ピクシブ百科事典

ガラルヤドキング

がらるやどきんぐ

ポケットモンスターシリーズに登場するポケモン「ヤドキング」のガラル地方でのリージョンフォーム。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.199
分類じゅじゅつしポケモン
タイプどく/エスパー
高さ1.8m
重さ79.5kg
特性きみょうなくすり/マイペース/さいせいりょく(隠れ特性)


進化

ガラルヤドンガラルヤドラン(ガラナツブレス)
       → ガラルヤドキング(ガラナツリース)

概要

ポケットモンスター ソード・シールド』に登場する、ガラル地方の環境に適応し独自の変化を遂げたヤドキングリージョンフォーム
正式名称は「ヤドキング(ガラルのすがた)」。

頭にシェルダーが噛みついている点は従来のヤドキングと変わらないが、こちらはなんと口上まですっぽり覆われており、ヤドン本体の目が見えなくなっている。
代わりに原種では後ろ向きだったシェルダーが正面を向いており、まるでこちらが眼の役割を担っているかの様である。

ガラルヤドラン同様、体内のスパイス成分とシェルダーから送り込まれた毒素が化学反応を起こしてどくタイプを得る事になったが、そこにから分泌される化学物質の影響も加わった事で、シェルダーの方の知能が飛躍的にアップした。

その結果か、シェルダーの姿はかなり毒々しい外見となり、目つきもアイシャドウを塗ったかのような不気味な雰囲気になった。
ヤドンの方も、尻尾の先と上半身の広範囲が紫色に変色し、より怪しい印象を受ける。

戦いでもシェルダーの方がブレインを担当し、他のエスパータイプを圧倒するほどの強力なサイコパワーを行使できる模様。
以上の点から、シェルダーがヤドンの体を乗っ取っている風にしか見えないと評するユーザーも後を絶たず、図鑑説明によると本当にそうである模様

ガラルヤドキング同士でコミュニケーションを取る際は謎の呪文で会話するらしく、バトルで技を使う際などにも呪文を唱えており、その内容については未だ解読されていない。

そして食べた物の成分と体内の毒素を混ぜ合わせ、独自の怪しい薬を拵えるらしい。頭を傾けると殻の角部分から黄緑色の毒らしき液が漏れ出るため、恐らくシェルダーの中に詰まっているのだろう。

それ故か分類も、原種の「おうじゃ(王者)ポケモン」から「じゅじゅつし(呪術師)ポケモン」に変化している。
原種の頃から「のろい」も習得できるが、ゴーストタイプではない為「鈍い」になってしまうのが惜しい所。

ゲーム上での特徴

進化条件

ガラルヤドキングも従来のヤドンと異なり通信交換ではなく、「ガラナツのえだ」を15個集めて作る事ができる「ガラナツリース」を使う事で進化する。

性能

形態HABCDST
ガラル95658011011030490
原種95758010011030490

攻撃が10減り、特攻が10出された種族値となっており、特殊主体のヤドキングにとってはイカサマのダメージを減らしつつ火力が高くなるという嬉しい強化を受けた。

専用として持つぶきみなじゅもんは、相手にダメージを与えるだけでなく、最後に使用した技のPPを3減らすという「キョダイゲンスイ」の上位互換のようなエスパー技。ジュラルドンは泣いていい。

その他サイコキネシス、対特殊受け用のサイコショックの3種のエスパー技を持ち、どく技もヘドロばくだんヘドロウェーブをしっかりと覚えてくれる。

サブはパワージェムの三種の神器にきあいだまくさむすびイカサマと呪術師らしくかなり豊富。

補助技は何と言ってもわるだくみの存在が大きく、トリル下で積めば無双が望める。
勿論原種と同じくめいそうを積んでなまけるで回復する特殊受け積み戦法を狙っても良い。


特性もこれまた専用のきみょうなくすりを持ち、ダブルバトルで登場すると味方の能力変化をリセットする事が出来る。ただし効果があるのはダブルバトルのみで、シングルバトルだと役に立たない為、注意が必要。
ヤドンのときくいしんぼうだと変化するもので、他2つはヤドンと変わらない。

使いどころを選ぶ上級者向けのものではあるが、りゅうせいぐんばかぢからといった威力は高いが能力を大幅に下げる技を使うパートナーと組ませるとこれらの能力低下をリセットしてくれるのでより気軽に撃ちやすくなるという点はありがたい。

また敵からの「ダイマックス技」やいかくといった特性などによる敵からの能力低下もこの特性を発動したらリセットできるのでいざというときの状況の立て直しに有用と言える。
逆に味方の能力上昇も打ち消すので自分で積むタイプの戦法や味方の「ダイマックス技」による能力上昇とは相性が悪いので要注意。
この弱点が気掛かりなら代わりにこちらも有用な隠れ特性であるさいせいりょくの方にした方が良いだろう。

「冠の雪原」にはどく使いのクララとエスパー使いのセイボリーが「鎧の孤島」に引き続き登場するのだが、その双方がガラルヤドキングを手持ちに加えており、セイボリーはこちらを切り札に変えている。
専用技から見ても、ガラルヤドランがどくタイプ寄り、ガラルヤドキングはエスパー寄りの進化と言えるだろう。

アニメ

アニメ『ポケットモンスター』新無印編第97話の「ヤドキング!カレーなる遭遇」にて登場。
ゲスト声優としてあばれる君がCVを担当した。

新無印編第26話でサトシ達が訪れたヤドンの島にガラルヤドンの群れが上陸してくるという話だが、いつもと様子が違うサトシとゴウが登場するカオス回に仕上がっている。

詳細は→サトキング

余談

ガラルのモデルとなったイギリスなどのケルト圏ではドルイドと呼ばれる魔術師(または司祭)の伝承があり、イチイなどの猛毒を持った樹木を神聖なものと見做していたという記録が残っている。呪術師という要素とどくタイプはここから来たものと思われる。

関連タグ

ポケモン剣盾
リージョンフォーム ガラルのすがた
どくタイプ エスパータイプ

ヤドキング
ガラルヤドン ガラルヤドラン

ムウマージ:同じく、呪文を唱える性質を持つポケモン
メガヤドラン:こちらは身体をシェルダーに覆われている。

サトキング:サトシがヤドキングのシェルダーを被ったすがた

関連記事

親記事

ガラルヤドン がらるやどん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガラルヤドキング」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガラルヤドキング」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35878

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました