ピクシブ百科事典

グラジオ

ぐらじお

グラジオとは、ポケモンSMの登場人物。
目次[非表示]

「……フッ、なにしてやがる オレ」

概要

スカル団に、用心棒として力を貸している少年。寡黙でポケモンバトルで強くあることをとても大事にしている。
名前の由来はアヤメ科グラジオラス属の総称である『グラジオラス』かと思われる。

戦闘モーションでは常に左腕が疼いている。極めて特殊なポケモン「タイプ:ヌル」をパートナーとしており、「ヌル」と呼んで大切にしている様子。
主人公との初対面では彼に名前を知られており、疑惑の念を抱かれても気にしていない。
自分と異なるおおらかな性格のハウを弱い奴と一蹴するも、出会う度にその態度を徐々に軟化させる。

ボスのグズマには気に入られている為、したっぱ連中からは嫌悪されている。
マオキャプテンを勤めるシェードジャングル付近にあるモーテルを拠点に活動しているが、二年分の料金を支払って身を置いているものの、その資金の出所は不明である。
エンディング後は退去しており、家族に向けて書かれた手紙が残されている。

バトルロイヤルという施設では連勝を重ねている凄腕のトレーナーとして評判のようだ。

素性

金髪翠眼


その正体は、エーテル財団の代表ルザミーネの息子。
リーリエとは実の兄妹

妹と共に母から保護欲と征服欲を満たす為だけの人形のような扱いを受け続けていたが、本編開始の2年前、実験台にされていた実験体「タイプ:フル=タイプ:ヌル」を救出し逃亡していた。

それ以降は強さを追い求めスカル団の雇われ用心棒として身を置いていたが、母のもとに置き去りにしたリーリエの事なども気にかけており、要所で気遣うような素振りも見せている。
スカル団とエーテル財団が裏で繋がっていたことを知ると、主人公やハウと協力して妹を助け出し母の野望を阻むべく動き出すが、この時点での実力はグズマにまるで及ばなかった。

ルザミーネに対しては忌まわしい過去と捨てきれない家族としての愛情という複雑な感情を抱いており、ウルトラビーストをこちらの世界に召喚して好き放題に暴れさせるという無茶苦茶な計画には真っ向から反発しても、彼女を決して本心から見限ることはできなかった。

このように本来は情の深い性格の少年であり、彼の服が至る所にファスナーがついているのは、非道な実験に利用されているのを見かねて助け出したものの、当初はまだ懐いていなかったタイプ:ヌルから攻撃され続け傷ついた服を自分で直していたからに他ならない。

悪くない仲


最終的な手持ちはシルヴァディクロバットマニューラルカリオポリゴンZとなっているが、このうちの3匹が「なつき」が進化条件のポケモンである。彼の確かな愛情が垣間見える。

エーテルパラダイスでの激闘を経てリーリエの成長を見届けた際にはどこか感慨深げな笑みを浮かべ、一連の事件が終息した後、主人公がポケモンリーグに挑む際に、仮面を外し覚醒したヌル=シルヴァディたちと共に最後の挑戦を仕掛け、決着後はエールを送った。

「俺達は仲良しじゃない。でも、悪くない関係だ。じゃあな、勝ち続けろ!」

主人公がアローラの初代チャンピオンとなることを祝う宴に参加することはなかったが影からその様子を眺めており、たくさんの友人に囲まれ笑っている妹の姿を見て満足そうに去った。

エンディングで見ることができる「その後」のイラストでは、すっかり慣れた様子のシルヴァディから顔を舐められ、少しぎこちなさはありつつ微笑んでいる様子が描かれており、この1人と1匹もようやく安らぎを得たのかもしれない。

エンディング後は、療養が必要となった母に代わってエーテル財団を取り仕切っており、代表代理に就任して尽力している。
殿堂入り後エーテルパラダイスにいる彼の元を訪れるとタイプ:ヌルを譲ってくれる。
タイプ:ヌルは(現状)世界に3匹のみ生み出されているポケモンで、ここで譲られるのはグラジオの連れているものとは別個体である。
またこのとき彼の父親に関する話を聞くこともできる。

更にチャンピオン防衛戦のトレーナーの1人として稀に勝負を挑んでくる。

手持ちポケモン

回数手持ち
1回目ズバット(Lv.17)、タイプ:ヌル(Lv.18)
2回目タイプ:ヌル(Lv.19)
3回目ゴルバット(Lv.37)、ニューラ(Lv.37)、タイプ:ヌル(Lv.38)
4回目クロバット(Lv.52)、マニューラ(Lv.52)、ルカリオ(Lv.52)、シルヴァディ(Lv.53)
チャンピオン防衛戦クロバット(Lv.63)、マニューラ(Lv.63)、ルカリオ(Lv.63)、ポリゴンZ(Lv.63)、シルヴァディ(Lv.63)


※シルヴァディは主人公のアローラ御三家に有利なタイプのメモリを組み込んでいるため、ポケモン自身のタイプもそれに準じる。

アニメのグラジオ

CV:岡本信彦

可愛かった


サン&ムーン』8話にて、幼少期のグラジオが写真で登場した。
ピィを抱え上げながら笑顔を見せており、明るい性格だったことが窺える。
この時は「別の場所にいる」としか言及されておらず、どこで何をしているのかは不明だった。

27話から正式に登場。ゲームと違いフリーのトレーナーで「謎のルガルガン使い」と噂される凄腕。冒頭でいつものスカル団3人組を瞬殺し、その後サトシの目の前で船乗りらしき男のカメックスを下した。
そこへ現れたリーリエにより、早々に彼女と兄妹であることが判明。半年ほど前にポケモン修行のため屋敷を離れたという。久々に再会した妹や執事のジェイムズと言葉を交わすが、屋敷に立ち寄ることなく去っていった。

ZリングとイワZを持っていて、Zワザ発動の口上は「蒼き月のZを浴びし岩塊が今… 滅び行く世界を封印する!」という何とも香ばしい台詞。当然ゲーム本編におけるポーズも健在である。

ありがとうアニポケ


グラジオを「優しいお兄さま」と記憶しているリーリエは、27話での兄の素っ気なさを「別人のよう」とやや落ち込んだ様子で語っている。だがグラジオは内心では妹を気遣っており、再びポケモンに触れるようになった彼女に対し、パートナーのシロン(アローラロコン)を大切にするよう言っている。
ちなみにリーリエは、ゲームでは兄を「にいさま」と呼んでいるが、アニメでは「(グラジオ)お兄さま」と呼んでいる。


カプ・コケコからZリングを授かり、バトルしたこともあるというサトシに興味を持った様子。27話では手合わせした彼のイワンコに「(自分のルガルガンに似た)良い目をしている」と、実力を認める発言をした。
イワZワザに関心を示しながらイワZを「持ってない!」と言うサトシに唖然としながらも、大試練に挑戦するよう助言したり、彼が求めた握手に応じたりと比較的好意的に接している。
一方サトシも、グラジオがリーリエにかけた「(シロンを)大切にしろ」という言葉から、彼を「良いヤツ」だと認めている。
バトルはロケット団の3人の介入やサトシの登校時間により中断せざるを得なくなったが、必ず再戦することを約束している。


手持ちポケモン

常にボールから出して連れており、恐らく幼い頃に保護したイーブイが進化した姿。
使用技は「あくのはどう」。 

アニメでは珍しくハイパーボールに入れている。ボールから出す際の台詞は「出でよ、紅き眼差しルガルガン!」。
バトル時はロケット団のニャースが震え上がるほどの殺気をまとわせるが、自らに憧れるサトシのイワンコの頭を撫でてやるなど気の良い性格。
その為に進化の兆しが近い彼を察知し、その命を救うためにライチのルガルガンと行動。たそがれのすがたの進化に立ち会った。
使用技は「かみくだく」「ストーンエッジ」「カウンター」。加えてグラジオの持つイワZにより、Zワザ「ワールズエンドフォール」を使える。

隠し持っている大型ポケモン。プレミアボールに入れている。
頭部に覆われた重い仮面によって動きが鈍らせられている。珍しい姿の為にアーカラ島の洞窟など人目のつかない場所でしか活動場所を与えられていない。
それでもグラジオにとっては大事な存在である。


余談

前述の通り「スカル団の用心棒」というポジションであったが、劇中でスカル団に味方した事は一度もない。離れて単独行動を取っていることが殆どで、リーリエ達のために奮闘する姿の方が印象に残るため、多くのプレイヤーは彼がスカル団のメンバーであったという事を忘れがちである。

用心棒を名乗って登場した時ですら、「グズマさんに気に入られているようだが俺はお前が気に入らない」としたっぱに因縁をつけられる始末であった。
グズマとはエーテル財団に潜入した際に会話があり、ルザミーネのやり方について意見をぶつけ合っていたが最後までわかり合うことはなかった(一応グズマの方は彼に一種のシンパシーを感じていた模様)。

関連イラスト

ゼンリョク
グラジオ


俺たちは仲良しではない
グラジオ と シルヴァディ



関連タグ

ポケモンSM スカル団 タイプ:ヌル シルヴァディ ライバル
ルザミーネ リーリエ(ポケモン) エーテル兄妹
アローラ組

アニポケ サン&ムーン サトシのライバル

似たような人たち

pixivに投稿された作品 pixivで「グラジオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8248918

コメント