ピクシブ百科事典

ブリザポス

ぶりざぽす

ポケモン剣盾のDLC『冠の雪原』に登場する伝説のポケモン。
目次[非表示]

「バシロォーッス!!」

データ

図鑑No.896
分類あばれうまポケモン
タイプこおり
高さ2.2m
重さ800.0kg
特性しろのいななき


概要

ポケモン剣盾冠の雪原から登場した、い馬の姿を持つ伝説のポケモン
闇夜の黒馬・レイスポスとは対になる。

体内で生成した冷気を鼻や蹄の先から放射して相手を凍らせることができ、身体の各部がキュレムよろしく、放出した氷で生成された刺々しい氷で覆われた力強い出で立ちが特徴。身体を覆う氷のプロテクターにより威力が高まった、破壊力抜群の攻撃を放つことが可能になっている。
特に顔を覆う非対称な氷のマスクはダイヤモンドの100倍にもなるほどの凄まじい硬度を持っている。

凄まじい怪力と逞しくて太い脚で豪雪地帯や悪路さえも突き進むタフさを持つが、その覆われた氷によるものなのか俊敏に動く事が苦手。
その代わりに蹄から冷気で放出して地面を凍らせ、滑るように動くことで鈍重な自身の動きを補っている。

吹雪止まぬ寒冷地にしか育たない特殊な「つめたいニンジン」が大好物。
「暴れ馬」の分類の通り、欲しいものは何でも強引に奪い取ろうとする気性が荒い性格で、大昔はカンムリ雪原一帯を荒らす乱暴者として知られ、脅威を感じた相手には近寄らない狡猾さも秘めている。

だが、当時そこを修めていた豊穣の王・バドレックスによって調伏された結果、その愛馬として長らく力になったとも云われ、主が跨る時人馬一体の姿となって真なる力を発揮する。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計値
1001451306511030580

物理攻撃力と(物理・特殊共に)耐久力にも優れた種族値で、レイスポスとは逆に物理攻撃に秀でた無駄のない配分と言える。
素早さは同じ馬仲間のバンバドロよりも鈍足。

メインウェポンになりそうな技としては、安定性のあるつららおとし、相手のきあいのタスキ「無効にできるつららばり、低いすばやさを活かしたゆきなだれがある。
サブウェポンもそこそこ豊富で、低い素早さに適した技でドラパルトには大きな打点となるダメおししっぺがえしうっぷんばらし、シンプルなあくタイプわざのじごくづきかみくだく、苦手なほのお、いわ、はがねに抜群を取れる10まんばりき、重い体重を活かしてフェアリーに抜群のとれるヘビーボンバー、通りの良いかくとうタイプのインファイトボディプレスがある。
覚える技の中には「ゆきなだれ」「しっぺがえし」「ダメおし」「ヘビーボンバー」「ボディプレス」等、彼の鈍足さや鈍重さを存分に発揮できるものが多い。

こおりタイプ故に弱点が多く耐性も少ないが、そこはH100B130D110という耐久ポケモン並みの種族値で多少はどうにかなる。(Hに252振った場合は物理ならA特化バンギラスストーンエッジを1発は耐え、特殊ならC特化リザードンだいもんじをも耐えることができる。)
ここからダイマックスしてしまえば一撃で落とすということまず不可能に近いので、じゃくてんほけんを持たせてトリックルームスピードスワップを使ったパーティのダイマックスエースとしての運用が良いだろう。一度じゃくてんほけんを発動させ、すばやさもカバーする手段があればもうほとんど止めることは不可能になる。その火力はB特化したエアームドでもダイアイスで半分以上削れるほどであり、並大抵のポケモンでは受け出しは不可能となる。

とはいえおにびなどにはめっぽう弱いため弱点を突くことができないヒートロトムなどには簡単に止められてしまうので注意が必要。

関連タグ

ポケモン剣盾 ポス馬
バドレックス レイスポス
伝説のポケモン

関連記事

親記事

ポス馬 ぽすば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブリザポス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91361

コメント