ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第1世代
威力-
めいちゅう100
PP20
タイプかくとう
分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考相手が直前に使った物理攻撃のダメージを2倍にして返す。優先度-5
英語名Counter


概要

初代から存在する技。
その効果は直前に受けた物理攻撃のダメージを2倍にして返すと言うもの。正に名は体を表す、と言うべきだろう。
但しダメージを無効にする効果なんて無いので、その後のケアは忘れずに。
なお、かくとう技なのでゴーストタイプには無効にされる。注意。(但し、「みやぶる」、「かぎわける」を使った時のみ例外)

とは言え、初代~第3世代では確実に活かすにはある程度の耐久が必要であり、やられてしまっては元も子も無いなど、結構使い手を選ぶ技だった。
その上初代ではノーマルかくとうの技しか返せないと言うよく分からない仕様になっていた。
第4世代ではきあいのタスキの登場により、「タスキカウンター」と言う新たな戦法が編み出されるようになった。この戦法やるとその後どうするか考えないといけないが。

なお、連続攻撃は最後の一発分しか2倍返しできない。その為、連続攻撃持ちとは相性が悪い。
またダブル以上では最後に飛んできた物理攻撃しか返せない為、「大火力の攻撃をもらった後ショボイ攻撃を受けた」場合はそのショボイ攻撃を返す事になる。ご利用は計画的に。

ちなみにこの技のダメージは固定ダメージ扱い
つまりメガガルーラに返されると事実上の4倍返し(勿論タスキ頑丈無効)になる。何この理不尽。

ポケモンGOでは、金・銀組の実装と併せてこの技がかくとうわざのノーマルアタックとして登場した。習得できるのは、オコリザルカイリキーエビワラーヘラクロスカポエラーといったかくとうタイプのポケモンや原典でも習得できたソーナンスに加え、ウソッキーリングマドンファンといった意外な面子が習得していることも。
本作ではバトルがターン制ではなく、物理攻撃・特殊攻撃の区別もないため、ポケモンが自発的に攻撃を繰り出すごく普通の技になっている。こちらから積極的に攻撃を仕掛けているのは、もはやカウンターでも何でもない気がするが、気にしてはいけないのだろう。
なお、威力は12とノーマルアタックとしてはかなりの威力を誇り、発動時間も0.9秒と短いのでそれなりに連射も利く。かくとう弱点のポケモンに対してはこれを繰り出すだけでも相当のダメージを狙えるので、上記のうち特にかくとうタイプのポケモンを使用したい場合は、わざマシン等も駆使してできるだけ習得させるようにしておきたい。

関連タグ

ポケモン技一覧
ミラーコート メタルバースト

pixivに投稿された作品 pixivで「カウンター(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37

コメント