ピクシブ百科事典

フェイント(ポケモン)

ふぇいんと

フェイントとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第4世代
タイプノーマル
分類物理
威力50(第4世代のみ)→30(第5世代以降)
命中率100
PP10
範囲1体選択
直接攻撃×
効果まもる」系統の技を使用した相手にも攻撃でき、相手の守り効果を解除させる。 攻撃優先度+2
備考第4世代のみ、相手が守りの体制に入っていないと失敗する。


概要

第4世代から存在する技。
当初はまもるみきりといった自分を守る技を相手が使用していないと失敗してしまう為、使いにくさに定評のある技だったが、第5世代からは相手が守っていなくても攻撃が成功するようになった。

ただし、その代償として威力はもともと50あったのだが20も下がってしまった。
優先度は「しんそく」と並ぶ+2であるものの威力は「でんこうせっか」以下であり、「まもる」などを狙って使うより「きあいのタスキ」対策やHPの少ないポケモンを確実に仕留めるなどの用法が多い。
また、優先度+2であるため相手の「ふいうち」を無力化させることができる。でも威力はお察しください
地味に非接触技であるのもポイント。どう見ても触っているようにしか見えないのは気のせいだ。

先制技を防げる「ファストガード」を崩せる唯一の先制技でもある。
また、相手が「ワイドガード」「ファストガード」「トリックガード」を使った場合、技を使っていない側に「フェイント」を当ててもこれらの守りは解除される。
範囲攻撃や先制攻撃を使う側も使われる側もよく覚えておきたい。
また、「まもる」などを失敗させるではなく成功したものを解除する(つまり技が成功した扱い)効果である為、解除された相手は次のターンこれらの技を失敗しやすくなる。
ただし「ファストガード」「ワイドガード」「トリックガード」は連続で使っても失敗しない為、これらに対して「フェイント」を連続で使うべきかどうかは悩ましい。
なお、上記2つの仕様は「シャドーダイブ」「ゴーストダイブ」にも共通している。

ちなみに第6世代で登場したメガカイロスが使う「フェイント」は30×タイプ一致×スカイスキン補正で58.5と、中々の威力が出せる先制技となる。
しかも唯一ゴーストタイプにも効果がある。おい、そこ!「ゴーストダイブ」でいいとか言わない。
ただしメガカイロスは「でんこうせっか」も使用できるため、どちらを使うかはプレイヤーのスタイル次第になるだろう。
どちらかと言えば、特性「はやてのつばさ」に優先度で勝る「フェイント」の方が有力とされている。

関連項目

ポケモン技絵 ポケモン技一覧 ノーマルタイプ
しんそく でんこうせっか
シャドーダイブ ゴーストダイブ
フェイント(曖昧さ回避)

コメント