ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第四世代で追加されたいわタイプの技「ストーンエッジ」。
威力100となかなかの高威力であるのに加えて急所にも当たりやすいという優秀な技である。これによってそれまで弱点を突ける範囲は比較的優秀だったにも関わらず最高威力の技が「いわなだれ」の75止まりだったいわタイプの火力不足が大きく改善され、ひこうタイプを相手にするのが苦手だったかくとうタイプが強い恩恵を受けた。おかげで本来かくとうタイプには有利なはずのひこうタイプのポケモン達はうかつにかくとうタイプのポケモンの前に姿を現すことができなくなった。

…と、ここまで見ると非常に優秀な技のように思えるが、実はこの技にはとある落とし穴があった

それは命中率80という非常に不安定な数字である。実際にポケモンの対戦をプレーしない人からすれば一見そこまで低い命中率という気はしないかもしれないが、この数字非常に信用ならない

例えば命中率90のいわなだれを2回打ったとして、2回とも当てる確率は81%となる。やり込んでいる人からすればこの時点でもわりと怪しいのだが、ストーンエッジの場合2回打って2回ともちゃんと当たる確率は僅か64%。こうなったら感覚的にはもう外すわ外す。2連続で外す事もそう珍しい事ではなく、技選択の際に外さぬようお祈りするのが当たり前になってくる。

しかもPPは僅か5である。確1で仕留められない相手の場合、一度でも外すと真面目にPP切れの可能性が出てくる。(ポイントアップで8まで増やすことは出来るが)

このように本来は強力な技のはずなのに肝心な時に限って外れることから「ワロストーンエッジ」や「スポーンエッジ」という不名誉なあだ名がついてしまった。

しかしそれでもなお、100という威力と急所に当たりやすいという効果は決して馬鹿にできるものではなく、本来命中率重視の対戦界でも多くのいわタイプのメインウェポン、じめんタイプやかくとうタイプのサブウェポンの代表格として君臨している。
そもそも「外すイメージが強い」ということはそれだけ「使われている」技であるという証明でもある。

(採用率に関しては多くのいわタイプポケモンの主力技となるのがこの技といわなだれぐらいしかないのも大きな理由なのだが…)

命中率80の技の代表格達

技名タイプ初登場
クロスチョップかくとうタイプ第二世代
ストーンエッジいわタイプ第四世代
ダストシュートどくタイプ第四世代
ハイドロポンプみずタイプ第一世代
もろはのずつきいわタイプ第四世代



関連タグ

ストーンエッジ
いわタイプ
フロンティアクオリティ
レジワロス

関連記事

親記事

クソ外し くそはずし

pixivに投稿された作品 pixivで「ワロストーンエッジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 315

コメント