ピクシブ百科事典

タネマシンガン

たねましんがん

ゲーム「ポケットモンスター」シリーズに登場する技。
目次[非表示]

データ

初出第3世代
威力10(〜第4世代)→25(第5世代〜)
命中率100
PP30
タイプくさ
分類物理
直接攻撃×
攻撃範囲単体
効果2~5回連続で攻撃する
英語名Bullet Seed


概要

第3世代から存在する技。
口に含んだタネを相手に連射して攻撃する技。
初登場の第3世代及び第4世代のみ技マシンに設定されており、第6世代現在特別な方法で習得させる事は出来ない。
なお、習得できるのは殆どがくさタイプであり、くさタイプ以外で習得できるのはマンタインオクタン系統・マルノーム系統・チラチーノヘラクロス(第6世代)程度。

しかしその威力は何と1発10。異様なまでに使いにくい性能である。
一応PPだけは連続技の中でも破格の30もあった為、とにかくPPの足りないくさ攻撃技の事を考えると(序盤に限れば)全く立場が無かったわけでもないが。
またパラスハスボータネボーと碌にくさ技を覚えないポケモンも少なくなかった為、それらのポケモンの救済にはなった。序盤だけだが・・・

第4世代では物理技に設定されたが、ここに来て特殊型が多いくさタイプ故に使いにくさが浮き彫りになってしまった。

しかし第5世代で大きな変貌を遂げた。PPはそのままに1発の威力が25に大幅上昇し、5回当たれば最大威力が125となり大幅に強化され一気に有用性が増した。
また、連続技ががんじょうきあいのタスキを貫通する仕様になった点も評価点。

しかし前述の通り技マシンの技からは外れてしまった上、教え技としても復活することはなかった。
その為わざわざタネマシンガンを習得させるだけの為に旧作を起動させる羽目になった。
幸い、第4世代からナッシーキマワリ等レベルで取得できるポケモンも増えた為、遺伝できるポケモンにはそこまで大きな被害はなかった。この世代で特性・テクニシャンを得たキノガッサもしっかりタマゴ技として習得できる。

遺伝が出来ないポケモンは結局第3・4世代に頼る羽目になってしまう。
ただ、第3世代・第4世代共にタネマシンガンの技マシンは比較的早めに手に入るためそこまで苦労しなければならないと言う程ではなかったのが救い。
(第3→第4世代の移送は出来る為、クリア後の習得になりやすい第4世代限定の教え技との両立も難しくない。RSEならばタネマシンガン入手まで1時間もかからない)

まあ、第5世代以前のポケモンが軒並み使用できなくなった現在では最早過去の話だが。

現在は主に特性としてテクニシャンやスキルリンクを持ったポケモンに採用される。
キノガッサやチラチーノ・メガヘラクロスへの採用が多い。

たまにマルノームがじめんタイプ対策に積むことがあるが、あちらはれいとうビームも覚える為取捨選択となる。

不思議のダンジョンシリーズでは救助隊時代からその飛距離とヒット数から安定した火力を持つために、くさタイプのメインウェポンとして重宝されている。その気になればあのカクレオンさえ倒す事も。ただし、ミサイルばりほどPPは多くなく、耐性を持つ敵も多いので注意されたし。

ポケモン以外におけるタネマシンガン

主にスイカの種を口に含ませて発射しているイラストにつけられている。

闘争


というか起源が古く、樫本学ヴおはスタ!で鼻から発射する連射オ・ハーっ。
機動武者大戦ではメロン自ら高級メロン様に何しやがる!?という新・タネマシンガンを編み出していた。ゲーム『ヨッシーアイランド』でもスイカの種を発射する攻撃がある。
余談だが、ポケモンのアニメでもサトシのキモリがタネマシンガンの習得のためにスイカの種を口に含ませて発射した。プププのプ! 何を思ったからんままで…(話数不明)。

スマブラではフシギソウの通常必殺ワザとして実装された。
飛び道具ワザとしては非常に珍しい、上方向へ発射するタイプのワザである。
コピーすることでカービィも使用可能になる。


関連タグ

ポケモン技絵 くさタイプ
種子 マシンガン スイカ 豆まき ソイコガン
つららばり ロックブラスト スイープビンタ

pixivに投稿された作品 pixivで「タネマシンガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1137357

コメント