ピクシブ百科事典

キテルグマ

きてるぐま

キテルグマとは、ポケモン第7世代に登場するポケモンである。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.760
アローラずかんNo.170
ぶんるい ごうわんポケモン
タイプ ノーマル/かくとう
たかさ 2.1m
おもさ 135.0kg
とくせい もふもふ/ぶきよう/きんちょうかん(夢特性)


他言語版の名称

英語 Bewear
イタリア語Bewear
スペイン語Bewear
フランス語Chelours
ドイツ語 Kosturso
韓国語  이븐곰
中国語 穿著熊(繁体字)/穿着熊(簡体字)


進化

ヌイコグマキテルグマ(Lv27)

概要

初登場はポケモンSM
着ぐるみを着た黒い熊のような見た目のポケモン。ヌイコグマの進化形。
頭部分はピンク色をしている。
地味に熊型ポケモンの中では最速のLv.27で進化する。

どことなく黒い着ぐるみのアイツに見えるが、おそらくモチーフはレッサーパンダだと思われる。
耳部分はカチューシャの様な形状をしている。
名前の由来は「着てる」+「熊」と思われる。

着ぐるみの様な可愛らしい姿だが、実は見た目とは裏腹にとてつもなく恐ろしいポケモンなのである。














キテルグマ



なんと、こんな見た目からは想像もつかない馬鹿力を誇り、背筋力は1トンにまで上るという全身筋肉のマッシブポケモンである。
両腕で組み付いた相手をその超怪力で押しつぶす攻撃が得意で、丸太も簡単に真っ二つにへし折ってしまう。

発表当初のイラストでも無表情でへし折っていてさらに怖い。
その凶暴さと、人間の格闘技を習得する程の器用さから「森の格闘王」という別名を与えられ、アローラ地方にはキテルグマの出現注意の看板が立つほど。

なお、野性のキテルグマは人里から大きく離れた「ポニの険路」にのみ生息し、出現率も低いため滅多に遭遇することはない

だぁいすき〜
私の友達



トレーナーに友情の印として抱擁を行うが、力加減がわからないのかトレーナーの体を馬鹿力で締め上げ、正真正銘のベアハッグ」(プロレス技)を受けてしまう事になり、トレーナーはキテルグマに抱きつきの力加減を教える必要がある。

ごうわんポケモン



キテルグマの育成には命がけになるほど危険で大変らしく、キテルグマの抱擁で背骨を折られ、死亡してしまったトレーナーも多いらしい。
また、あのムサシにもベアハッグの被害にあっている。


…ポケモンの育成ってこんな大変だったっけ?

たかさ:2.1m



高さも2.1mと結構大きく、同じノーマルタイプのカビゴンと同じ高さである。
同じ熊モチーフと比べるとリングマ(1.8m)よりもデカく、ゴロンダ(2.1m)と同じ高さ。

元ネタのレッサーパンダはそんなに凶暴な動物では無いのだが、クマだけでなくレッサーパンダの近縁であるアライグマも名前の由来である可能性があり、恐らく凶暴性はそこから来ているのだろう。
ちなみにジャイアントパンダが見つかる前はレッサーパンダが我々の言う『パンダ』とされていたことからクマとレッサーパンダが融合したようなデザインになったのかもしれない。

クマレッサーパンダとぬいぐるみの個性を合わせた結果がコレだよ!
どうしてこうなった

その凶悪さから、SCP財団を知るファンからはKeterグマ(ケテルグマ)とも呼ばれている。

なお、戦闘画面では常に無表情で目を閉じたりまばたきする以外の表情の変化がない。攻撃を受けるときも両腕で顔を隠すため表情がわからない。ちなみに特殊技使用時やポケリフレ時、アニメからも分かるようにちゃんと口はある
野生で仲間を呼んできた時はその巨体が二匹並ぶためとてもシュールで威圧感がある。

ゲーム内の性能

タイプはメロエッタ(ステップフォルム)とメガミミロップと同じノーマルタイプかくとうタイプの複合で、通常のポケモンが持っているのはキテルグマが初

特性は「ぶきよう」と新しく追加された「もふもふ」。
「もふもふ」の効果は接触攻撃によるダメージを半減する代わりに、ほのおタイプの攻撃によるダメージは2倍になってしまう、というもの。
類似特性の「ファーコート」とは異なり接触攻撃が対象のため、非接触であれば物理技でも半減できず、特殊技でも接触攻撃であれば半減されることに注意。
特に採用率の高い「じしん」に対して発動しないことはしっかり覚えておきたいところ。
特殊技の接触攻撃は数えるほどしかなく、単純な性能だけ見ると「ファーコート」の下位互換といった感じ。
もっともトリミアンアローラペルシアンと比べるとこちらは素の耐久値で大きく勝っているので、バランス上仕方がないとも言える。

ちなみに「かえんぐるま」や「フレアドライブ」を受けた場合は、打ち消しあって等倍となる。
また、複合タイプの関係上フライングプレスは4倍ダメージになるが、接触技のためうまいこと打ち消し合い2倍ダメージで計算される。ただしこの技のを使うルチャブルは特性かたやぶり持ちもいるため注意。
あの脳筋ウサギたちの様に「ちからもち」を持っていたら、さらに恐ろしい事になっていたかもしれないと思われていたが、夢特性は「きんちょうかん」であった。

種族値はイメージ通りの物理アタッカー配分。
攻撃は125とリングマには及ばないが非常に高く、図鑑説明も納得の高フィジカルである。
HPが何気に120とクレセリア並に豊富なのも目を引く。
また見た目からすると鈍足のイメージがあるが、素早さも60とそこまで低くもなく、特防が低い以外は目だった欠点のないステータス配分。
「もふもふ」を活かして物理に繰り出すアタッカー型が基本になるだろう。

二足のかくとうタイプらしく「かみなりパンチ」・「れいとうパンチ」を覚えるが、ほのお技に弱くなる「もふもふ」を持っているせいか「ほのおのパンチ」は使えない。

アニメ

キテルグマが来てる



CV:かないみか

「くーっ」

主にロケット団を回収するキャラクターが定着している。
詳しくはしまっちゃうキテルグマの記事を参照。

主な使用トレーナー(※ゲーム版)


ルザミーネが使う手持ちは強力なオーラを放つ関係で通常個体より目つきが悪くなっているが、唯一キテルグマだけは通常個体と同じく無表情である。ある意味平常運転であるが、かえってそれが怖いというプレイヤーも少なくない。

関連イラスト

キテルグマまとめ
キテルグマ


キテルグマだよ
キテル



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンSM 
公式が病気 黒いゲーフリ サン&ムーン ムコニャ

歴代クマモチーフ


他作品の共通点が多いキャラ

  • グルーミー…クマがモチーフのキャラクター、無表情で凶暴性を持つ、身長が同等など共通点が多い。
  • もんざえモン…クマのきぐるみ型の初代デジモン。目付きが悪く不気味な見た目と裏腹に、溢れる愛のパワーで相手を幸せな気持ちにさせる能力を持つ。
  • ベアッガイⅢ…クマのぬいぐるみがモチーフになっているガンプラ。元はアッガイ
  • フィニック…逆ギャップ萌えつながり。
  • しまっちゃうおじさん…存在そのものがシュール。回収班担当。
  • 百合城銀子…イメージカラーがピンクと黒、見た目はかわいいが恐ろしい生態を持つクマつながり
  • SCP-1048…こちらも見た目はかわいいが恐ろしい生態を持つクマ(テディベア)

pixivに投稿された作品 pixivで「キテルグマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1421227

コメント