ピクシブ百科事典

ハプウ

はぷう

ハプウとは「ポケモンSM」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

ポケモンSM」の登場人物のひとり。
太眉と褐色が特徴で田舎娘風の格好をしている少女。
名前の由来はハワイ固有種の植物「hāpuʻu」。

老人のような古風な口調で話す。いわゆるのじゃロリ。一人称は「わらわ」だったり「わし」だったりと安定していない。この口調の理由は彼女の出身地であるポニ島の人口密度に関係しており、子供が彼女ぐらいしかいないのが原因である。この口調は祖父譲りらしく本人はこれが普通だと思っているため、逆に普通の口調で話す者を不思議がっている。
普段は半目だが、バトル時などいざという時にはカッと目を見開く。
この時の彼女の表情はちょっと怖いが迫力と貫禄、強者のオーラが感じられる。
また、この「カッ」の時、瞳の真ん中の白い部分が黒くなる。

アーカラ島6番道路(ロイヤルアベニューとの分岐点)でスカル団と揉めていた所で主人公に遭遇。
その後、ウラウラ島で再会したときにじめん、はがねポケモン以外通れない岩場を走破する為にバンバドロをライドギアに登録してもらえる。

とある事情からバンバドロに乗って島巡りのようなことをしており、その後も要所要所で主人公とリーリエに会い、力を貸してくれる。
がんばリーリエ」の名付け親。
外見から主人公やリーリエとほぼ同年代と思われるが、口調と落ち着いた物腰からリーリエからはさん付けで呼ばれている。
バンバドロとは特別絆が深く、それに関しては誰にも負けないと自負している。 此は家族である祖母もミニスカート時代からバンバドロを相棒に当時の若きしまキングに挑み続けていた事にも由来する(USUM要素)。

普段は農作業をしており、エンディングでのイラストでその様子が確認できる。海の民の村にあるレストランに野菜を出荷しており、自分で作る時間が無いときはここで食事している。
家族構成は祖母しか見当たらないが、実家にはアローラニャース、バンバドロ、イワンコ、ウソッキー、カイリキーと一緒に生活している。また、ミルタンクもおり、話すと回復できるので、わざわざ海の民の村にあるポケモンセンターまで戻らなくてもよい。

素性

その正体はポニ島の先代しまキングの孫
祖父は数年前に他界しており、先代しまキングの孫である彼女は次代のしまクイーンになろうとしたのだが、カプ神に認められず、心身共に一から鍛え直す為に列島各地を放浪していた。
つまり本編におけるポニ島のしまキングは空席だったのである。

そしてポニしまにある彼岸の遺跡で主人公とリーリエに見届けながら正式にカプ神に認められ、晴れてしまクイーンの座に就いた。
早速その足で主人公に大試練を与える事に。

余談だが、後に主人公はポニの大峡谷の奥地でさらにドラゴンタイプの試練を受けることとなる。
……大試練って何だったっけ。
一応、この試練にキャプテンは関わっていないので、キャプテンが関わる公式の試練とは異なる非公式の試練ともとれる。

ポケモンUSUMではマツリカの試練をクリアした後、ナッシーアイランドで大試練を行う。

手持ちポケモン

サン・ムーン

じめんタイプの使い手。
殿堂入り後はチャンピオン防衛戦のトレーナーの1人として登場する。

回数手持ち
1回目アローラダグトリオ(Lv.47)、トリトドン(Lv.47)、フライゴン(Lv.47)、バンバドロ(Lv.48)
チャンピオン防衛戦アローラダグトリオ(Lv.63)、トリトドン(Lv.63)、フライゴン(Lv.63)、ワルビアル(Lv.63)、バンバドロ(Lv.63)

ウルトラサン・ウルトラムーン

回数手持ち
1回目ゴルーグ(Lv.53)、トリトドン(Lv.53)、フライゴン(Lv.53)、バンバドロ(Lv.54)
チャンピオン防衛戦ゴルーグ(Lv.68)、トリトドン(Lv.68)、フライゴン(Lv.68)、ワルビアル(Lv.68)、バンバドロ(Lv.69)


関連タグ

ポケモンSM しまキング・しまクイーン
ハラ ライチ クチナシ 

他のじめんタイプの使い手
サカキ キクノ ヤーコン

pixivに投稿された作品 pixivで「ハプウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 577052

コメント