ピクシブ百科事典

目次[非表示]

第4世代から登場した、あくタイプの物理技。

データ

初出第四世代
タイプあく
分類物理
威力50
命中100
PP10
攻撃範囲一体選択
直接攻撃
追加効果後攻であれば、威力が2倍になる。相手が交代したターンは適応外(第5世代~)
英語名Payback


概要

あくタイプの物理技。
あることをされたとき即座に仕返すことを意味する言葉だが、その通り相手より後に攻撃するだけで、威力が2倍になる技。
あくタイプの攻撃わざとしては追加効果の発動条件が比較的緩いのが特徴。
但し相手が交代したターンはこの効果が適応されないので注意。

当たり前だが先手で使って威力は期待できないので、基本は鈍足アタッカーに採用すると良い。
シングルバトルで採用する場合はほぼ相手の攻撃を被弾する事が前提になってしまうので(積み技を使ってくるなら別と言えば別だが)耐久面には細心の注意を払おう。
ダブル以上では攻撃対象の後に攻撃できれば効果が適応されるので、シングルよりも狙いやすくなる。

因みに第4世代では相手の交代で出てきてこちらが後攻になった場合でも威力が2倍になっていた。

第8世代ではわざマシンが2番道路にて博士の研究所の裏に落ちており、入手できるタイミングが非常に早くなった。
威力が100になるのは条件付きとはいえ最序盤から入手できる技としては威力が高く、しかもわざレコードではなくわざマシンのため何度でも使うことが可能と至れり尽くせり。

外伝作品では

ポケダン

こちらでは変化技になり使用するとしばらくの間物理攻撃を受けると反撃するようになる。
(この反撃はターンを消費しない)

ポケモンGO

2021年1月16日に開催されたワンリキーコミュニティ・デイに合わせて実装。
あくタイプの技であるにも関わらず、実装当初はカイリキーの専用技であった。
その後、4月13日に行われたアップデートにより、ペルシアンアブソルノクタス系統、ドータクン系統、レパルダスが新たに習得できるようになった。

後攻で繰り出すと高威力になるという原作における設定を反映してか、フルゲージ技で、威力はジム・レイドでは100、PvPでは110となっている。PvPでの方が威力が高くなる数少ない技でもある。

基本的にエスパーゴースト対策として採用される…と言いたいところなのだが、肝心の習得者が軒並み耐久が低い者ばかりであり、上手く立ち回らないとゲージを溜めきる前に倒されてしまうこともままある。そのため、使い勝手はイマイチといったところであり、採用率はあまり高くない。

関連タグ

ポケモン あくタイプ ポケモン技絵

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「しっぺがえし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25607

コメント