ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

データ

初出第4世代
威力70(~第5世代)→80(第6世代~)
命中率100
PP20
タイプいわ
ぶんるい特殊
範囲単体
直接攻撃×
追加効果無し
英語名Power Gem

概要

第4世代から存在する技。

煌めく宝石を相手にぶつける攻撃で、いわタイプでは貴重な特殊技。


しかし、そんな貴重な技にもかかわらず威力たった70。しかも追加効果一切なし

当時の「めざめるパワー」の最大威力と同性能でしかなかったが、これでも(アルセウスプレートさばきのつぶて」を別とすれば)長らくいわ特殊最強の技であった。

もっとも、いわ特殊技は長らく「げんしのちから」との二択でしかなかったのだが。このタイプが不遇と言われた一因である。


ただ、技の威力が低く追加効果もない程度なら第4世代では珍しくはない。

しかし、この技は実はそれ以前の問題を抱えていたのである。


なんとこの技、そもそもいわタイプの習得者がほとんどいなかったのである。

わかりやすく言うと身体に宝石状の構造を持つポケモンしか習得できないイメージ最優先の技になっており、特攻が高く比較的活かせそうなオムスターマグカルゴは宝石状のパーツがないため容赦なく弾かれ、その結果第4世代で習得可能なのはサニーゴダイノーズ(Pt以降)のみと言う、特殊アタッカーをやらせるには不安な数値の持ち主ばかりと言う酷い有様だったのである。

第5世代でもほぼ改善されず、増えたのはやはり特攻の低いギガイアスのみ。


しかも宝石状であれば必ず覚えられるというわけでもなく、例えばエーフィUMAトリオなどは弾かれた。

そのためサブウェポンとしても正直使用は限定的で、たまにスターミーブーピッグが使用する程度に留まっていた。しかもその採用理由はめざパの代わりである。なんとまあ……。



第6世代で威力が80に上昇。

めざめるパワーも威力60固定になったため、一応「めざパの代わり」は卒業できた。

しかし厳しすぎる習得条件は全く変わっておらず、それらしき風貌をしたアマルルガが登場したものの、「氷の結晶に過ぎず宝石とは言えない」と判断されたようで、無慈悲に弾かれた。


ちなみに待望の宝石ポケモンとしてメレシーが加わったが、またもや特攻僅か50で使えたものではなかった。

しかも、その突然変異種とされダイヤモンドとの関連が明言されていたディアンシーがなぜか習得不可能と言う謎の設定になっていた。

これら2種は習得技も似通っていたのだが、メレシーが「パワージェム」を習得するレベル46には何故か「トリックルーム」が入っていたのである。仮に技を差し替えるにしてもよりにもよってそこを……。

ちなみに「トリックルーム」はわざマシンにも収録されており、メレシーもそれでいくらでも習得できていたので、本当に何の意味も無い措置であった。


なお、当時この技で一番火力を出せたのはいわタイプでもなんでもないメガデンリュウ

ええんか?それで……。



第7世代でその境遇に若干の改善の兆しが。

特攻の高いメテノと127のウツロイドがこの技を持って登場したことで、ようやくまともに使いこなせるいわタイプが現れた。

最高火力も「こだわりメガネ」所有時のウツロイドが更新している。

さらに習得条件も少しだけ軟化し、先述のディアンシールナトーンも対象に加わった。

それでも未だ使えないポケモンも多く、むしろいわ特殊に格差がついてしまったとも言える。



第8世代ではなんとわざレコードに選ばれた。

となると習得者の増加に期待がかかるのだが、新規習得者はギアル系統・ミュウのみ

あとは原種の流れでガラルサニーゴ系統程度。残りは自力習得可能である。

しかも、なぜかルナトーンは前世代に自力習得できていたものが何故かわざレコード限定にされてしまう始末。

サニゴーンはともかくギアル系統は基本的に物理型なので、実質習得者は増えていないようなものであり、このため「わざレコード63は実質換金用アイテム」とまで言われる始末だった。

DLCにおける新規習得も不一致かつ原種のよしみであるガラルヤドキング程度で、結局わざレコードの存在意義はほとんど見出せなかった。


なお、このDLCにて威力120の「メテオビーム」が登場し、癖は非常に強いものの最強技の座を明け渡すことになった。



ここまでひどい状態が続いていたパワージェムだが、遂に第9世代で大幅改善が成される事になる。

引き続きわざマシンとしての登場と相成り、

先述のマグカルゴ・エーフィ・ディアンシーに加えて、一致ではバンギラスセキタンザン、不一致ではゴルダックなどが新たに習得できるようになった。

「宝石を集める」という習性が決め手になったと思われるガバイト、「光を利用する」という戦闘スタイルが決め手になったと思われるマスカーニャ(新ポケモン)など、解釈にも柔軟性が見え始めた。


そしてなにより、特攻130を誇るキラフロルの登場が大きい。

これは文句無しにウツロイド以来の適任と言え、久々の最高火力の更新でもあった。


関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧 わざマシン一覧

げんしのちから メテオビーム ダイヤストーム

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 951

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました