ピクシブ百科事典

目次[非表示]

もしかして→幻の魔球

データ

初出第4世代
タイプはがね
ぶんるい物理
いりょく後述
めいちゅう100
PP5
範囲単体
直接攻撃
英語名Gyro Ball


威力計算式

相手の実際のすばやさ÷自分の実際のすばやさ×25+1
但し小数点以下は切り捨て。最大威力は150。

概要

第四世代から存在する技。自らの身体を高速回転させて体当たりする。
野球の投法に同じものがあるが、これはジャイロボールを参照のこと。
初登場から第7世代まで技マシン74の技となっているが、当初はコイン15000枚と交換というかなり希少価値の高い技だった。『剣盾』ではわざレコードに収録されている。

自身の身体を高速回転させるにも関わらず、自分のすばやさが相手より遅ければ遅いほど威力が上がるという面白い特徴のある技。理屈がよく分からない。
ダメージ計算はこの技独特のものになっている。「エレキボール」のように段階毎に威力が変動するわけではないので注意が必要である。

技の仕様上、使用するポケモンが遅ければ遅いほど強力になる。
自力習得できるはがねタイプはジバコイルフォレトスハガネールドータクンナットレイ、マシン・レコードで習得できるポケモンにはメタグロスギルガルドテッカグヤツンデツンデ……とあまり素早くないポケモンが多いため、十分に活用する事ができる。ツンデツンデに至っては全ポケモンでワースト3に入るほどの超鈍足であり、この技を使わない手はないと言えるだろう。ジバコイルでやる人はあまりいないとは思うが。
また、ここに挙げたポケモンの多くは「ヘビーボンバー」も覚える。基本的にこの技は相手の重さにも依存するため、重さと遅さを両立しているハガネール、ツンデツンデは選択になる他、重さカンストのテッカグヤは基本的に「ヘビーボンバー」が、重さ100kg〜200kg前後のジバコイル、ドータクン、ナットレイは「ジャイロボール」が優先される。

しかし、一致以外の習得者はクレベースダダリンといった鈍足にも配られてはいるものの、マルマインバクフーンミルタンク何故か素早い面子が揃ってしまっているフェアリータイプにどうしても弱点を突きたいという状況でもない限り覚えさせる意図はないに等しいが。

この技を最大活用するためにすばやさ個体値0ゆうかんを狙うプレイヤーも多い。
すばやさ個体値を遺伝させる「パワーアンクル」の登場をはじめ、世代を重ねるごとに個体値と性格の遺伝が容易になっていることもその需要を高めている。
なお、「トリックルーム」下でも威力は変動せず、むしろこの技と非常に相性が良い。

ちなみに技の仕様上マヒ状態にされることはむしろカモである。すばやさが1/2(第6世代までは1/4)になる分威力も一気に跳ね上がる。25%の行動不能は痛いが。
逆に「こだわりスカーフ」を押し付けられるとすばやさが上がる分威力が激減する。警戒しておこう。

なお、PPは5しかないため弾切れには要注意。
また、「ボール」の技なので特性「ぼうだん」で防がれる。

関連タグ

トリックルーム
「ボール」「たま」の技:シャドーボール エナジーボール エレキボール かえんボール きあいだま たまなげ
わざマシン一覧

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャイロボール(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1985

コメント