ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ミルタンク

みるたんく

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0241
ジョウト図鑑No.149
コーストカロス図鑑No.126
アローラ図鑑No.171
ヨロイ島図鑑No.117
ローマ字表記Miltank
ぶんるいちちうしポケモン
タイプノーマル
たかさ1.2m
おもさ75.5kg
せいべつ100%♀
特性あついしぼう/きもったま(第4世代から)/そうしょく(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語ミルタンクmilk(英語で牛乳)+tank(英語でタンク)
英語・ドイツ語・スペイン語・イタリア語Miltank日本語名に同じ
フランス語Écrémeuhlait écrémé(脱脂粉乳)+meuh(モー、牛の鳴き声)
韓国語밀탱크日本語名の音写
中国語大奶罐大的(dàde、大きい)+牛奶(niúnǎi、牛乳)+罐(guàn、壺、缶)
ヒンズー語मिलटैंक英語名の音写
ロシア語Милтанк英語名の音写
タイ語มิลแทงค์日本語名の音写

概要

『金・銀』で初登場した、二足歩行する牝牛の姿をしたポケモン。牝牛なので当然♀しか存在しない。

一世代目で登場した牡牛のケンタロスとは対の存在であるが、ニドラン系統のような同種の雌雄の関係にあるのかは不明(『金・銀』発売時に一部の攻略本でその可能性を仄めかす記述もあったが…)。


ポケモン世界の牧畜文化を支えている種族のひとつで、毎日20リットルものミルクを出し、ゲーム内でも「モーモーミルク」という回復アイテムとしても入手できる。


ミルクは甘くて栄養満点であり、大人子供や人間・ポケモンを問わず高い人気を誇る。更にお腹にも優しく、高齢者や病人にとっても最高の飲み物と称されている。特に、仔牛を産んだ直後のミルクは栄養がたっぷり詰まっているという。

ただしハイカロリーらしく、あまり飲み過ぎるとミルタンクのような体型になるとも言われている。

中には好まない人もいるらしく、そういう人々はヨーグルトなどの乳製品で摂取するようにしている様子。

アローラ地方のメレメレ島・ハウオリシティにあるバトルバイキングでは、「ミルタンチーズピザ」なるものがあり、大人気である。


ジョウト地方やアローラ地方では、実際に乳牛として牧場で放牧され飼育されている様子を見ることができ、アローラの方には話しかけるとプレイヤーの手持ちポケモンのHPとPPを全快してくれるポケモンセンター代わりの回復NPCの役割を果たす個体が数匹存在している。


「公式でおっぱい見えてる」と強弁できる唯一のポケモンでもある。なんて言ったって乳牛ポケモンだからね。


ちなみに、コロタン文庫の『ポケモン全キャラ2コマまんが全集』では必殺技を欲しがった結果、乳首からすごい勢いでミルクを噴射する必殺技を思いついていた(注:本作は子供向けの漫画です)。

流石に本家ではハイドロポンプを覚えたりはしない。そもそも牛乳は脂肪分が多いため、ほのおタイプにぶっかけてもあまり効果はなさそうである。


各メディアで登場する個体はどれも人や他のポケモンに優しく接するおだやかな性格のミルタンクばかりだが、実はかなり逞しくてタフなので、戦闘向きのポケモンでもある(詳しくは後述)。


ミルタンク

ゲーム上は進化前は存在しないが、アニメでは角も乳首も無く小柄という、成体とは明らかに違いの有る未発達なミルタンクが確認された。

進化前と言えるほど別種と呼べるかと言うと疑問だし小さいだけと言えばそうなのだが・・・時間経過で成長するのだろうか?

なお、製作陣の話ではミルタンクの乳首部分を描いた時はかなり勇気がいる物だったらしい。


色違いは鮮やかな水色になる。

じしん-!!


ゲームにおける特徴

金銀クリスタルHGSS


  • モーモーぼくじょうで元気がないミルタンクにきのみを与えるイベントがある。一定数きのみ/オレンのみを与えれば、ミルタンクが元気を取り戻して牧場主からモーモーミルクを500円で購入できるようになる。
  • ストーリーにおいてはやはりジムリーダー・アカネの個体が有名だろう(後述参照)

  • 00カップでも決勝大会者11人中1人が使用していた。ただ、当時は研究が浅かったため00カップ本戦ではあまり活躍できなかった。また、当時は同じノーマルタイプで「ミルクのみ」の上位互換である「じこさいせい」を覚えたポリゴン2の方が高い使用率を誇った。

エメラルド

  • このバージョンのみ、サファリゾーン(ジョウトゾーン北)にのみ出現する。

DPtBDSP


  • そのためミルタンク自体がシンオウ図鑑に載ることはなかったものの、モーモーミルクを販売するメイド喫茶「カフェやまごや」が存在する。ここでモーモーミルクを購入すると「モーモーミルク ごっくんしてください」という一見卑猥とも取られかねない台詞を聞ける。

XY


サンムーンUSUM


  • アローラ図鑑には、ポケモンの進化系を1ページにまとめた絵が用意されているが、ナゲツケサルヤレユータンのような片バージョンしか登場しない対ポジションのポケモン2匹組の一部が同ページにまとめられている例があるように、ミルタンクもケンタロスと別種でありながら同ページにまとめられている。

  • オハナ牧場の個体とハプウの家にいる個体に話しかけると手持ちポケモンを全回復させてくれる。

  • USUMでは、オハナ牧場に「おかみさん」と呼ばれる個体も登場しており、主人公との協力で暴れているケンタロスの怒りを鎮めるというイベントも存在する。ふれあいで一定以上仲良くなるとニックネームが「アカネ」であることが判明する。また、カフェスペースで提供されるモーモーミルクはこの個体から搾られたものらしい。

  • サンムーンでは、アーカラ島8ばんどうろという、わりと早いタイミングでホープトレーナーのニコルが使ってくる。こちらの主力がせいぜいレベル20を越えたあたりにもかかわらず、何の前触れもなく急に一般トレーナーが出してきて「ころがる」で次々とポケモンを撥ね飛ばされ、アカネのトラウマが脳裏をよぎったという報告が次々に挙がっている。USUMではヌイコグマに変更されている。

ソード・シールド

  • DLC「鎧の孤島」から登場。いざバトルがはじまると依然として強力なポケモンだが、剣盾の野生ポケモンの例によって草むらの中をのほほんと歩く姿が拝める。

  • なんとプレイヤーを見つけるとけっこうな速度で走ってくる。牛ポケモンのケンタロスバッフロンが見つけるや否や突進してくるため、「まさか!?」と初見で恐怖を感じる人も多いが、目の前で停止しとびはねて可愛くアピールするだけなのでご安心を。

性能

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
95801054070100490

  • 種族値もケンタロスの能力値をそのままシャッフルしたような配分をしている(厳密には5ほど違いもある)。主に物理攻撃に強く、守りに長けたステータスを持つ。その一方とくぼうはやや低めで、とくこうが壊滅的に低い点はケンタロスと共通している。

  • また、ケンタロスはタマゴ技が使えなかったり、四足歩行のため覚える技が限られる事からミルタンクの方が圧倒的に技が充実している。

  • 回復技ミルクのみを覚える数少ないポケモンで、自身の回復だけでなく、フィールドで使えば仲間のポケモンにHPの1/5を分け与えることができる。野生の個体も必ずモーモーミルクを持っており、ほしがるなどで奪い取る事が出来る。

  • 対戦では「ミルクのみ」を中心としたアタッカー型が多い。たとえ攻撃を伸ばさなくても「ちきゅうなげ」や「ステルスロック」、「でんじは」などで削れるため、持ち前のタフさもあって仕事を行いやすい。

  • 第8世代から、特性「きもったま」が「いかく」を無効にするようになったので、物理アタッカーとしては以前より強く出られるようになった。

使用トレーナー

ゲーム版

※1:ポケモンスタジアム金銀


アニメ版

  • アカネ(無印158話)
  • ハワード(無印159話)
  • ハヅキ(無印265話)
  • アキ(DP62話)
  • ハル(DP62話)
  • ナツ(DP62話)

漫画版


ミルタンクが倒せない

  • ミルタンクは『金・銀』のコガネシティジムリーダー、アカネの切り札として悪名高い。

なぜ悪名高いのかというと、

  1. 序盤のボスとは到底思えないほどの圧倒的ステータス(ミルタンクは進化しないので、この時点で既に能力が一線級)
  2. ダメージを蓄積させた努力を見事に水の泡にしてくれる「ミルクのみ
  3. HPを一撃で赤ゲージまで持っていきかねない、しかもひるみ効果まであるタイプ一致技「ふみつけ
  4. ♂に使われるとこちらの動きを封じられワンサイドゲームになりかねない「メロメロ
  5. そして何より一度使われると難攻不落の暴れ馬ならぬ暴れ牛と化す凶悪技「ころがる」の存在

以上の極悪性能が多くのプレイヤー達を苦しめ、トラウマを植えつけた。


  • 中でも「ころがる」は凶悪の一言に尽きる性能であり、なんとこのわざ、命中するたびに威力が倍増し5ターンで最大威力480にまで到達する狂気の必殺技なのである。

  • 上述の通りミルタンクは耐久力に優れており、もたもた倒しあぐねていたらあれよあれよと手持ちが全滅してしまったなんて言うのはざらにある話であった。

  • 特にヒノアラシを最初に選んでいたプレイヤーはタイプの相性上ほとんど苦も無くここまで進められるため、その多くが初遭遇する圧倒的脅威を前に呆然とすることになる。その衝撃たるや初代『赤・緑』でヒトカゲを選んだ場合のタケシとカスミと同等かそれ以上だろう。

  • どくをはじめとした状態異常にかけるわざや、「なきごえ」、「あまえる」などの攻撃力低下、「すなかけ」や「えんまく」などの命中率低下わざなども組み合わせれば活路が開けるものの、プレイ年数が浅いプレーヤーは補助技を一切入れない傾向が強い(いわゆるフルアタ)ため、とにかくレベルを上げて物理で殴るしかなくなってしまいがちである。

金銀のトラウマがリメイクされると聞いて金銀のトラウマ


  • なお、そんなミルタンク対策に使えといわんばかりに♀のワンリキー(NN:きんにく)を交換してくれるNPCがコガネシティにいるが、ある程度以上育てないと弱点をつけるかくとう技「けたぐり」でもHPを容易には削れず(金銀当時のけたぐりは威力50の序盤技扱い)、どんどん威力を増す「ころがる」や「ふみつけ」怯み無双で返り討ちにされるのが関の山。レベルと種族値の差は相性でも覆せないと嫌でも悟る瞬間である。それでも先にジムトレーナーとしっかり戦って鍛えておけば、戦力としてある程度の活躍は見せてくれるはず。幸い、交換で手に入るポケモンなので経験値が多く入り育成しやすいのが救いだが、レベルを上げすぎると言うことを聞かなくなるので注意。

  • 他の救済処置も用意してあって、自然公園に寄り道しておけば「あなをほる」のわざマシンが拾える。ころがるは一度外せば威力がリセットされるため、あなをほるの回避を利用すれば「ころがる」の威力アップを途中で確実に止められる。……が、戦法としてそれを思いつけるかは別の問題であり、当時は使い捨てのわざマシンをここで使ってしまうかどうかの判断も難しいところであった。

  • また、ミルタンクの前に登場するピッピが連続攻撃の「おうふくビンタ」を使ってくることから、最初に選んだのがワニノコであれば、「いかり」(レベル7で習得)を先頭開始後にすぐに使い、「おうふくビンタ」を受けることで怒りのボルテージを一気に上げ(連続攻撃は1回ヒットする毎に怒りのボルテージを1段階上昇させられる)、無双するという手もある。


  • 対策としては他にも、ゴースの「さいみんじゅつ」と「のろい」でじわじわと処理する、ポポッコやタマタマの「やどりぎのタネ」と「ねむりごな」、「フラッシュ」で料理する、といった手もある。変わったところではクヌギダマの「まもる」で「ころがる」を捌いてから頃合いを見て「じばく」をするという手もある。

  • なおアニメでも、サトシが初戦で全く同じ戦法によってポケモンを全滅させられている。(詳細はアニメ版にて)多くのプレイヤー達の共感を買ったに違いない。

  • 開発側もさすがにこれはキツすぎると判断したのか、リメイク版の『HGSS』ではわざマシンで「まもる」を無限に購入できる(ころがるの威力アップを未然に防げる)ようになった他、ポケウォーカーでガルーラ、自然公園の虫取り大会で特性「テクニシャン」のストライク等、高種族値ポケモンが早めに入手出来る分マシにはなった(ついでに「けたぐり」が仕様変更で命中100になり、ミルタンクに対しては威力が80になる)が、それでも相変わらずの猛威を振るっている。

  • なお、『HGSS』のミルタンクは特性「きもったま」を持っている影響でゴースにも「ふみつけ」が効いてしまうため、ゴーストタイプで対策を取っていた一部のプレイヤーはプランの練り直しを余儀なくされた。



番外作品

ポケモンGO

  • 本作屈指のレアポケモンの1つ。出現率がラッキープテラカビゴンラプラスメリープ並みに低い。出現傾向も特にない(強いて言えば街中?)ので、特定の場所で粘ることも儘ならない。対となる北米限定のケンタロスと異なり、全世界で出現するのは有難いが……。最近ではシーズンのピックアップで出やすくなっていたことはあった。


  • なお、CP(戦闘力)はそこそこといったところ。防御力とHPが高いので、どちらかと言えば防衛向けだが、残念ながらハピナス、カビゴン、シャワーズなどと比べるといささか中途半端な数値であると言わざるを得ない。そうしたこともあり、ジムなどに配置されていることも残念ながらあまりないが、ピンクジムでは配置されやすい。

  • 一方PvPでは通常技が貧弱なせいで立候補すら儘ならなかったが、2022年9月に「ころがる」を習得した。今作では威力が低いが代わりにチャージ率が半端じゃなく高く、タイプ一致の「のしかかり」が3、4.5秒で撃てるヨクバリスよりも回収率が高く、金銀のトラウマがまさかの再来となった
  • 弱点は不意に飛んでくるかくとう技。特にカウンター族には格好の餌食となってしまうので注意。

ポケモンマスターズ

  • アカネ&ミルタンク
    • 通常サーチで登場する恒常バディーズだが、初めてのバディーズサーチで確定で登場するため、ある意味配布キャラでもある(現在はグリーン&ピジョットに譲っている)。
    • 本家では詳細に語られなかったミルタンクとの出会いが語られている。元々ミルタンクはアサギシティ近くのモーモーぼくじょうにいたが、ミルタンク本人のバトルをしたい気持ちを感じ取ったアカネがオーナーらしき男性から譲ってもらったとのこと。また、その際はアカネの腕を試したかったからか、ミルタンクからころがる』を何回もぶちかまされたらしい。1回目は避けてなんとか助かったらしいが、それ以降はよくぶっ飛ばされ、そのうちにいつの間にか仲良くなったという。
    • ミルタンクと協力して発動するバディーズわざは「めっちゃプリティにころがってたいあたり」である。「ころがる」自体でないのはノーマルタイプのバディーズとして登場しているためだろう。

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • アカネのミルタンク
    • 無印158話でのサトシとのジム戦では「ころがる」でサトシのヒノアラシワニノコピカチュウ3体全てなぎ倒すという、ゲーム本編におけるトラウマをアニメでも見せつけた。
    • 『ころがる』の鍛錬は牧場の丘を利用したもので、坂道を方向転換したり、上り坂を転がって上りきることで技術を磨いていた。
    • 再戦ではヒノアラシの体当たりで体力が消耗し、ワニノコの水鉄砲で作った溝でころがるのスピードが落ち、空中に放り出されて身動きが取れなくなった所へピカチュウの10まんボルトを食らい敗れた。

  • ハワードのミルタンク
    • 無印159話でアカネの親戚の牧場主がミルタンクをたくさん飼っている。なお1匹だけ目つきの悪いふてぶてしいミルタンクがおり、しっぽを掴んだサトシに強烈な蹴りをお見舞いして柵に叩きつけている(直後にしっぽを掴まれるのが嫌いと教われる)。
    • ハワードの牧場では、ミルタンクの搾乳作業は専用の機械を用いて行われ、一度に3頭まで搾乳が可能。

  • AG171話
    • 隕石の落ちた洞窟に住むポケモンでポケモンレンジャーヒナタにキャプチャされる。「いやしのすず」でデオキシスの状態異常を回復させるが、デオキシスが攻撃してきたため逃げてしまう。

  • アキのルータン
    • DP62話で「メイドカフェやまごや」のポケモンでミルタンク達が登場。アキのルータンは最近ゲットしたらしいが、わがままでマイペースな性格なのか全然アキの言う事を聞かなかった。
    • また食いしん坊で、それまで動こうともしなかったのがタケシがモモンの実をやると言ったら全速力で駆け出すほど。
    • きのみを見つけて木に張り手をかまして実を取った時にスピアーに襲われそうになった所をアキがかばってくれた事から、それ以来アキになつくようになった。

  • サン&ムーン
    • カキの実家が牧場でありミルタンクもいる。カキはスクールに通う傍ら早朝からモーモーミルクの配達も行っているとの事。モーモーミルクのアイスクリームが名物。

  • その他
    • サトシ戦では使用していないが、ハヅキも手持ちにしている。

無印207話・225話
BW124話
SM11話・30話・49話・70話・96話・103話
劇場版波導の勇者(おもちゃ)

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • 3章からアカネのミルたんが登場。アカネのお気に入りの1匹であり切り札で、「ころがる」や「ばくれつパンチ」といったパワフルな戦いを得意とし、「いやしのすず」という回復手段も持つ。氷の男が作ったスイクンの氷の彫刻と戦った。ジムリーダー対抗戦ではカスミのスタちゃん(スターミー)に敗れる。

関連イラスト

ミルタンクの12021

ミルタンク誕生日


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧 ノーマルタイプ 乳牛

ピンクの悪魔 ころがる メロメロ(ポケモン)

ふみつけ ミルクのみ モーモーミルク

牛ポケモン


0240.ブビィ0241.ミルタンク→0242.ハピナス


関連ポケモン等



その他

関連記事

親記事

牛ポケモン うしぽけもん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4668991

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました