ピクシブ百科事典

クロスチョップ

くろすちょっぷ

ポケモンの技の一つ。
目次[非表示]

データ

登場第2世代
タイプかくとう
分類ぶつり
威力100
命中率80
PP5
範囲相手1体
直接攻撃
備考急所に当たりやすい
英語名Cross Chop


概要

両腕で強烈なチョップを同時に叩き込む技。
からてチョップ」の強化版(完全上位互換ではない)。

初登場は第二世代第一世代では散々だった格闘タイプのテコ入れとして二倍相性と共に新たに追加された。その割には当時タイプ一致で撃てたのはオコリザル系列カイリキー系列のみだったが・・・

威力は100と申し分ないうえに急所に当たりやすく、第三世代までは単発の威力では最大威力の技だった。しかし、命中率80とかなり不安な数字で二回連続で外すなんてザラ。ちなみに第四世代で追加された「ストーンエッジ」は威力・命中・PP全て同じ。

第四世代で「インファイト」や「とびひざげり」が台頭し始めたことですっかり影を潜めてしまったが、これらの技を覚えないドクロッグには主力技として重宝されている。

ワロスチョップ



他にはブーバーンが役割破壊に採用することもあるほか、ガメノデスは特性「かたいツメ」補正で「インファイト」をも超える威力を弾き出す事ができる。

現実世界でもプロレスラーが使っている。両手を交差し、正面から打ちつける技で、日本では1970年代、ラッシャー木村ら国際プロレスの選手を中心に使われ始めた。空中殺法を得意とするレスラーの中には自ら体を投げ出して放つフライング・クロスチョップを得意技とするレスラーも多い。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵 ポケモン技一覧
からてチョップ ダブルチョップ ストーンエッジ

pixivに投稿された作品 pixivで「クロスチョップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55145

コメント