ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

初出第3世代
威力10(〜第4世代)→25(第5世代〜)
命中率100
PP30
タイプくさ
分類物理
直接攻撃×
攻撃範囲単体
効果2~5回連続で攻撃する
英語名Bullet Seed


概要

第3世代から存在する技。
口に含んだタネを相手に連射して攻撃する技。
初登場の第3世代及び第4世代のみ技マシンに設定されており、長らく技マシンや教え技でも習得させられない状態が続いていた技であったが、剣盾で久々に技マシンが復活した。
なお、習得できるのは殆どがくさタイプであり、くさタイプ以外で習得できるのはマンタインオクタン系統・マルノーム系統・チラチーノヘラクロスドデカバシ系統・ミルホッグ系統(第7世代)程度。
剣盾ではヨクバリス系統やモルペコが仲間入りした。

しかし、登場当時の技威力は何とたったの10。5発当てても威力50にしかならず、期待値3発でも「つるのムチ」(当時威力35)に届かないという悲惨な状態だった。
一応PPだけは連続技の中でも破格の30もあったため、とにかくPPの足りないくさ攻撃技の事を考えると(序盤に限れば)全く立場が無かったわけでもないが。
また当時はパラスハスボータネボーと碌にくさ技を覚えないポケモンも少なくなかったので、それらのポケモンの救済にはなった。序盤だけだが……
第4世代では物理技に設定されたが、くさタイプに特殊型適性が多いせいで余計に使いにくさが浮き彫りになってしまった。

しかし第5世代で大きな変貌を遂げた。PPはそのままに1発の威力が25に大幅上昇し、5回当たれば最大威力が125となったことで、運こそ絡むものの主力技としても使えるまでになった。
連続技が「きあいのタスキ」(+仕様変更を受けた「がんじょう」)を貫通する仕様になったことで、このアイテムの対策としても大抜擢を受けた。

が、同時に何故かわざマシンのラインナップから削除される。しかも同じく強化+削除の謎コンボを食らった「ギガドレイン」と異なり教え技としても復活しなかった。このため旧作で覚えさせた状態でないとこの技を使えないポケモンも何匹か出てしまい、トレーナー達を困惑させた。これが剣盾で解消されるまで実に3世代9年もかかった。

現在は主に特性「テクニシャン」や「スキルリンク」を持ったポケモンに採用され、キノガッサチラチーノメガヘラクロスへの採用が多い。

たまにマルノームがじめんタイプ対策に積むことがあるが、あちらはれいとうビームも覚えるため選択となる。

ポケダンシリーズでは『救助隊』時代から遠距離連続攻撃として登場し、本シリーズの遠距離攻撃は非常に強力なこともあって登場時から最強技の1つに数えられている
ただし『ポケモン超不思議のダンジョン』以降マシンが削除されているため、習得者が減っていることには注意。

スマブラではフシギソウの通常必殺ワザとして実装された。
飛び道具ワザとしては非常に珍しい、上方向へ発射するタイプのワザである。
コピーすることでカービィも使用可能になる。

アニポケ

ロトムの話によると、植物の種以外にもドデカバシ系統が胃石を吐き出すなど
ポケモンの習性によって様々なものが使われるという研究結果があるとのこと。

ポケモン以外におけるタネマシンガン

主にスイカの種を口に含ませて発射しているイラストにつけられている。

闘争


「種を口に含ませて発射する技」自体はポケモン以前にも存在し、樫本学ヴおはスタで鼻から発射する連射オ・ハーっ機動武者大戦ではメロン自ら高級メロン様に何しやがる!?という新・タネマシンガンを編み出していた。ゲーム『ヨッシーアイランド』でもスイカの種を発射する攻撃がある。
余談だが、ポケモンのアニメでもサトシのキモリがタネマシンガンの習得のためにスイカの種を口に含ませて発射した。プププのプ! 何を思ったからんままで……(話数不明)。

関連タグ

ポケモン技絵 くさタイプ
種子 マシンガン スイカ 豆まき ソイコガン 連続攻撃
他2〜5連続技
おうふくビンタ たまなげ とげキャノン みだれづき みだれひっかき れんぞくパンチ スイープビンタ
他2〜5連続技(非ノーマル)
ボーンラッシュ ミサイルばり つっぱり つららばり ロックブラスト みずしゅりけん

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「タネマシンガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2425890

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました