ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

本来の意味のカウンターは当該記事を参照。


データ

初出第1世代
威力-
めいちゅう100
PP20
タイプかくとう
分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考相手が直前に使った物理攻撃のダメージを2倍にして返す。優先度-5
英語名Counter

概要

初代から存在する技。

その効果は直前に受けた物理攻撃のダメージを2倍にして返すというもの。数える方ではなく、ボクシングサッカー等における戦術から採られている。

但し、他のゲームにあるこの手の技のように受けるダメージを無効にする効果は存在しないので、その後のケアは忘れずに。

なお、かくとう技なのでゴーストタイプには無効にされる。注意(技や特性で当てるようにすることはできるが)。


だが、初代~第3世代では確実に活かすにはある程度の耐久が必要であり、やられてしまっては元も子も無いなど、結構使い手を選ぶ技だった。

その上初代ではノーマルかくとうの技しか返せないというよく分からない仕様になっていた。

(一応フォローしておくと、当時はタイプで物理・特殊が分かれていた上に、物理に分類されるはずのむし・ゴースト・どくのタイプ一致技が貧弱なものしかない、ひこうもデメリット無しで打てる高打点がドリルくちばしのみという悲惨な状況であったため、対戦で飛んでくる物理技はノーマルかくとう以外だとじめん・いわぐらいしか存在しなかった)


第4世代では「きあいのタスキ」の登場により、「タスキカウンター」と言う新たな戦法が編み出されるようになった。とはいえ、この戦法が決まった場合こちらのHPは1になるので、その後の展開をよく考える必要がある。


なお、連続攻撃は最後の一発分しか2倍返しできない。そのため、連続攻撃持ちとは相性が悪い。

またダブル以上では最後に飛んできた物理攻撃しか返せないため、「大火力の攻撃をもらった後ショボイ攻撃を受けた」場合はそのショボイ攻撃を返す事になる。ご利用は計画的に。

どちらかといえばシングルバトルで真価を発揮する技と言える。


ちなみにこの技のダメージは固定ダメージ扱い

つまりメガガルーラに返されると事実上の4倍返し(勿論タスキ頑丈無効)になる。何この理不尽。


ポケモンGO

金・銀組の実装と併せてこの技がかくとうわざのノーマルアタックとして登場した。


本作ではバトルがターン制ではなく、物理攻撃・特殊攻撃の区別もないため、ポケモンが自発的に攻撃を繰り出すごく普通の技になっている。こちらから積極的に攻撃を仕掛けているのは、もはやカウンターでも何でもない気がするが、気にしてはいけないのだろう。


なお、威力は12とノーマルアタックとしてはかなりの威力を誇り、発動時間も0.9秒と短いのでそれなりに連射も利く。かくとう弱点のポケモンに対してはこれを繰り出すだけでも相当のダメージを狙えるので、かくとうタイプのポケモンでこの技を覚えられる場合には、わざマシンノーマルを駆使してできるだけ習得させるようにしておきたい。


トレーナーバトルでは威力が8、エネルギーチャージ量が7とチャージ効率に長けた技となっており、非常に扱いやすい。特にクロスチョップグロウパンチ等の小技と併せて覚えさせるのが鉄板構成となっている。


アニメ

ロケット団のソーナンスミラーコートと並ぶメインウェポンのイメージが強いが、サン&ムーンでは、サトシグラジオ両名のルガルガンも多用している。

カウンターにはカウンターだ!!!

そしてこの技が決め手になり、アニポケ史に残る最大級の出来事が誕生する事に……


ポケッチのアプリ

DPt』において、「ポケッチ」のアプリの1つにも「カウンター」が存在する。こちらは単純に数を数えるだけのもので、主に努力値計算に使用される。トバリデパートの店員に話しかけると登録してもらえる。


「カウンター つかってるかい?」


関連タグ

ポケモン技一覧

ミラーコート メタルバースト ほうふく がまん

関連記事

親記事

がまん がまん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75701

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました