ピクシブ百科事典

ポケモンXY

ぽけっともんすたーえっくすわい

『ポケットモンスター』シリーズのゲーム作品。正式タイトルは『ポケットモンスター X』『ポケットモンスター Y』。
目次[非表示]

ソフト情報

正式名称ポケットモンスターXY
機種ニンテンドー3DS
ジャンルRPG
発売日 2013年10月12日(土)
価格4,571円+税
販売元任天堂
発売元(株)ポケモン
開発ゲームフリーク
CEROA(全年齢対象)


概要

ポケモンシリーズのゲームであり、世代では第6世代にあたる。
ファンからの略称は「XY」、「ポケモンXY」。

2013年1月8日に「ニンテンドーダイレクト」の形式でインターネット上で放送された動画において任天堂岩田社長(当時)から発表された。なお、ポケモンの最新作がこのような形で発表されたのは初めて。
本作のディレクターは『ダイヤモンド・パール』、『ブラック・ホワイト』に引き続き増田順一が務めている。

ハードはニンテンドー3DSへと移行し、ゲーム画面はシリーズ初の3Dポリゴンとなり、戦闘シーンなど一部で立体視表示も採用されている。ただしポケモンは「ポケモン全国図鑑Pro」のようなリアルさを追求したような3Dではなく、公式イラストを膨らませたような見た目となり、アニメーションも行われる。
世代で取り入れられたフィールド上での視点アングルの変更も引き継がれているが、逆に全体像がつかみにくくなる事でミアレシティ等で迷い易くなる事もある。

ポケットモンスター1996-2013



なお、海外ではこれまで日本よりも遅れて発売されていたが、本シリーズでは初めて世界で同時期に発売された。海外を意識してか、本作の第二報(日本で2013年1月15日に解禁された分)以降は公式の情報解禁が特にアメリカ地域向けの英語版が日本国内向けより早い。
(pixiv百科事典内の本作に関係する項目の内容は基本的にフラゲで成り立っていたが、こういった事情も一因だったりする)

また、本シリーズの発売に合わせてアニメ映画は新シリーズへと移行し、ポケモン情報番組である『ポケモン☆サンデー』→『ポケモンスマッシュ』も大半のキャストを一新して『ポケモンゲット☆TV』へと移行した。

ゲームの舞台

今回の冒険の舞台は「カロス地方」と呼ばれる地方であり、フランスをモデルにしている。

ゲームシステム

今作も追加要素が多く含まれていつつも、原点回帰をしている部分もある。


着せ替え

今作から主人公の本格的なキャラメイクが可能となった。
性別と肌の色は最初に選んだタイプで固定だが、ブティックやヘアサロン、カラーコンタクトを使用して自分好みのコーディネイトができる。
トレーナーカードやPSSで表示されるアイコンも着替えた姿が反映される。

ブティックごとにアイテムの傾向が異なり、商品のラインナップは曜日ごとに入れ代わる。一部の店舗は条件を満たさないと入店できない。
着替えが行えるのはポケモンセンターに常設されているフィッティングルームかブティックの試着室。
帽子は外すことができない。(ヘアサロンで髪形を変える際に帽子を取った姿を見ることは可能)
女主人公はプロモの撮影の時のみメイクをすることが可能。
このシステムはグラフィックがドットでなくなった故に採用されたと思われ、本編では初だが厳密にはポケモンバトルレボリューションが先発だったりする。ORASでは発売日が1年後または着替えを次世代に継続する気がなかったのか着替えはなかったが現時点では第7世代以降からは少なくとも本編とリメイクには継続されている。

登場ポケモン

新ポケモン(いわゆる第6世代)の総数は72種歴代最少(この数にメガシンカポケモンは含まれていない)。歴代最多であった第5世代とは対照的である。
これまで恒例であったモンも存在しない。

ただし、第5世代最初の作品であるBW1と違い、旧作のポケモンも含め多くが登場する。
地方図鑑も「セントラルカロス」「コーストカロス」「マウンテンカロス」の3つのグループに分かれておりそれぞれに150種ほど、合計457種とこちらは歴代最多である。

また、今作から18番目のタイプとなるフェアリータイプが登場し、ラルトスブルーなど一部のポケモンはタイプの追加や変更が行われた。新しいタイプの追加はGSC以来、およそ14年ぶりとなる。

なお、XYになって旧作全てのポケモンの鳴き声が変更された。これによりリザードンサイホーンのように「どこが違うんだ?」と指摘されがちだった鳴き声のポケモンも大きく差別化されている。その中でもピカチュウはなんとアニメでお馴染みの大谷育江ボイス
増田順一氏と景太将太氏はこれについてコメントしており、グラフィックがドットから3Dになったことで、今までの電子音よりも生物感のある鳴き声に変更した方がいいという考えで行なったとコメントしている。
また、XYで捕獲したポケモンのステータス画面には「カロスマーク」と呼ばれる青い五角形のマークがつくようになっている(これは次作のORASも同様)。

殿堂入り後に行けるようになるキナンシティのフレンドサファリでは、3DS本体のフレンドコードを交換したユーザーのIDに則したタイプのフレンドサファリが選択できる。
フレンドコードを登録した相手が殿堂入りしているかどうかで出現するポケモンの種類の数に差があり、殿堂入り前や未プレイのユーザーなどは2種、殿堂入り済み且つPSSでログイン確認後では3種+夢特性持ちが出現するようになる。
ホウエン地方とポケモンのやりとりが出来ないならば、普通にプレイしていても出てこないポケモンはここで捕まえるしかない。
ただし、その性質上、自分のフレンドコードでどんなポケモンが出てくるのかは確認が難しく、沢山のコードを登録しても出現するサファリの内容が被ることも多い。望んだサファリやポケモンが出なかったからといって邪険に扱わないこと!

ちなみに、第5世代からのポケモンの転送は「ポケモンバンク」と呼ばれるネットサービスのアプリケーションである「ポケムーバー」を使う必要がある。なお、ポケムーバーは一方通行であり、XYに送ったポケモンをBW1・BW2へ戻すことは出来ないので注意すること。
ポケモンバンクは有料(年500円)だが、最初の一ヶ月は無料で利用できる。また、ポケムーバーは無料でダウンロードできる。

ポケモングローバルリンクと連動したポケマイルでのアイテム交換やポケモン交換の閲覧は次回作での影響で、ORAS共々2016年11月1日以降はできなくなるので注意。GPSでのポケモン交換や対戦は継続可能。その前の月の時点でホロキャスターの更新も終了し、いつのまに通信の登録を続ける理由もなくなっている。

カロス御三家
くさ: ハリマロン
ほのお: フォッコ
みず: ケロマツ

ポケモン新作楽しみー!!



伝説ポケモン
ゼルネアス イベルタル ジガルデ

幻のポケモン
ディアンシー フーパ ボルケニオン

メガシンカしたポケモン
メガシンカポケモンの記事を参照

本作で初登場する第六世代のポケモン一覧
それ以外はポケモン一覧を参照

No.名前 No.名前 No.名前 No.名前
650ハリマロン 668カエンジシ 686マーイーカ 704ヌメラ
651ハリボーグ 669フラベベ 687カラマネロ 705ヌメイル
652ブリガロン 670フラエッテ 688カメテテ 706ヌメルゴン
653フォッコ 671フラージェス 689ガメノデス 707クレッフィ
654テールナー 672メェークル 690クズモー 708ボクレー
655マフォクシー 673ゴーゴート 691ドラミドロ 709オーロット
656ケロマツ 674ヤンチャム 692ウデッポウ 710バケッチャ
657ゲコガシラ 675ゴロンダ 693ブロスター 711パンプジン
658ゲッコウガ 676トリミアン 694エリキテル 712カチコール
659ホルビー 677ニャスパー 695エレザード 713クレベース
660ホルード 678ニャオニクス 696チゴラス 714オンバット
661ヤヤコマ 679ヒトツキ 697ガチゴラス 715オンバーン
662ヒノヤコマ 680ニダンギル 698アマルス 716ゼルネアス
663ファイアロー 681ギルガルド 699アマルルガ 717イベルタル
664コフキムシ 682シュシュプ 700ニンフィア 718ジガルデ
665コフーライ 683フレフワン 701ルチャブル 719ディアンシー
666ビビヨン 684ペロッパフ 702デデンネ 720フーパ
667シシコ 685ペロリーム 703メレシー    721ボルケニオン   

登場キャラクター

主要キャラクター

XY


元サイホーンレーサーである母親・サキと共にカロス地方に引っ越してきた。
サキのセリフなどから父親もいるようだが詳細は不明。
庭先には母のパートナーのサイホーン、家の中にはヤヤコマがいる。

あたらしい冒険へ


今作では主人公の性別を選択した後に、さらに容姿を3つの中から選択できる。

PKMN XY


主人公の友達。このうちカルムとセレナは選んだ主人公の見た目に応じて片方が登場する。
基本的に友達が全員もしくは友達が2名以上いるとカロス5人組のタグが使われる。
従来作でいうライバル枠だが、複数いる関係上全員が御三家を所持しているわけでは無く、連戦もあるなど独特な扱いになっている。

ジムリーダー


四天王チャンピオン


敵対勢力


バトルシャトレーヌ

殿堂入り後に挑戦できる施設、バトルハウスにて登場。

その他のキャラクター


その他

  • 今作からデザイナーとして参加した人物の中に漫画家イラストレーター有賀ヒトシがいる。過去も含めてゲームフリークに在籍していない外部の人間がポケモンのデザインを担当したのは初めてである。



  • 2016年冬、第7世代であり完全新作のポケットモンスターサン・ムーンの発売が決定。シリーズ初のマイナーチェンジ版なしのポケモンとなってしまった。マイナーチェンジ版になるであろうと思われていた「Z」の発売が期待されていたが実現せず、劇中で解決しなかった謎や伏線は結局何一つ語られぬまま闇に葬られてしまう結果となった(このことに関する公式からの言及は現在のところ皆無。…と言うより完全黙殺である)。一応ジガルデのフォームチェンジといった要素はポケモンSMで補完はされている。
    • アニポケでは「XY」に続く作品として「XY」が展開された為、構想自体はあったようである。


余談

  • 初公開映像にて、本作から登場するポケモンは、カロス御三家3匹とパッケージを飾る伝説のポケモン2匹がピックアップされた。初公開と共にこれらのポケモン達のみがピックアップされたのは、後にも先にもXYのみである。


関連イラスト

御三家オータムセット
『キレイ』



関連動画



関連タグ

ポケモン XY 
ポケモンシリーズ一覧

他XY主人公

ポケモンサイドストーリー最強メガシンカアラン(トレーナー)
サトシの旅シリーズXY(アニポケ)サトシ

その他のシリーズのタグ


外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

ポケモンシリーズ一覧 ぽけもんしりーずいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポケモンXY」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポケモンXY」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128795018

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました