ピクシブ百科事典

アローラキュウコン

あろーらきゅうこん

アローラキュウコンとは、アローラ地方におけるポケモン「キュウコン」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

アローラ外のキュウコンは→キュウコン

基礎データ

ずかんNo.038
分類きつねポケモン
タイプこおり/フェアリー
高さ1.1m
重さ19.9kg
特性ゆきがくれ / ゆきふらし(隠れ特性)


進化

アローラロコンアローラキュウコン(こおりのいし)

雪



概要

ポケモンSM』から登場した、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたキュウコンのリージョンフォーム。正式名称は「キュウコン(アローラのすがた)」。
『サン』版のみの出現で、アローラサンドパンとは対の関係。

全身がふわふわと波打つ純白の毛に覆われた非常にふつくしい姿となり、その体毛から氷の粒を作り出して自在に操る能力を持つ。従来のキュウコンより大人しく穏やかな性格をしているが、自分の縄張りを荒らす者には容赦しない。アローラ地方の神聖な雪山「ラナキラマウンテン」に生息しており、アローラ地方の人々は神の使いとして崇めている。

タイプも元々のほのおから、初の組み合わせとなる「こおり・フェアリー」の複合となった。
その為、キツネポケモン間ではゾロアークにとっては天敵になるが、逆にマフォクシーと通常種のキュウコンは天敵になる。

性能

種族値比較

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
原種73767581100100505
リージョンフォーム73677581100109505
増減±0-9±0±0±0+9±0

原種よりも若干攻撃力が下がり、その分素早さが上がった。
ある程度物理構成も可能だった原種と違い、こちらは氷物理・フェアリー物理共にろくな技を習得できない(あるとして「こおりのつぶて」くらい)為物理構成は事実上不可能となっている。大人しく特殊構成にすべきだろう。

こおり技は「ふぶき」を習得可能なので問題ないのだが、みず対策の「フリーズドライ」やフェアリー最大火力の「ムーンフォース」等は軒並み遺伝技となっている(「マジカルシャイン」は自力で覚えられる)。
また原種同様に補助技にも優れ、「さいみんじゅつ」「オーロラベール」「アンコール」等より取り見取りとなっている。但しこちらも技マシン・遺伝に頼る事になる。
こっそり「ぜったいれいど」まで覚える為圧力も掛けられる(ロコンの時にしか覚えないので注意!)。
その為、そのスペックをフル活用するには技マシン・遺伝に大いに頼る事になる。

隠れ特性は情報公開と共にファンから予想されていた通りのゆきふらし」。
これにより「ふぶき」が必中技となり、やや控えめなとくこうを補うことができる。「オーロラベール」との相性も良い。
絶妙に上がった素早さや「あられ」による削りも含め、あのガブリアスを始めとするこおり4倍のドラゴンタイプにとってはまさに天敵とも言える性能を手に入れる事となった。
ただし、前世代から天候特性は5ターン制限がかかったことと、火力自体は技の威力依存であることなどから過信は禁物。

欠点は4倍弱点のはがねタイプが天敵中の天敵であること。
その対処をする為に「めざめるパワー」炎or地面や「あくのはどう」、前述の「ぜったいれいど」を搭載する場合も少なくないが、当の「ぜったいれいど」まで無効化してしまう「がんじょう」持ち相手にはどうあがいても勝てない
ジバコイルボスゴドラ辺りが出て来たら死亡通知である。
また、先制技「バレットパンチ」もやはり4倍弱点である為ひとたまりもない。
この点に関してはハッサムもそうだが、メタグロスメガシンカした途端に素早さを抜かれる。
とりあえず、はがねタイプからは大人しく逃げましょう。

ちなみに隠れ特性の捜索は「カプの村」で行う事が推奨されている。
これはもう一つの出現場所であるラナキラマウンテンが吹雪いている為、天候が判別しづらい為とされている。何かしら天候技を持っているという場合はその限りではないが。

ポケモンGO

2018年6月22日のフレンド機能の追加と併せて解禁された、アローラポケモン第2弾の1匹として登場。

現状では、アローラロコンを7kmタマゴから孵化させることでしか入手ができず、しかもアローラロコンそのものも孵化する確率が4%とかなり低めなので、実装されているアローラポケモンの中でも入手難易度はダントツで高い。
その分、無事に進化させて手に入れることができた喜びもまた一入のはず。

原作同様ドラゴンタイプのポケモンに対しては滅法強く、特にジム防衛の常連の1匹であるカイリューボーマンダ対策に使えるという点は大きい。
通常技にゲージ回収がしやすい「こなゆき」があるため、積極的にゲージ技を使えるのも長所。

一方で、原作同様、二重弱点のはがね技に滅法弱いという致命的な弱点を抱える。
特に、カイリューは「はがねのつばさ」を覚えていることがあり、うまく回避できないと蓄積ダメージでやられてしまう可能性が高い。
フェアリー技をタイプ一致で使えるからといって迂闊にかくとうタイプの前に出すと「バレットパンチ」や「ヘビーボンバー」で返り討ちに遭う可能性もあり、慎重に技を見極めないといけない。
また、対ドラゴンではボーマンダも弱点であるほのお技「ほのおのキバ」「だいもんじ」を覚えており、二重弱点のはがね技ほどではないが受けるダメージは大きい。
従って、ラプラストドゼルガのようにどんな技構成でも対応できるというほどではないことに注意されたい。
感覚としては火力をやや落としたイノムーに近いだろうか。

防衛面ではドラゴン技でのゴリ押しを許さない点で地味に厄介な存在となりうるが、弱点の数自体は多く、案外あっさり突破されやすい。
特に全ゲージ技を軽減するはがね・ほのおを出されると即退場もあり得る。

使用トレーナー


関連イラスト

アローラのすがた
アローラのすがた


アローラキュウコン
春風に舞う



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧 こおりタイプ フェアリータイプ
アローラ リージョンフォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「アローラキュウコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213273

コメント