ピクシブ百科事典

ミルタンク

みるたんく

ミルタンクとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.241
英語名 Miltank
ぶんるい ちちうしポケモン
タイプ ノーマル
たかさ 1.2m
おもさ 75.5kg
とくせい あついしぼう / きもったま、そうしょく(かくれとくせい)


概要

二足歩行する牝牛の姿をしたポケモン。牝牛なので当然♀しか存在しない。
ポケモン世界の牧畜文化を支えている種族のひとつで、毎日20リットルものミルクを出す。
ミルクは甘くて栄養満点であり、大人子供や人間・ポケモンを問わず高い人気を誇る。
お腹に優しいミルクのようで、高齢者や病人にとっても最高の飲み物と称されている。
特に、仔牛を産んだ直後のミルクは栄養がたっぷり詰まっているという。
ただしハイカロリーらしく、あまり飲み過ぎるとミルタンクのような体型になるとも言われている。
中には好まない人もいるらしく、そういう人々はヨーグルトなどの乳製品で摂取するようにしている様子。
ミルタンクのミルクは「モーモーミルク」としてゲーム内で回復アイテムとしても入手できる。

回復技「ミルクのみ」を覚える数少ないポケモンで、自身の回復だけでなく、フィールドで使えば仲間のポケモンにHPの1/5を分け与えることができる。
元は専用技だったが、後に山羊の姿をしたポケモン・ゴーゴートもこれを習得している。
また、2コマまんが全集ではパイパイからミルクを一気に打ち出す攻撃技を披露したが、今の所、公式でこの技が採用される見込みはない。(さすがに絵面的にアレすぎるからだろうか?

ジョウト地方アローラ地方では、実際に乳牛として牧場で放牧され飼育されている様子を見ることができる。
アローラ地方には、話しかけるとプレイヤーの手持ちポケモンのHPとPPを全快してくれるポケモンセンター代わりの回復NPCの役割を果たす個体が数匹存在している。
DPtシンオウ地方ではミルタンク自体がシンオウ図鑑に載ることはなかったものの、モーモーミルクを取り扱うメイド喫茶「カフェやまごや」が存在する。
ここでモーモーミルクを購入すると「モーモーミルク ごっくんしてください」という一見卑猥とも取られかねない名(迷)言を聞くことができる。

カフェやまごやはアニメでも登場しており、『メイドカフェのミルタンク!』ではミルタンクが主役ポケモンとして抜擢された。
タケシがメイドさんに興奮したり、
ロケット団が「萌え萌え」連発してたり、
サトシヒカリがまさかのメイド姿を披露したり
……などなどまさに公式が病気なイロモノ回で、当時の視聴者を仰天させた。
詳しくはメイドサトシを参照。

なお、「公式でおっぱい見えてる」と強弁できる唯一のポケモンでもある。
なんて言ったって乳牛ポケモンなのである。

各メディアで登場する個体はどれも人や他のポケモンに優しく接するおだやかな性格のミルタンクばかりだが、実はかなり逞しくてタフなので、戦闘向きのポケモンでもある(詳しくは後述)。

ゲーム上は進化前は存在しないが、アニメで角が無くおっぱいも未発達な小柄で大人とは明らかに違いの有る未熟なミルタンクの存在が確認された。進化前と言えるほど別種と呼べるかと言うと疑問だし小さいだけと言えばそうなのだが・・・時間経過で成長するのだろうか?

ゲームにおける特徴

『金・銀』で初登場。
牡牛のケンタロスとは対の存在で、種族値もケンタロスの能力値をそのままシャッフルしたような配分をしている(厳密には5ほど違いもある)。
ケンタロスはすばやさ、こうげき、ぼうぎょの順に高いのに対し、ミルタンクはぼうぎょ、すばやさ、HPの順に高い。
そのため物理攻撃に強く、守りに長けたステータスを持つ。
その一方、とくぼうはやや低めでとくこうが壊滅的に低い点はケンタロスと共通している。
また、ケンタロスはタマゴ技が使えなかったり四足歩行のため覚える技が限られる事から、ミルタンクの方が圧倒的に技が充実している。
野生のミルタンクは必ずモーモーミルクを持っており、ほしがるなどで奪い取る事が出来る。

『金・銀』では、モーモーぼくじょうで元気がないミルタンクにきのみを与えるイベントがある。
一定数きのみを与えれば、ミルタンクが元気を取り戻して牧場主からモーモーミルクを500円で購入できるようになる。

SMのアローラ図鑑には、ポケモンの進化系を1ページにまとめた絵が用意されているが、ナゲツケサルヤレユータンのような片バージョンしか登場しない対ポジションのポケモン2匹組の一部が同ページにまとめられている例があるように、ミルタンクもケンタロスと別種でありながら同ページにまとめられている。

ミルタンクが倒せない

ミルタンクは『金・銀』のコガネシティジムリーダー、アカネの切り札として悪名高い。

なぜ悪名高いのかというと、

  • 序盤のボスとは到底思えないほどの圧倒的ステータス(ミルタンクは進化しないので、この時点で既に能力が一線級)
  • ダメージを蓄積させた努力を見事に水の泡にしてくれる「ミルクのみ
  • こちらのエースですら一撃で赤ゲージまで持っていく、しかもひるみ効果まであるタイプ一致技「ふみつけ
  • ♂に使われるとこちらの動きを封じられワンサイドゲームになりかねない「メロメロ
  • そして何より一度使われると難攻不落の暴れ馬……ならぬ暴れ牛と化す凶悪技「ころがる」の存在

以上の極悪性能が多くのプレイヤー達を苦しめ、トラウマを植えつけた。
中でも「ころがる」は凶悪の一言に尽きる性能であり、なんとこのわざ、命中するたびに威力が倍増し5ターンで最大威力480にまで到達する狂気の必殺技なのである。
上述の通りミルタンクは耐久力に優れており、もたもた倒しあぐねていたらあれよあれよと手持ちが全滅してしまったなんて言うのはざらにある話であった。
特に、ヒノアラシを最初に選んでいたプレイヤーはタイプの相性上ほとんど苦も無くここまで進められるため、その多くが初遭遇する圧倒的脅威を前に呆然とすることになる。
その衝撃たるや初代『赤・緑』でヒトカゲを選んだ場合のタケシ・カスミと同等かそれ以上だろう。
どくをはじめとした状態異常にかけるわざや、なきごえあまえるなどの攻撃力低下、すなかけえんまくなどの命中率低下わざなども組み合わせれば活路が開けるものの、プレイ年数が浅いプレーヤーは補助技を一切入れない傾向が強い(いわゆるフルアタ)ため、とにかくレベルを上げて物理で殴るしかなくなってしまいがちである。

金銀のトラウマがリメイクされると聞いて
ミルタンクのころがる!



なお、そんなミルタンク対策に使えといわんばかりに♀のワンリキー(NN:きんにく)を交換してくれるNPCがコガネシティにいるが、現実は弱点をつけるかくとうけたぐりでもまともにHPを削れず(金銀当時のけたぐりは威力50の序盤技扱い)、どんどん威力を増すころがるやふみつけ怯み無双で返り討ちにされるのが関の山。
レベルと種族値の差は相性でも覆せないと嫌でも悟る瞬間である。
それでも先にジムトレーナーとしっかり戦って鍛えておけば、戦力としてある程度の活躍は見せてくれる……はず。

実は救済処置も用意してあって、自然公園に寄り道しておけばあなをほるわざマシンが拾える。
ころがるは一度外せば威力がリセットされるため、あなをほるの回避を利用すればころがるの威力アップを途中で確実に止めることが出来る。
……のだが、戦法としてそれを思いつけるかは別の問題であり、当時は使い捨てのわざマシンをここで使ってしまうかどうかの判断も難しいところであった。

最初の一回でアカネに勝てたプレイヤーは、相当のキレ者か豪運の持ち主であったと言えるだろう。

なおアニメでも、サトシが初戦で全く同じ戦法によってポケモンを全滅させられている。
多くのプレイヤー達の同情を買ったに違いない。

開発側もさすがにこれはキツすぎると判断したのか、リメイク版の『HGSS』ではわざマシンでまもるを無限に購入できる(ころがるの威力アップを未然に防げる)ようになった他、ポケウォーカーでガルーラ、自然公園の虫取り大会で特性テクニシャンのストライク等、高種族値ポケモンが早めに入手出来る分マシにはなった(ついでにけたぐりが仕様変更で命中100になり、ミルタンクに対しては威力が80になる)が、それでも相変わらずの猛威を振るっている。
なお、『HGSS』のミルタンクは特性「きもったま」を持っている影響でゴースにもふみつけが効いてしまうため、ゴーストタイプで対策を取っていた一部のプレイヤーはプランの練り直しを余儀なくされた。

サンムーンではわりと早いタイミングでホープトレーナーが使ってくる。
こちらの主力がせいぜいレベル20を越えたあたりにもかかわらず、何の前触れもなく急に一般トレーナーが出してきて「ころがる」で次々とポケモンを撥ね飛ばされ、アカネのトラウマが脳裏をよぎったという報告が次々に挙がっている。

ポケモンGOでは

本作屈指のレアポケモンの1つ
出現率がラッキープテラカビゴンラプラスメリープ並みに低い。
出現傾向も特にない(強いて言えば街中?)ので、特定の場所で粘ることも儘ならない。
対となる北米限定のケンタロスと異なり、全世界で出現するのは有難いが……。

ノーマルアタックでしねんのずつきたいあたりを、ゲージ技のスペシャルアタックでふみつけ、のしかかりジャイロボールを覚える。
原典で猛威を振るった「ころがる」は現段階ではわざとして実装されていないため習得できない。
とはいえ仮に実装されたとしても本作のバトルはターン制ではないため威力固定の普通の物理技にされてしまう可能性が高く、原典ほどの猛威を振るうのは難しいと思われる。

なお、CP(戦闘力)はそこそこといったところ
防御力とHPが高いので、どちらかと言えば防衛向けだが、残念ながらハピナス、カビゴン、シャワーズなどと比べるといささか中途半端な数値であると言わざるを得ない。
そうしたこともあり、ジムなどに配置されていることも残念ながらあまりない。

入手難易度の高さも踏まえると、どちらかと言えばコレクション向けのキャラクターと言えるかもしれない。

関連イラスト

ミルクはいかが?
ゆうとくけど  うち



関連タグ

ポケモン一覧 ノーマルタイプ ケンタロス
乳牛
ポケモンにおけるみんなのトラウマ一覧 チート ムサシノ牛乳 ころがる ニドクイン
ミルクタンク言葉は似ているが、あまり関連しないかも
及川雫←B(バスト)の値が105
ピンクの悪魔

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルタンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1744836

コメント