ピクシブ百科事典

リフレクター

りふれくたー

反射板のこと。この項目ではポケモンの技について扱う。
目次[非表示]

技のデータ

初出第1世代
タイプエスパー
分類変化
PP20
効果範囲味方の場
効果そのポケモンが場に存在する限り、物理攻撃のダメージを半減(第1世代)
使用から5ターンの間、物理攻撃によるダメージを半減(ダブル以上では2/3)。交代しても有効(第2世代~)


概要

初代から存在する技。
味方の場にいるポケモンの受ける物理ダメージが半減すると言うサポート用の技。

初代と第2世代以降で効果が違う。
初代では使ったポケモンのみに効果がありターン制限が無い代わりに交代や瀕死状態になると切れると言う、1回限りのてっぺきとも言える技だった。
第2世代以降は現在の効果に調整されている。

また、「ひかりのねんど」を持っている場合効果が8ターンに延長される。
後、技「かわらわり」「サイコファング」「きりばらい」で破られる他、特性「すりぬけ」持ちの技が貫通する弱点も存在する。
すりぬけ」「サイコファング」「きりばらい」持ちは限定されているが、「かわらわり」はどこから飛んでくるか分からないので気をつけるべし。

ダブル以上では全体に効果が及ぶ代わりにダメージ減少率が1/2から1/3に落ちる。
シングルと同じ様には使えないので気をつけよう。

なお、ひかりのかべと比較してPPが10少ない。
物理的な攻撃のダメージを軽減する技なのでひかりのかべよりも力を使ってしまうということなのだろうか。

スマブラシリーズでは、スマブラX以降のモンスターボールから出現するサーナイトの使用技として登場。
一定範囲内にリフレクターを貼り、敵の投擲攻撃を弾いてくれる。

実は初代でのみ、ラッキー等今では覚えられない第1世代ポケモンも技マシン33で習得可能である。リフレクター持ちのパルシェンが第2世代で猛威を奮っていたガラガラの対策として有名になった話もある。
第3世代以降に復活した技マシン33では覚えられなくなっており(第2世代のみ技マシン33の中身はれいとうパンチである)、長らく自らリフレクターを張って物理ダメージを半減するラッキーを見る事は出来なかったが、初代VCからサンムーンへと移すことによってようやく実現が可能となった。(ただしレーティングバトルや公式大会への参戦は不可能)
そもそもリフレクターの仕様が上述のように交代後も残るように変更されたため、わざわざラッキー(ハピナス)自身がリフレクターを張らなくてもいいのかもしれないが…。ただ、意外なポケモンが張ってくることも有り得るため油断は禁物。
かわらわりなんてされた時には泣いてもいい。

関連タグ

ポケモン ひかりのかべ オーロラベール

pixivに投稿された作品 pixivで「リフレクター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11347

コメント