがね:硬くて重い物をぶつければ、氷が砕けてしまうから。
    • はがねタイプに攻撃が通りにくいのも、鋼鉄の壁が寒波をシャットアウトしてしまうからだろう。


耐性(自分側)

  • こおり:冷気に冷気をぶつけてもより気温の低下が進むだけなので、意味がない。


なお、みずタイプにこおり技を与えるといまひとつになってしまう。一般的に氷は水を凍結してしまうと考えられてしまうのが自然なため、混乱の原因になりやすい。氷が水ありきの存在だからなのか…これに関しては決定的となる説はない。強いて言えば、水は氷を解かすと考えれば、多分違和感は小さい。一応、水分を乾燥させるフリーズドライが登場したことで、こおりタイプ側にもアドバンテージができた。


こおりタイプのポケモン一覧

伝説のポケモン幻のポケモン太字で記載。

第1世代

No.初期No.中間No.最終
087ジュゴン--
091パルシェン--
124ルージュラ--
131ラプラス----
144フリーザー----


第2世代

No.初期No.中間No.最終
215ニューラ--
220ウリムー221イノムー
225デリバード----
238ムチュール--


第3世代

No.初期No.中間No.最終
361ユキワラシ362オニゴーリ--
363タマザラシ364トドグラー365トドゼルガ
378レジアイス----


第4世代

No.初期No.中間No.最終
459ユキカブリ460ユキノオー--
461マニューラ--
471グレイシア--
473マンムー
478ユキメノコ--


第5世代

No.初期No.中間No.最終
582バニプッチ583バニリッチ584バイバニラ
613クマシュン614ツンベアー--
615フリージオ----
646キュレム----


第6世代

No.初期No.中間No.最終
698アマルス699アマルルガ--
712カチコール713クレベース--


第7世代

No.初期No.中間No.最終
740ケケンカニ--


第8世代

No.初期No.中間No.最終
(バリヤード)866バリコオル
872ユキハミ873モスノウ--
875コオリッポ----
881パッチルドン----
883ウオチルドン----
896ブリザポス----

※リージョンフォーム専用の進化。

第9世代

No.初期No.中間No.最終
ハルクジラ


メガシンカポケモン

ポケモン
メガオニゴーリ
メガユキノオー


リージョンフォーム

ポケモンタイプ(変化前)タイプ(変化後)
アローラサンドじめんこおりはがね
アローラサンドパンじめんこおりはがね
アローラロコンほのおこおり
アローラキュウコンほのおこおりフェアリー
ガラルバリヤードエスパー・フェアリーこおりエスパー
ガラルダルマッカほのおこおり
ガラルヒヒダルマほのおこおり
ガラルヒヒダルマ(ダルマモード)ほのお・エスパーこおりほのお
ヒスイクレベースこおりこおり・いわ


フォルムチェンジ

※任意で姿やタイプを変更(チェンジ)できるもののみを言う。そうでないものは含まれない

No.ポケモン形態名
351ポワルンゆきくものすがた
479ロトムフロストロトム
493アルセウスつららのプレート
773シルヴァディアイスメモリ
898バドレックスはくばじょうのすがた


こおりタイプポケモンの主な使い手

センシティブな作品
World Leader: Pryce
カンナヤナギ
四天王(カントー)ジムリーダー(ジョウト)
熱き氷のプリム
またキッサキにおいで!
プリムスズナ
四天王(ホウエン)ジムリーダー(シンオウ)
せいや!
ポケモン X&Y / 13
ハチクウルップ
ジムリーダー(イッシュ)ジムリーダー(カロス)
ジーナさん
メロンさんと手持ち達
ジーナメロン
ポケモントレーナー(アローラ)ジムリーダー(ガラル)
グルーシャ&ハルクジラ
グルーシャ
ジムリーダー(パルデア)


プラズマ団ヴィオも手持ちをこおりタイプで統一しており、エキスパートトレーナーとみなす人もいる。
だが、こおりタイプのポケモンで主人公の邪魔をしてくるだけであり、似たような立場のザオボープルメリと違ってそのタイプ縛りで強いトレーナーになろうとする意思が一切見られないため、エキスパートの枠に含めないのが一般的であるようだ。


その他のタイプ

ノーマルタイプほのおタイプみずタイプ
くさタイプでんきタイプこおりタイプ
かくとうタイプどくタイプじめんタイプ
ひこうタイプエスパータイプむしタイプ
いわタイプゴーストタイプドラゴンタイプ
あくタイプはがねタイプフェアリータイプ



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 ポケモンのタイプ一覧 ポケモン技絵
RGBP GSC RSE FRLG DPt HGSS ポケモンBW ポケモンBW2 ポケモンXY ORAS ポケモンSM ポケモンUSUM LPLE ポケモン剣盾 BDSP

スキーヤー

氷属性

関連記事

親記事

ポケモンのタイプ一覧 ぽけもんのたいぷいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「こおりタイプ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「こおりタイプ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 928594

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました