2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

コジョンド

こじょんど

コジョンドとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.620
イッシュ図鑑第1版No.126
イッシュ図鑑第2版No.220
ぶんるいぶじゅつポケモン
タイプかくとう
たかさ1.4m
おもさ35.5kg
とくせいせいしんりょく / さいせいりょく / すてみ (隠れ特性)


他言語版の名称

英語Mienshao
イタリア語Mienshao
スペイン語Mienshao
フランス語Shaofouine
ドイツ語Wie-Shu


進化

コジョフー (Lv.50)→ コジョンド

コジョンドとコジョフー



概要

ポケットモンスターブラック・ホワイト』(第5世代)にて登場した、コジョフーの最終進化系。
名前の由来は恐らくオコジョと武道の一種であるジークンドーを掛け合わせたものだと思われる。

分類上はオコジョだが顔立ちはどことなくキツネっぽい。
カラーリングは冬毛のオコジョがモチーフになっている。その割にはタイプはかくとう単体、
折角2刀流可能な種族値なのでこおり・かくとうの複合タイプだったらなおよかったのだが…。

腕の長い体毛をムチのように振り回して圧倒的な連続攻撃する。
その体毛によってリーチを約二倍程にまで引き伸ばしており、実際の手は垂れ下がっている体毛の根本辺りにちょこんとある(正面からはまず見えない)。
基本的に図鑑では腕の毛部分を武器にするという話なのだが、そういった技は特に覚えず(一応「インファイト」を覚えるようにはなったが)、実質的な必殺技は短い足から放たれる「とびひざげり」である。

如何にも空気抵抗がありそうな長い体毛を見るに、攻撃は大振りになってしまうのではないかと思いきや、確かにトドメの一撃こそ溜めてから放つと図鑑解説にもあるが、実際は目にも止まらぬ速さでのキックやチョップの連打攻撃が得意だと紹介されている辺り、そこまで扱いには苦労していない様子。また、コジョンドのあの独特の鳴き声はこの連打攻撃を出す前兆なのだという。つまりカンフー映画などで聞く怪鳥音の事である。
なお、ソード版の図鑑説明では「真の強敵との戦いには腕の体毛を噛みちぎり、より身軽な状態で臨む」というまさかの生態が明かされた。

性能面

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
65125609560105510

高速アタッカー寄りの能力であり、素早さの種族値は105とガブリアスを彷彿とさせる絶妙に高い値となっており、登場時点ではかくとうタイプの中でゴウカザルに次いで素早かった。
対戦では、それを活かして「ねこだまし」→「とんぼがえり」で戦場をかき乱す戦法が得意。特に「とんぼがえり」は苦手なエスパーを潰せる上に、特性の「さいせいりょく」との相性が抜群である。
みがわり」→「バトンタッチ」を使うタイプも存在しており、
みがわりに使用したHPを「さいせいりょく」で補充しつつ味方に身代わりを引き継げる。

ステータスでは種族値125の物理攻撃力が光る。BWで威力が130に強化されたとびひざげりが非常に強力。隠れ特性すてみで更に火力が上がる。
特殊攻撃の種族値も95あり、「はどうだん」も覚えるため特殊型も可能といえば可能。さりげなく「くさむすび」も覚える。

ただ、耐久面は物理特殊共に60と低く、等倍の技であっても威力が高いとあっさり落ちることが多い。特性「さいせいりょく」とのコンボも、潰された「きあいのタスキ」の再利用や「みがわり」分のHP補充程度でしかなかったりする。

攻撃範囲もとても広いとは言えない。
「くさむすび」や「はどうだん」などを覚えるとは書いたが、実を言うと有用な特殊技は本当にこれくらいである(強いてもう一つ挙げるなら「めざめるパワー」か)。そもそも、特攻種族値がそこそこ高いと言っても、ゴウカザルのそれには及ばないので、より高い攻撃に割く努力値を削ってまで二刀にする必要性があるのかという意見もある。

物理のサブウェポンは「ねこだまし」「とんぼがえり」「ストーンエッジ」「どくづき」「アクロバット」など。弱点補完はある程度できるものの、ゴーストタイプ相手には効かないor効きづらい技が多いのが辛い所。特に、「とびひざげり」を喰らわせようと思ったらゴーストタイプに阻まれて逆にHPごっそり持ってかれた、なんてなったら目も当てられない。
ゾロアークとチームを組むとこの欠点はある程度ごまかせるようになり、ゾロアークをコジョンドに化けさせておくと「とびひざげり」対策で相手が繰り出したゴーストタイプやエスパータイプを「あくのはどう」で返り討ちにできる。
もっともこの組合せも「2匹とも紙耐久のポケモン」の組み合わせなので、S106以上のポケモンから一致等倍技でゴリ押しされるだけで崩壊する点が難点といえる。
タマゴ技でXYから強化された「はたきおとす」を覚えるのでゴースト・エスパー対策に覚えさせておくのも悪くはない。

ダブルバトル以上でのコジョンドはもう一つのせいしんりょくが主流となる。
重要な「ねこだまし」を無効化しつつ、自身も「ねこだまし」を撃つことができる。
しかし「まもる」が標準搭載のダブル・トリプルではメインウェポンである「とびひざげり」が非常に使いにくく、威力の低い「ドレインパンチ」や不安定な「けたぐり」に頼らなくてはならなかった。
これについては『剣盾』になって漸く「インファイト」を覚えたことで改善された。
しかも剣盾では「せいしんりょく」が「いかく」を無効化するようになったため、火力が落ちにくくなりますますダブルへの適性が増した。

全体的にあと1歩という性能ではあるコジョンドだが、「禁止伝説解禁戦」では予想外の活躍が期待できる。
単純に多くの禁止伝説より速いかくとうポケモンというのは需要がある存在であり、また重たいポケモンが多い禁止伝説解禁戦では「けたぐり」が威力120になるので上記のデメリットがほぼ解消される。
「せいしんりょく」+「ねこだまし」の他、カイオーガの「しおふき」やグラードンの「じしん」などの強力な全体攻撃を防げるワイドガードや、守るを解除して相方の禁止伝説で殴らせるフェイントが使える所が強力な点である。
全ポケモン解禁戦となる初のWi-Fi大会「クリスマスカップ」では一般ポケモンであるにもかかわらず使用率で10位となり、その後も禁止級伝説が使用可能なルールでは一定程度の使用率を誇っていた……「ダイジェット」の登場までは。

ポケモンGO

2021年7月現在、進化前のコジョフーはGOバトルリーグの報酬でのみ入手可能……だったが後に10kmタマゴから孵化するようになった。コジョフーのアメを50個与えることでコジョンドに進化するが、何と奇しくもポケモン本編での進化レベルと同じである。
本編同様攻撃に極端に割り振ったステータスであるが、技が悲惨。なんとゲージ技ではどうだんときあいだまを覚えず、かくとう技で統一しようとするなら「けたぐり」・「かわらわり」の1択のみとなる。(「けたぐり」については本編でカウンターを覚えないという理由もあるのだが)
高DPSを想定するなら「どくづき」・「くさむすび」・「ストーンエッジ」を採用するのもありではあるが、ばつぐんをとれる相手に限って等倍どころか弱点を突かれやすいという特徴がある。よって、ポケモンGOにおいては現状コレクション用と言わざるを得ない不遇ポケモンである。

使用トレーナー


関連イラスト

コジョンドさん
コジョンドさん


センシティブな作品
お手入れ



関連する項目

ポケモン一覧 ポケモンBW イッシュ ゾロアーク しあわせソウのオコジョさん

イタチ系ポケモン仲間
オオタチ マッスグマ ザングース フローゼル スカタンク フタチマル コジョフー

関連記事

親記事

コジョフー こじょふー

pixivに投稿されたイラスト pixivで「コジョンド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「コジョンド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13460221

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました