2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ブリガロン

ぶりがろん

ブリガロンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.652
ぶんるいとげよろいポケモン
タイプくさ / かくとう
たかさ1.6m
おもさ90.0kg
とくせいしんりょく/ぼうだん(隠れ特性)

※しんりょく:HPが3分の1以下になると、くさタイプの技の威力が1.5倍になる。
※ぼうだん:砲弾系統の技を受けない。

進化

ハリマロンハリボーグ(Lv.16)→ブリガロン(Lv.36)

笑って笑って〜!



概要

『ポケットモンスターX・Y』(第6世代)に初登場したポケモン。
名前の由来はおそらく「ブリガ(ブリガンダイン:人間の胴体などを覆う鎧の一種)+ロン(マロン:仏語で)」と思われる。
ハリマロンの最終進化形態ポケモン。

身体は進化前から変異して、ガッシリとした体系ながらスマートな人型に近くなった。
とは言え元はハリマロンなのでタマゴタイプは「りくじょう」のみ。
上半身を覆うように大きな鎧のような殻を有しており、そこから大きくトゲが突き出ている。トゲが甲羅や腕に移動したため頭からトゲがなくなり丸い頭になった。
背中と甲羅の間にはかなり隙間があり、フィギュアやぬいぐるみでもしっかり再現されている。
最初はハリネズミだったのが、いつの間にかアルマジロに近い形態となってしまった。

体当たりで50トンの戦車をひっくり返すパワー。ただし屈強な見た目に反して穏やかな性格でとても仲間思いなポケモン。仲間がピンチになると、身を挺してかばうこともあるという。
設定画によると甲羅には弾力がある。
腕はそれぞれ半円状に広げることができ、それを顔の前で両腕組み合わせて防御のポーズを取る事で、顔から胸を覆う円形の盾を作り出すことができる。その防御力は相当なもので、爆弾の直撃も防ぎきるほど。かなり盾を展開する速度が速いので一瞬で盾を生み出すように見えるが、ホームボタンを連打する等してじっくり観察するとどのように盾を作り出しているかが良く見えるはず。
(『ORAS』の図鑑ではアニメーションを一時停止できるようになったので、観察しやすくなった)

アニメつるのムチを使う時は、ハリマロンとほぼ同じく首の後ろの方から出している。

ゲーム中での性能

ブリガロンに進化すると、くさタイプ御三家初のかくとうタイプが加わる。
これにより、ひこうタイプの技で攻撃されると、タイプの相性により受けるダメージが4倍となる。
ちなみに、くさ・かくとうタイプの組み合わせはが存在している。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ
88107122747564
能力としてはHP・攻撃・防御に重きを置いた物理重戦車タイプ。
この手のポケモンはきあいのタスキでターンを稼がれると苦戦しやすいが、「ニードルガード」や「フェイント」でタスキ潰ししやすいのが強み。ステータス強化や回復技も豊富に覚えるのでサポートや長期戦も得意。
一方特殊面は期待できるほど高くはなく、素早さもくさ・かくとう複合の中では一番低い。
とは言えブリガロンは特殊技の習得が非常に少ない為、特攻は捨てても問題ではない。

専用技(だった)「ニードルガード」の習得者。
まもる」の効果に加えて、直接攻撃を受けた場合ダメージを返せる優れもの。これに「やどりぎのタネ」も合わせると厄介極まりない相手になる。
但し前述の通りブリガロンは物理耐久に優れている為、相手の攻撃を受けて殴り返した方が効率がいい場合もある。この辺は戦術次第である。

隠れ特性は「ぼうだん」。詳しくは特性のページを参照。
このポケモンの場合、弱点である「ヘドロばくだん」を無効に出来るのが強みで、タイプと相まってメガフシギバナを止める事が可能となる。
『XY』ではこちらも有効打が無かったが、『ORAS』で対抗策となる「しねんのずつき」を習得できるようになり、言葉通りメガフシギバナの天敵の1体となった。
但し「めざめるパワー」や「ベノムショック」には要注意。

総じて覚える技の範囲も広く、能力値も良好なバランスであり特性も優秀と綺麗に揃っているため、対戦での活躍も期待できる優秀なポケモンといえる。
ネックとしてはやはりそのタイプ故の弱点の多さだろう。特にひこうタイプフェアリータイプが環境を席巻してる今ではなかなか動きづらい環境となっている。
しかしスペック自体が優秀なのは紛れもない事実なので、使い所を間違えなければかなりの活躍をしてくれるポケモンであるのは間違いない。

使用トレーナー

ゲーム版

※1 最初のハリマロンを進化させた場合
※2 主人公がケロマツを選んだ場合
※3 主人公がフォッコを選んだ場合、「ポケモンマスターズ」でのバディ

アニメ版

漫画版


アニメ版

アニポケ


  • XY108話のブリガロン
    • 森が枯れ果てた荒野で、植物の研究と森の復興に努めていたイチガヤと仲の良かったポケモンで、彼が亡くなった後は遺品のロボットのロボンと共に荒野を耕していた。最初はサトシ一行に襲いかかるが、説得した後にサトシたちに協力する。

  • ミリス・スティールのブリガロン
    • ポケモン・ザ・ムービーXY『破壊の繭とディアンシー』にて、ミリス・スティールのポケモンとして登場。ミリスとアルガスをイベルタルのデスウイングから守ったが、身代わりに自分が石になってしまう。


  • アランのブリガロン
    • 新無印第115話ではアランの手持ちとして登場。キョダイマックスしたダンデゴリランダーに圧倒されるが、ジャイロボールでダイジェットを受け流すという裏技を見せていた。しかし、アクロバットでトドメを刺される。


『ポケモンジェネレーションズ』

18話でカルムのパートナーとして登場し、AZとのポケモンバトルでゴルーグを倒している。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

エックスのマリソ

性別:♂・特性:しんりょく
性格:がんばりや・個性:ちょっぴりごうじょう
元々は「エックスが外に出るきっかけになれば」とのトロバの計らいでプラターヌ博士から預かっていた三匹の内の一匹。アサメタウン襲撃等の一連の騒動の中でトレーナー未定のまま旅に連れていたが、メイスイタウンで改めてエックスの手持ちにすることをティエルノが提案し、二度目のフレア団の襲撃を受けた際にはエックスの指示をすぐに理解してフレア団のホルードを倒した。
「オレの手持ちになっていいことなんてない」と初めは仲間にするのを拒んでいたが、後の話によれば「(ニックネームを)なんてつけるかずっと考えてた」らしく、実は最初から手持ちにする気満々だった模様。(本人曰く「自分が心に決めていることなんでもかんでも正直に話す人間ばかりとは限らないし―――」とのこと)。
ニックネームの由来はハリマロンのフランス語の名称「Мarisson(マリソン)」から。

サラメとの修行でハリボーグに進化。
クセロシキとの戦いではカラマネロの"さいみんじゅつ"で体の自由もままならない中、攻撃で傷付きながらもブリガロンに進化しボールに閉じ籠ったサラメ(リザード)を戦いの要と信じて守り抜き、サラメも傷付きながらも進化してまで守ってくれたマリソに応えメガリザードンになり戦うことを決意し、クセロシキのカラマネロを撃破した。

エックスの手持ちの中では唯一メガシンカできないため決定力には欠けるが、硬い殻の防御力が自慢でフレア団が行う相手トレーナーへの直接打撃を狙った卑怯な戦闘の迎撃時には、よく盾として敵の直接攻撃をあえて受けに行っている。
ハリマロンの頃はホルードの地面をえぐれる耳パンチを受けても無傷で逆に拳にダメージを与えており、ハリボーグ時はヒトツキの全力の突きを跳ね返し、その鉄壁さはブリガロンになってからも背中の甲羅に受け継がれている。

関連イラスト

ブリガロン
ハリマロン


ブリガロン
Grass Selection



関連タグ

ポケモンXY カロス御三家
ハリマロン ハリボーグ
くさタイプ かくとうタイプ
キノガッサ ビリジオン ヒスイジュナイパー ヒスイドレディア
ダイケンキ:似たもの同士。

651ハリボーグ→652ブリガロン→653フォッコ

カロス御三家・最終進化形

くさタイプブリガロン
ほのおタイプマフォクシー
みずタイプゲッコウガ


草御三家・最終形態

ポケモン該当地方
フシギバナカントー御三家
メガニウムジョウト御三家
ジュカインホウエン御三家
ドダイトスシンオウ御三家
ジャローダイッシュ御三家
ブリガロンカロス御三家
ジュナイパー(ヒスイジュナイパー)アローラ御三家(ヒスイ御三家)
ゴリランダーガラル御三家
マスカーニャパルデア御三家

関連記事

親記事

ハリボーグ はりぼーぐ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2329705

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました