2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ハリテヤマ

はりてやま

ハリテヤマとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.297
英語名Hariyama
ぶんるいつっぱりポケモン
タイプかくとう
たかさ2.3m
おもさ253.8kg
とくせいあついしぼう/こんじょう/ちからずく(隠れ特性)


進化

相撲


マクノシタハリテヤマ(レベル24)

概要

マクノシタの進化系。体がより大きくなって横綱のような貫禄になっており、名前の由来も「張り手+○○山(双葉山など、力士によくある名前(四股名)」から。

その名の通り相撲を得意とし、毎日色んな場所で相撲の稽古に励んでは、体の大きなポケモン達と力比べをすることを好む習性を持っている。

強烈な張り手は電信柱を真っ二つにし、10トントラックをたやすく吹っ飛ばし、走ってくる列車も真正面から止めてしまうほど。
その力の秘密は、太っているような外見に反して体が筋肉の塊になっているから。全身に力を込めると筋肉は岩と同じ硬さになり、四股を踏んで地面を踏み鳴らしパワーを溜める。
しかし強さは体格で決まるものではなく、小さな個体は技を磨いて強くなるのだとか。

決して乱暴なポケモンではなく、気は優しくて力持ちを体現するかのように、戦った相手への敬意も持ち合わせている戦士の鑑。
年を取ると現役を引退するという概念が彼らにもあるようで、そうした個体は若いマクノシタ達に稽古を付けて暮らすようになる。

ゲームにおける性能

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ
14412060406050

鈍足で防御の数値も少々低めだが、なんと144という非常に高いHPのおかげで、耐久面はカイリキーとほとんど変わらない。
かくとうタイプらしく攻撃も十分に高い数値となっており、重戦車型のステータスと言える。ちなみにHPが極端に高いため、防御・特防に努力値を振ったほうが総合的に耐久力が高くなる。

特性はどちらも優秀で、状態異常で「こうげき」が上がる「こんじょう」と、ほのおこおりタイプの攻撃に対しての耐性を得られる「あついしぼう」。
「こんじょう」は自ら状態異常になる持ち物かえんだま」「どくどくだまと怯ませ技ねこだましを組み合わせ、ダメージを与えつつ状態異常になることで安全に発動させられる。
「あついしぼう」は元からある耐久力を活かし、ウルガモスパルシェンなどに強く出ることができる。
どちらの特性もすぐには分からない上に分かった時は既に大きく戦況が傾いていることも多い。相手にしてみれば厄介なことこの上ないだろう。ダブルバトルでも有用である。

見た目によらずかなり器用。三色パンチは勿論のこと、「ねこだまし」バレットパンチフェイントと三種類の先制技を覚え、防御面では「ワイドガード」や「カウンター」、サポートでは「にほんばれ」や「てだすけ」といった技も覚えることができる。強いて言うなら豊富な先制技を持ちながらタイプ一致の「マッハパンチ」は覚えないのが少々惜しいところか。
またはらだいこも覚え、これに味方の「トリックルーム」がかかろうものなら一気に無双ゲームの開始となる。
上記の強力な特性と併せ、多くの型を作ることのできるカスタマイズ性の高いポケモンと言えるだろう。

なお関取であるが、相撲は国技じゃないッス!格闘技ッスー!といわんばかりに明らかにボクシング技の「インファイト」を自力で覚える。それどころかタマゴ技や教え技では相撲で反則行為となるパンチ技まで覚える。まあ、使用する側としては困らないのでいいのだが。
また、「つっぱりポケモン」であるが、決してガラが悪い方の「ツッパリ」ではない。

また、複数回攻撃するかくとう技「つっぱり」は登場後しばらくは専用技であったが、後にチャオブーヘラクロスヤンチャムが自力で覚えてしまった。どちらにしろ威力が低すぎて採用されることはまずないのだが…。

第5世代にて高火力と高耐久を併せ持つ上にハリテヤマと同じ「こんじょう」・「ちからずく」を持ったローブシンの登場により少々厳しい立場に立たされているが、もう一つの特性「あついしぼう」や前述の「ねこだまし」による安定した「こんじょう」発動などで充分に差別化できているため決して劣化にはならない。
ハリテヤマが覚えてローブシンが覚えられない技でも「インファイト」、「はらだいこ」、「バレットパンチ」など中々強力な技が多いため、相手によってはハリテヤマの方が有利に戦える場面も多いだろう。
そして第7世代では先制技を封じ込めかつ弱点まで突いてくる天敵の登場で仲良く肩身が狭い……。

なお、隠れ特性「ちからずく」は一見すると有用そうに見えるが、対象となる技は不一致技ばかりで恩恵が薄い。「グロウパンチ」は適用技だが、せっかくの性能が無駄になってしまう。
その辺はローブシンも同じなのでどっこいどっこいと言いたいが、ハリテヤマの場合「ねこだまし」も対象になるせいで「ねこだまし」で怯ませられなくなってしまい、ハリテヤマ本来の持ち味を無駄にしてしまいしかねないので対戦では非推奨だったりする。

ポケモンSVでは新たな相撲技の「ぶちかまし」を習得。更に自身に似せたサイボーグ?であるテツノカイナが登場した。能力はこちらが負けてしまっているものの、向こうは「ぶちかまし」や「はたきおとす」などを覚えず、タイプも特性も違うので下位互換になったとはいえない。また、今作ポケモンホーム解禁前で「ぶちかまし」を習得できるのはハリテヤマとイダイナキバのみである。

何かとネタにされる思い出し技の「しおみず」は、汗ではなく力士が取り組み前に撒く塩のイメージだと思われる……とか言ってたらポケモンSVで倒した時の素材に「マクノシタのあせ」が出てきてしまった。
そして、「あさせのしお」を持たせるのが最も似合うポケモンであるが、あさせのしお自体が何の効果も持たないアイテムであるためにネタの域である。せめて「なげつける」で相撲を再現してあげよう。

ポケモンGO

2017年12月9日に、第三世代から最初に実装された50種類のうちの1つとして登場。

立ち位置としてはざっくり言うと「初心者から上級者まで頼れる」格闘タイプ。
攻撃性能ではカイリキーローブシンには及ばないもののそれらのポケモンに次ぐ高さを持っており、進化にかかる手間もカイリキー達より少なく済むのはうれしい。
進化前のマクノシタの出現率もワンリキーと同様巣を除けば低めだが、現在でも天候が曇りの時にはレアリティが低めな為街中でもそれなりの頻度で出現するのでアメ集めは比較的行いやすい。また、2018年5月上旬に行われたイベント:バトルウィークではワンリキーやアサナン共々出現率が大幅にアップして遭遇しやすくなったため、この間にたくさん捕まえておいたトレーナーならば、育成にはそこまで苦労はしないだろう。

入手し易いメリットと高めの火力・HPに加え、かくとう技の組み合わせで特にダメージ効率が良いとされる「カウンター」と「ばくれつパンチ」の組み合わせを実現可能なので、カイリキー同様アブソルバンギラスなどの強力なあくタイプポケモンのレイドバトルでは貴重な戦力になってくれる。
HPに秀で、倒されにくくヘビーボンバーも扱える為ジム防衛にも扱える。

主な使用トレーナー

シバハリテヤマ


Hala & Hariyama



アニポケでは他にも、テツヤコゴミも使用している。公式戦では、殆どの個体がサトシのポケモンを1体は倒しているため、サトシにとっては強ポケの1体である。

関連イラスト

No.297 ハリテヤマ
ポケモン界の大横綱




ハリテヤマ


やっぱりこんな扱いもたまには…ある。

関連タグ

ポケモン一覧 かくとうタイプ
相撲 力士
テツノカイナ

関連記事

親記事

マクノシタ まくのした

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 746509

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました