ピクシブ百科事典

かえんほうしゃ

かえんほうしゃ

かえんほうしゃとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

本来の意味での火炎放射は火炎放射を参照。

データ

初出第1世代
タイプほのお 
ぶんるい特殊
いりょく95(~第5世代)→90(第6世代)
めいちゅう100
PP15
直接×
範囲単体
効果10%の確率で相手を「やけど」状態にする
英語Flamethrower


概要

初代から存在する技。
威力・命中・PP全てにおいて安定した性能のほのお技で、でんきタイプの10まんボルト、こおりタイプのれいとうビームと並び長きにわたってトレーナーに愛されてきた技である(かつては三種の神器と呼ばれることもあったが、優秀な技が増えた現在ではほぼ死語)。

習得者は勿論ほのおタイプに多いが、10まんボルト程ではないにせよわざマシンで覚えるポケモンも結構いる。
主に火を噴く生物であるドラゴンタイプ、ガス等の毒素を燃焼させるどくタイプ、鬼火を生み出し操るゴーストタイプ等が該当しやすい。
どういう理屈かシビルドンカイリキーカラマネロと意外過ぎるポケモンも覚える。

シビルドンの かえんほうしゃ!


スカタンクなどはダイヤモンド・パール当時、旅パの炎枠がゴウカザルギャロップ程度しか一周目では手に入らなかったので、事実上ほのおタイプ扱いとして採用するトレーナーも多かったという話すらある存在感を放っていた。

意外にも技マシンになったのは第3世代からと遅く、、初代では自力でしか習得できない上にほのおタイプしか覚えられない珍しい技だった……ある1匹が覚えられなかったが
第2世代で「10まんボルト」「れいとうビーム」と共に教え技になり、それ以降は技マシンの常連となっている。第8世代でもわざレコードに採用された。

対戦では「だいもんじ」や「オーバーヒート」等のより高威力のほのお特殊技の存在から、単純な採用ではこれらに見劣りしがちで安定性を重視しない限りメインで使われる事はあまりない。
ただし前述の通り安定性は非常に高く、上記の2技はPPが5しかないのに対して「かえんほうしゃ」はその3倍の15あるので連発してもPP切れのリスクを負いにくく、特に耐久型のポケモンにはこちらが好んで採用される。ゾロアークなど「だいもんじ」は覚えないが「かえんほうしゃ」は覚えるというポケモンも少なくないので、それらのポケモンにとっては重要なサブウェポンになる。
第6世代では特殊技の一括威力調整の影響で威力が90に下がったが、命中率100のほのお技では最も威力が高いので採用の余地がある。

アニメではその見た目の分かり易さからか、ほのおタイプの基本技として多くのポケモンに使われている。
サトシのヒトカゲやヒノアラシも本来のほのおタイプ基本技である「ひのこ」を差し置いてバンバン使っていた。無論ヒトカゲがリザードンになっても主力技の1つであり、かえんほうしゃといえばリザードン、リザードンはミスターかえんほうしゃと言われるほどリザードンを象徴する技である。

スマブラでもリザードンの通常必殺ワザとして実装された。
前方方向に炎を吐くというシンプルなもので、牽制などに用いられる。
長時間吐き続けると息切れしてしまうのか火力が弱まってしまう(一定時間経過で回復)。
コピーすることでカービィも使用可能になるほか、クッパも"クッパブレス"という同様のワザを使用する。

関連リンク

ポケモン ポケモン技一覧 ほのおタイプ
MOTHER…「かえんほうしゃき」という強力な炎攻撃が出来るアイテムが存在しており、ポケモンシリーズはこの作品の影響を受け作られた事で有名。
かえんだん かえんボール かえんだま……「かえん」仲間。
10まんボルト れいとうビーム エナジーボール サイコキネシス だいちのちから むしのさざめき……同威力、同命中率、追加効果発生率同等の特殊技仲間

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「かえんほうしゃ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「かえんほうしゃ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 110088

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました