ピクシブ百科事典

アローラサンドパン

あろーらさんどぱん

アローラサンドパンとは、アローラ地方におけるポケモン「サンドパン」のリージョンフォーム。
目次[非表示]

アローラ外のサンドパンは→サンドパン

基礎データ

ずかんNo.028
英語名Sandslash
分類ねずみポケモン
タイプこおり/はがね
たかさ1.2m
おもさ55.0kg
とくせいゆきがくれ / ゆきかき(隠れ特性)


進化

アローラサンドアローラサンドパン(こおりのいし)

アローラのすがた



概要

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境に適応するために姿を変化させたサンドパンのリージョンフォーム。正式名称は「サンドパン(アローラのすがた)」。
ムーン版のみの出現であり、アローラキュウコンとは対になっている。その影響かレベルアップではなく、あちらと同じこおりのいしによる石進化なので注意。

進化する事で、の表皮はでコーティングされた鋭いつらら状のトゲに変化し、爪もカギヅメに変化している。敵に襲われた時は雪に体を潜り込ませ、背中のトゲだけを出して身を守る。
巨大な鋼と氷のトゲを背負っているため、従来のサンドパンに比べスピードが遅く動きも鈍い。しかし積雪地帯ではカギヅメを使って雪を掻き分ける事で素早く移動できる。この移動の際の雪しぶきは美しいことで有名で、サンドパンが住む雪原へ足を運ぶカメラマンが多いが、山奥に住んでいるため遭難しやすい。そのため許可なく入山することは禁止されている。

性能

タイプはサンドと同じく「こおり・はがね」の複合。
攻撃面では半減が被る噛み合わせの悪さ、防御面では炎・格闘と複数のメジャーな4倍弱点を抱え岩耐性を持たずほぼ鋼単色の劣化、と双方においてあまり優秀とは言い難い組み合わせ。
一応、はがねとの複合もあってか耐性に乏しいこおりタイプの中では一番半減できるタイプが多い。またすなあらしあられ両方のダメージを受けないという利点もあるがそちらはマンムーアマルルガの存在がちらつく。
特性は通常・隠れ共に天候依存であるため、あられパ以外に投入すると死に特性になる点も注意したい。キュウコンの方は自分で発動できるのだが……

種族値の方はただでさえ低めの特攻が-20される代わりに、防御・特防が+10されやや耐久寄りの能力に変わった。なお、図鑑の説明とは異なり素早さは65のまま。
ただ、前述の通り耐性があまりよろしくない為、全体的な防御性能は原種より低めだったりする。

基本的な戦い方としては特性「ゆきかき」を活かしたアタッカーが一番分かりやすいだろう。
原種の性質を引き継いで「じしん」を覚えられるので苦手なほのおタイプに一矢報いることもできる。
地味にオーロラベール」を覚えられる。一応ダブルでなら張るチャンスはあるだろうか。

ちなみに何とこおりタイプの癖して「れいとうビーム」を覚えられない(ふぶきは覚える)。

使用トレーナー


関連イラスト

アローラの姿のサンドパン/キュウコン
とけないこおり


アローラサンドパン
ぽけもんつめ6



関連タグ

ポケモン ポケモン こおりタイプ はがねタイプ
アローラ リージョンフォーム

pixivに投稿された作品 pixivで「アローラサンドパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28789

コメント