ピクシブ百科事典

ローブシン

ろーぶしん

ローブシンとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するモンスターの一種である。初登場は第5世代(BW)
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.534
イッシュ図鑑第1版 No.040
イッシュ図鑑第2版 No.075
英語名Conkeldurr
ぶんるいきんこつポケモン
タイプかくとう
高さ1.4m
重さ87.0kg
とくせいこんじょう / ちからずく / てつのこぶし(隠れ特性)


進化系

ドッコラードテッコツローブシン

ド・ドテ・ロ



概要

『ポケットモンスターブラックホワイト』(第5世代)に初登場したポケモン。
名前の由来は恐らく『ロー(老)+ブシン(普請、武神、武臣)』と思われる。

ドテッコツを通信交換に出すことで進化する。
進化前がそれぞれワンリキーゴーリキーとすれば、こちらは第5世代のカイリキーポジション。
持ち物の関係でポケモン界では大工としてキャラ付けされることが多い。

ホワイトの図鑑に「つえの 代わりの コンクリートの柱を 筋力を 使わず 自在に 振り回す 技を 持つ」とある通り、ジジイのように見えてかなりパワーアップしている。トレードマークの建築資材はコンクリート柱の二刀流へと進化し、その柱からいわなだれやストーンエッジが繰り出される。
ブラックの図鑑には「コンクリートを 作る 技術は 2000年前に ローブシンから 教わったと 考えられている」と、あるため、コンクリ柱は恐らく自作したものであると考えられる。

ちなみにギエピーで有名なコロコロのポケットモンスターでレッドのポケモンとしてレギュラーを張っている。

性能面

攻撃、防御共に物理面に優れる。
特に、攻撃力に関しては、それまで格闘タイプのポケモンで最も攻撃力種族値の高かったカイリキーキノガッサを上回る140であり、格闘ポケモンで最も攻撃種族値の高いポケモンとなっている。
その他の能力はカイリキーと比較すると、素早さと特防が下がった分がHPや防御に回されている。
アタッカーとしては結構シャレにならない物理耐久があり、単純なHP振りのみでも相手のタイプ一致等倍技を2回耐えるといったような事も多い。

メインのタイプ一致技で使われるのはアームハンマー」「ばかぢから」「ドレインパンチの3種。
サブウェポンでストーンエッジ」「いわなだれとこれだけでも相性補完は十分。
また、先制技としてマッハパンチ(タマゴ技)」を使え、元々鈍足である事と、素早さの下がるアームハンマーとの相性は抜群である。
この攻撃力での一致先制技なので、弱点相手に撃てば根性発動時でドリュウズが、ダブルでいばると組み合わせればサザンドラがマッハパンチ1発で沈むという凄い威力でもある。
その他のタイプはしっぺがえし」「じしんも覚えられる。タイプ不一致とはいえかなりの威力を誇る。
BW2の教え技で三色パンチも習得し、範囲が大きく広がったおかげで受けるのはかなり困難なポケモンの1体となっている。

補助技は元ある攻撃力と耐久を更に上げるビルドアップが相性良好。「ドレインパンチ」+「ビルドアップ」で居座る事も出来る。

特性は全て攻撃力強化に関するものであり、通常特性は「こんじょう」「ちからずく」で、夢特性は「てつのこぶし」
通常特性は状態異常を攻撃力に変換できる「こんじょう」がBWでは基本となっていたが、BW2の教え技でついに三色パンチが追加され、「ちからずく」も有用になった。
特性によって対応技の反動が無くなる命の珠を持たせれば、不一致の三色パンチで格闘受けとして強力なヤドランを倒せてしまったり、マルチスケイルカイリュー一撃で倒したりと非常識な火力が恐れられた。
「てつのこぶし」は所持している技の大半が特性の恩恵を受ける為、汎用的に使える非常に強力な特性となっている。
3つの特性の全てが強力なポケモンとしてよく挙げられるポケモンでもあり、格闘と言うタイプが強いこともあり、ボルトロスウルガモスとともに第5世代を象徴するポケモンとして挙げられた。

第6世代では苦手なタイプにフェアリータイプが増えた上、鬼畜特性はやてのつばさを持つファイアローの登場。
鬼火環境の中で「こんじょう」持ちである事や、どくづき、味方のリフレクター、バコウのみで対抗できるとはいえ、ムーバー解禁前の初期環境では重要な教え技も無く、強力な格闘タイプメタも台頭により数を減らしていた。ギルガルドメガフシギバナに碌な打点が無かった点も響いている。
ポケムーバー解禁後でもそれらの存在が悩ましいことには変わりないが、威力が3倍以上に強化された安定威力の悪技はたきおとすを教え技経由で習得できていた為、ゴーストやエスパータイプの物理受けはもちろん、追加効果の関係でそうでは無い他のポケモンも後出しに大きなリスクを追う事になる。
遅い物理受けのヤドランランクルス、輝石頼りのサマヨールなどは致命的な損害どころか、あわよくばそのまま倒せる狂いっぷりはXYでも健在である。
前述のはたき落とすを含めて刺さる教え技の他、「からげんき」の仕様変更により「こんじょう」以外でも採用価値が生まれ、「高火力特殊攻撃で倒す」というブシン対策の一つの否定となるとつげきチョッキの実装などの強化点も元々あったため、以前ほどの活躍はないものの、究極完全体ローブシンと呼ばれるような期待されていた活躍は果たせていると言える。

育成面での難点としては、必須技含めた使用技のほぼ全てが遺伝技、教え技に偏っていること。
このため1から用意しようとすると非常に手間を必要とするポケモンでもある。
また、夢特性はゆめしまで解禁されたため、はたき落とすや3色パンチ持ちの鉄の拳ローブシンはPGL5thやWifiコネクションが終了している以上、既に持っている人からリアルで貰うと言う方法しかできない。
しかし、ORASで新たに追加されたサーチ機能(機能を使うには目標を使用前に1回は捕まえないといけないが)で、遭遇回数を重ねると高個体値のポケモンや遺伝でのみ覚えるいわゆるタマゴ技、さらには夢特性を持つものがヒットする場合があるので、この方法でてつのこぶし持ちのドッコラーを手に入れられるようになった。

関連イラスト

※空は飛べません。良いトレーナーは真似しないでください。

d…ローブシン



主な使用トレーナー

レンブ/四天王(イッシュ)
シューティー(アニメ版)
アデク(BW2)
シジマ(PWT)
レッド(コロコロコミック版)

関連する項目

ポケモン一覧 かくとうタイプ
ポケモンBW イッシュ

pixivに投稿された作品 pixivで「ローブシン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502893

コメント