ピクシブ百科事典

パワージェム

ぱわーじぇむ

パワージェムとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第4世代
タイプいわ
ぶんるい特殊
いりょく70(~第5世代)→80(第6世代~)
めいちゅう100
PP20
範囲単体
直接攻撃×
追加効果無し
英語名Power Gem


概要

第4世代から存在する技。
宝石のように煌めく光を発射して相手を攻撃する技。
習得できるポケモンだが……これに関しては後記する事とする。
第7世代現在に至るまで、いわタイプの特殊技はこれと「げんしのちから」しかない。

その性能なのだが、かつて威力70・追加効果一切なしだった。
げんしのちからが威力60である為、事実上のいわ特殊最強技なのである。
このスペックで最強を名乗れる辺り、いわ特殊技の枯渇っぷりが目に見えるだろう。

さらに困った事に当時の「めざめるパワー」も最大威力70。
めざパいわにするには最速にできないというデメリットがある為、こちらを採用するメリットは習得できるポケモンが最速にできたり、他のタイプのめざパを粘れる程度のものしかなかった。
地味にPPでも5勝っているが、ある理由からそんなものはメリットとは言えない状態だった。

第6世代では威力が80に上がり、PPも20あることからそれなりに使いやすくなった。同時に「めざめるパワー」の威力が10下がったことから差別化も進んだ。
特にスターミーブーピッグは、弱点であるむしタイプに対抗できる数少ない有効打である為まれに採用されるようにはなった。

ここで気づいた方も多いだろう。
何故いわタイプの技なのにいわタイプのポケモンの名が出てこないのか……と。

何故ならこの技は習得者に問題を抱えているから。
この技はパワージェムだけあって宝石等の鉱物のような要素を持つポケモンのみが習得できるというイメージ最優先の技となっているのである。
故なのか初登場のDP当時のいわタイプの習得者はなんとサニーゴしかいかなった。
要するにとくこうが高くて比較的活かせそうなオムスターとかマグカルゴとかは覚えないのだ。

現在でもこの習得者の基準は他の技とは比べ物にならない程無茶苦茶厳しい。
第6世代まででいわタイプで習得できるのはサニーゴダイノーズ系統・ギガイアス系統・メレシーの7種のみ。とくこうが高くない種族が揃っており、よくてダイノーズの75であった。
身体に水晶のような物体があるアマルルガですら、容赦なく選定から弾かれている。
一方のいわ特殊技の「げんしのちから」はというと、キングラーだのトゲキッスだのシロデスナだの、どこに「原始」の要素があるのか分からないポケモンが習得できるという……

そのくせタイプ不一致の習得者が多い。
しかもこの習得者、全身に宝石類とかそういうわけではなく、本当にごく一部に宝石があしらわれているだけのポケモンも多い。一体どんな基準なんだ。
ちなみに第6世代まででこの技で一番火力を出せるのはメガデンリュウ
タイプ一致ですら無いとはどういう事なのか……
その為サブウェポンになることが多く、PP5多い利点が利点になり切っていない理由でもあるのだ。

悲劇はさらに続く。
メレシーはこの技を覚えるが、突然変異種のディアンシーは何故か覚えなかった。
2匹のレベル技は似通っているのだが、「パワージェム」があるはずの枠には何故か「トリックルーム」が入っている。その宝石は飾りか何かだというのか。
しかも同じ宝石関連の専用技「ダイヤストーム」は何故か物理技扱いだし。意地でもまともないわ特殊技を渡したくないようにも捉えられてしまう有様だった。

しかし第7世代、とくこう種族値127のウツロイド、とくこう種族値120(リミット解除時)のメテノがこの技を習得し、更に既存勢力でルナトーン、上記ディアンシーも覚えられるようになった。
これによりやっとこの技をまともに使えるポケモンが登場し、そして、この技を最大威力で出せるポケモンもこだわりメガネ」を持たせたウツロイドとなった。
Zワザを除くいわ特殊技最高威力がやっとアルセウスの「さばきのつぶて」でなくなった瞬間だった。苦節10年。

関連タグ

ポケモン ポケモン技一覧
げんしのちから ダイヤストーム
黒いゲーフリ

pixivに投稿された作品 pixivで「パワージェム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14

コメント