ピクシブ百科事典

オーロラベール

おーろらべーる

オーロラベールとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第7世代
タイプこおり
分類変化
PP20
対象味方の場
効果使用から5ターンの間、相手の攻撃によるダメージを半減(ダブル以上では2/3)。交代しても有効。天候が「あられ」状態の時のみ使用可能


概要

第7世代から登場した技で、神秘的なオーロラの障壁を張り、味方が受けるダメージを軽減する。

なんとこの技一つでリフレクター」「ひかりのかべ」両方の効果が得られる破格の効果を持つ。
但しそんな都合の良い効果が簡単に得られるわけがなく、天候「あられ」の時限定というなかなか厳しい条件が備わっている。

だが(勘違いされやすい部分でもあるが)あられ状態でしか使用できないだけで、一度張ってしまえば天候が切れようが変化しようが5ターンしっかり残る。
砂嵐が吹こうが残るオーロラとは一体……

ちなみに他の仕様は他の壁技と同じ。
その為「ひかりのねんど」を持たせると8ターンに伸びる。また、「かわらわり」「サイコファング」「きりばらい」で無効化され、特性「すりぬけ」持ちには貫通されてしまう(壁そのものは消されない)。

また、この技の前後にリフレクターorひかりのかべを使っても効果は重複せず、ダメージの減る割合は変わらない。


だが、第7世代当初は習得者がとても少なく、800種類以上のポケモン中13種類という別にわざマシンにしなくても良いレベルだった。
同じくイメージに合いそうなスイクンや、図鑑説明にオーロラの言及があるデオキシスも習得できない。

そしてアローラキュウコンは、覚えられた中で唯一の特性ゆきふらし持ちであった為、手間をかけて霰を降らせる必要が無くノーリスクで発動が可能。事実上彼女たちの専用技として使われていた。


第8世代からは同じゆきふらし持ちのユキノオーバイバニラも習得可能となり、両者共に中々の強化となった。
オーロラのヒレを持つアマルルガはDLC第二弾より追加参戦するが、こちらも覚えられる様になっている可能性が高い。

またキョダイマックス形態を得たラプラスが、専用技により無条件でこのベールを張れる様になり、解禁された現在は対戦で猛威を振るっている。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧 
こおりタイプ 
霰パ あられ ゆきふらし 
 
オーロラ オーロラビーム

関連記事

親記事

変化技 へんかわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オーロラベール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1185

コメント